★米GoPro 最新モデルが割引で購入出来る下取りキャンペーンを開始

アメリカのGoPro本社が、下取りキャンペーンを開始します。これはいかなる旧型のGoProを持っていても、最新型のHERO5 Blackが$100引き ($299.99)、もしくはHERO5 Sessionを$50引き ($249.99)で購入出来るというもの。なお、このキャンペーンはあくまでもアメリカ国内が対象となります。

Sponsored Link

多くの人がビデオカメラをバイク、もしくは身につけて走っており、そしてその多くはGoProだろう。であるからしてこのGoProからのニュースは少しばかり興味深いことだろう。そう、GoProは、GoProオーナーに向けて”トレードアップ”プログラムを実施する。これは今週からスタートし期間限定のオファーとなる。既存のGoProのオーナー達は、新型のHERO5 Blackの$100の割引、もしくはHERO5 Sessionで$50の割引を、いかなる旧世代のGoPro Heroであっても受ける事が出来る。

GoProはいかにこの下取りプログラムが行われるかわかりやすい説明を用意しているが、基本的には下取りの依頼をして自分の古いカメラを送り、GoProがこれを受け取った後に新しいHero5 ($299.99)かHero5 Session ($249.99)が送られてくる。GoProは下取りで受け取ったカメラは責任を持ってリサイクルするという。材質にもよるが、埋め立て処理ゼロ、リサイクル手法が取られるそうだ。もちろんこのキャンペーン目的は新たなGoProを広めることだ。

新しいGoProをユーザーが購入しないのには、モデルごとの改善点がわずかであることにある。新型モデルが普及しないということは、GoProにとってはライバルとの差別点であるクラウドベースのビデオサービスが、あまりユーザーに使われないという問題を引き起こしている。

こうした販売戦略は別として、もし旧世代のGoProを持っていて、より多くの機能がついた新しいカメラを欲しがっているのであれば、今がそのチャンスだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★トライアンフ 新商品・新店効果により4月過去最高の登録台数を達成
★ジョン・マクギネス ノースウェスト200の予選で転倒。マン島TT欠場の恐れ
『バイク王 バイクコンシェルジュ』開設 ~バイク王のサービスを、「バイクワールド」で受けられる!~
★Laverda(ラベルダ)博物館のバイク全81台を手に入れるチャンス
★「プロト バイクユーザーレポート 2017」結果まとまる
★DAYTONA(デイトナ) NISSINラジアルブレーキマスターシリンダー(縦型φ19)〈スモークタンク〉
★全国のトライアンフファンのための祭典!2017 TRIUMPH NATIONAL RALLY
★BMW 「BMW GROUP Tokyo Bay」においてBMW Motorradの新車販売を開始
★「IDEMITSU Honda Team Asia」中上選手Moto2クラス イギリスグランプリにて今季初優勝!
★MotoGP日本GPでドゥカティチームを応援しよう!
★BMWモトラッド R nine Tのスイングアームに関するリコールを発表
★東京モーターショー2017チケットプレゼント!
★BMWモトラッド 北米市場でターンシグナルに関するリコールを発表
★ホンダ ウエルカムプラザ青山 『第21回 カフェカブミーティング in 青山』
★バイク用品販売老舗のナップスAmazonでの「オートバイ車検」の販売を開始~ 全国19店舗 オートバイ車検はお近くのナップスで!~
★ホンダ 2017年型CBR1000RR と CBR1000RR SPのリコールを発表
★ナップス 国道246号線沿いに「ナップス座間店」がオープン12月15日(金)よりオープニングセールを開催
★ヨハン・ザルコ 12/16に行われるSuperprestigio2017に参戦