★米GoPro 最新モデルが割引で購入出来る下取りキャンペーンを開始

アメリカのGoPro本社が、下取りキャンペーンを開始します。これはいかなる旧型のGoProを持っていても、最新型のHERO5 Blackが$100引き ($299.99)、もしくはHERO5 Sessionを$50引き ($249.99)で購入出来るというもの。なお、このキャンペーンはあくまでもアメリカ国内が対象となります。

Sponsored Link

多くの人がビデオカメラをバイク、もしくは身につけて走っており、そしてその多くはGoProだろう。であるからしてこのGoProからのニュースは少しばかり興味深いことだろう。そう、GoProは、GoProオーナーに向けて”トレードアップ”プログラムを実施する。これは今週からスタートし期間限定のオファーとなる。既存のGoProのオーナー達は、新型のHERO5 Blackの$100の割引、もしくはHERO5 Sessionで$50の割引を、いかなる旧世代のGoPro Heroであっても受ける事が出来る。

GoProはいかにこの下取りプログラムが行われるかわかりやすい説明を用意しているが、基本的には下取りの依頼をして自分の古いカメラを送り、GoProがこれを受け取った後に新しいHero5 ($299.99)かHero5 Session ($249.99)が送られてくる。GoProは下取りで受け取ったカメラは責任を持ってリサイクルするという。材質にもよるが、埋め立て処理ゼロ、リサイクル手法が取られるそうだ。もちろんこのキャンペーン目的は新たなGoProを広めることだ。

新しいGoProをユーザーが購入しないのには、モデルごとの改善点がわずかであることにある。新型モデルが普及しないということは、GoProにとってはライバルとの差別点であるクラウドベースのビデオサービスが、あまりユーザーに使われないという問題を引き起こしている。

こうした販売戦略は別として、もし旧世代のGoProを持っていて、より多くの機能がついた新しいカメラを欲しがっているのであれば、今がそのチャンスだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★コリン・ファーズ 世界最速100馬力のダージャム(バンパーカー)
★BMWモトラッド 新ウェブサイトを公開(まずはドイツと南アフリカから)
★ホンダ ウェルカムプラザ青山 ニッキー・ヘイデン選手 追悼展示
★ホンダ 原付二輪2017年度のイメージキャラクターに「ゴールデンボンバー」を起用
★BMW R1200、R1200GSのフロントフォークに関する”サービスキャンペーン”を発表
★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ
★イタリアのベネトンファミリー 身売り中のDucatiに12億ドルの値をつける
★インドBajaj Auto(バジャージオート) Ducati買収に自信あり
★サウナとバイクの気持ちよさって似ているよね、WEBムービー「サウナとトリシティでととのった」篇を公開!
★全国3,300店舗のサービスレベルを評価「サービス オブ ザ・イヤー2017」 TOP100に 「ナップス 岡山店」 がランクイン
★ツーリングの魅力を写真から再発見!「2017年 夏のツーリングフォトコンテスト」8月1日(火)より作品募集を開始~大賞にはナップスポイント3万円分贈呈~
★BMW Motorrad 各モデルの希望小売価格を発表
★今年で13回目のアウトドアイベント「フィールアース2017」、9/9~10に開催! 「with ジープ フェスティバル」も同時開催
★バイク用品販売老舗のナップス ECサイト全面リニューアルでオムニチャネル戦略を強化~リニューアル記念!
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★「あなたがもう一度聞きたいエンジン音」投票で選ばれた懐かしのレーサーレプリカ(250cc)2台の動画を公開!!
★スズキ 第45回東京モーターショー2017の出品概要
★ヤマハ TMAX530 DXが当たる! 首都圏ツーリングスタンプラリー開催
★第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて