★MotoGP2017 バルベラ「バイクが自分のライディングスタイルに合っていない」

昨シーズンはバズ選手と共に良い走行をしていたバルベラ選手ですが、冬休みのトレーニングで鎖骨を骨折し、GP16からも良い感触が得られていないようです。

Sponsored Link

スペイン人ライダーのエクトル・バルベラはデスモセディチGP16に関しては、アルゼンチンGPで4位を獲得したアルヴァロ・バウティスタとは対象的に、GP16を手懐けるのに手こずっている。

バルベラは鎖骨骨折でカタールテストを逃しており、最高の形でシーズン開幕を迎えていない。現在バルベラはバイクが自分に今のとこと合っていないと感じており、1つのコーナーですら快適と感じる事が出来ないという。

エクトル・バルベラ

「非常に複雑な週末で、この暴れまわる”野獣”を手懐けられずにいます。バイクが許容するあらゆるセッティングを試したんですが、現時点ではこのバイクは自分のライディングスタイルに合っていません。ですから自分がバイクに合わせなければいけないんです。昨年試した時も良い方向には行かず、冬は自分にとってかなりの代償となりました。」


「カタールの開幕戦は参考にはなりません。というのも自分の鎖骨の状態が悪く、フィーリングも最悪だったからです。ここではフィーリングが良かったにも関わらず改善が見られませんでした。25周のレースの中でフィーリングが良かったコーナーが1つもなく、常にバイクと格闘しているような状態だったんです。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロレンソ「今日はずっとハードタイヤを使用していた。」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「コーナー前半部分では最高」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017アメリカGP5位 ザルコ「表彰台は手が届くところにある」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ヤマハでの優勝よりも大きな結果」
★MotoGP2017フランスGP ザルコ「M1は表彰台を獲得出来るポテンシャルがある」
★MotoGP2017オランダGP ペトルッチ「最終的な差は本当に小さかった」
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「自分達の競争力の高さを再び証明したい」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「こういう状況でも表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017ブルノテスト イアンノーネ「バイクに対するフィーリングが大きく向上した」
★MotoGP2017ブルノテスト ロレンソ「1年で最も重要な1日だったかもしれない」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストリアGPプレビュー
★MotoGP2017イギリスGP サム・ロウズ「現在、Moto2での選択肢は3つある」
★タイのチャーン・インターナショナル・サーキット 2018年からMotoGPを開催
★MotoGP2017イギリスGP 7位ペドロサ「フロントグループについていけなかった」
★MotoGP2017 右足骨折のロッシ早くも退院。今後は自宅での療養とリハビリに専念
★MotoGP2017サンマリノGP ペドロサ「週の頭から良い方向で作業を進めたい」
★MotoGP2017アラゴンGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017日本GP ロッシ「フルウェットならペースは悪くないはず」