★米GoPro 最新モデルが割引で購入出来る下取りキャンペーンを開始

アメリカのGoPro本社が、下取りキャンペーンを開始します。これはいかなる旧型のGoProを持っていても、最新型のHERO5 Blackが$100引き ($299.99)、もしくはHERO5 Sessionを$50引き ($249.99)で購入出来るというもの。なお、このキャンペーンはあくまでもアメリカ国内が対象となります。

Sponsored Link

多くの人がビデオカメラをバイク、もしくは身につけて走っており、そしてその多くはGoProだろう。であるからしてこのGoProからのニュースは少しばかり興味深いことだろう。そう、GoProは、GoProオーナーに向けて”トレードアップ”プログラムを実施する。これは今週からスタートし期間限定のオファーとなる。既存のGoProのオーナー達は、新型のHERO5 Blackの$100の割引、もしくはHERO5 Sessionで$50の割引を、いかなる旧世代のGoPro Heroであっても受ける事が出来る。

GoProはいかにこの下取りプログラムが行われるかわかりやすい説明を用意しているが、基本的には下取りの依頼をして自分の古いカメラを送り、GoProがこれを受け取った後に新しいHero5 ($299.99)かHero5 Session ($249.99)が送られてくる。GoProは下取りで受け取ったカメラは責任を持ってリサイクルするという。材質にもよるが、埋め立て処理ゼロ、リサイクル手法が取られるそうだ。もちろんこのキャンペーン目的は新たなGoProを広めることだ。

新しいGoProをユーザーが購入しないのには、モデルごとの改善点がわずかであることにある。新型モデルが普及しないということは、GoProにとってはライバルとの差別点であるクラウドベースのビデオサービスが、あまりユーザーに使われないという問題を引き起こしている。

こうした販売戦略は別として、もし旧世代のGoProを持っていて、より多くの機能がついた新しいカメラを欲しがっているのであれば、今がそのチャンスだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Moto2 将来的にはMagneti MarelliのECUを採用へ
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★ブレンボのアルベルト・ボンバッセイ会長、栄誉ある自動車殿堂入りを果たす
★ハーレーダビッドソン 2017年第一四半期の売上高は昨年比4.2%減少
★フォルクスワーゲン Ducatiの売却を検討か?
★KTM オレンジキャラバン東京を開催
★ブレンボ ラジアルマスターシリンダーの歴史を解説
★ジョン・マクギネス ノースウェスト200の予選で転倒。マン島TT欠場の恐れ
★スーパーバイク世界選手権2017 イモラ戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★BMW MOTORRADを、知る、楽しむ、体験する、特別な2日間「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2017」開催概要
★無限 マン島TTゼロチャレンジクラスでマクギネスの代役にブルース・アンスティを起用
★モータースポーツへの情熱を感じさせるイタリア時計 スピーロ(SPILLO)が日本初上陸
★Liquid Asset Partners EBRの資産整理に伴う精算セールのお知らせ
★バリー・シーン モータースポーツ殿堂入り
★マックス・ビアッジ 選手達と練習中にスーパーモタードで転倒し骨折
★ホンダ ロボット芝刈機「Miimo HRM520」を発売
★アンヘル・ニエト イビサ島で交通事故に遭い重傷
★KTMによる通常のABSとコーナリングABSの解説ビデオ
★ヤマハ 「&Y01」が「グッドデザイン賞」「iF Design Award」に続き世界的デザイン賞「Red Dot Award」コンセプト部門初受賞
★ティト・ラバトのMoto2タイトル獲得マシンがEbayに出品?と思われるも、実際は別物