★MotoGP2019ヘレステストDay2 マルケス「エンジンエリアに関して改善出来た」

マルケスはヘレステストDay2を、中上から0.025落ちとなる1’37.970で2位で終えました。タイムを記録したのは53周目で、この日のマルケスの周回数は56周。なおチームメイトのホルへ・ロレンソは65周を周回し、最終ラップに1’38.105を記録して4番手となっています。次回2人がトラックに戻ってくるのは2019年2月6日のセパンテストとなります。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「今日はセットアップ作業を進め、すぐに朝から良いフィーリングを得ることが出来ました。その後はミディアム、リアのミシュランのリアタイヤのテストを行い、新しいパーツのテストを行いました。いくつかの新しい内容は非常にポジティブで、そうでないものもありましたが、これは普通のことです。」

「エンジンエリアに関して改善が出来ましたが、引き続き作業を続ける必要があります。そしてこれはシャーシに関しても同様です。現時点では分析が必要な情報が沢山あります。最後になってソフトタイヤを履いて良いタイムを記録することが出来ましたが、これは自分達にとって最重要なことではありません。テストの内容に満足していますし、この後はしっかりと休みたいと思います。」


(Source: HRC)

(Photo courtesy of HRC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link