★世界屈指のスクーター大国で大台を達成 台湾での二輪車生産累計台数1,000万台について

 ヤマハ発動機の台湾における現地法人Yamaha Motor Taiwan co., Ltd(以下:YMT)は、1987年の設立以来の二輪車生産台数が、このたび累計1,000万台に到達しました。

 YMTは、当社の二輪車製造の現地法人として、1987年に台湾北部・桃園市に設立され、主に台湾と日本向けのスクーターを生産しています。 2016年の年間生産台数は33万台で、そのうち台湾向けが25万台、日本を含む海外への輸出が8万台でした。

 台湾は、総人口約2,400万人に対し、二輪車の総保有台数は1,300万台を超え、二輪車の年間総需要は約85万台(2016年・ヤマハ調べ)となっており、スクーターが日常の交通手段として広く普及しています。

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★USヨシムラから2017年型CBR1000RR用エキゾーストが登場
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★「CBR250RRレースベース車」について
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「カタールでは自分に落ち着けと話しかけていた」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「レースに備えつつプッシュが必要な時はプッシュ出来る」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★USヨシムラからVERSYS-X 300用ストリートR-77 スリップオンマフラーが登場
★日東精工「食べられるねじ」プレゼント!~6月1日「ねじの日」記念企画~
★“バイクの音を楽しむ「名車図鑑」”第二弾の制作決定!「あなたがもう一度聞きたいエンジン音は?」キャンペーン開催!
★MotoGP2017 右足骨折のロッシ早くも退院。今後は自宅での療養とリハビリに専念
★HRC 2017年CBR250RR Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内
★経営状態悪化が囁かれるBimota 現状に関する声明を発表
★MotoGP2017マレーシアGP 予選2位ザルコ「優勝争い出来るペースはあると思う」
★ヤマハ フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている
★ホンダ 2018年 全日本ロードレース選手権と鈴鹿8時間耐久ロードレースへのワークス参戦を決定
★ヤマハ発動機 「Mobility Design」カテゴリにインドのモーターサイクル「FZ25」 「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」を初受賞