★ダカールラリー2019 ステージ10結果 KTMが18連覇を達成

全10ステージで争われた2019年のダカールラリーはステージの多くが砂丘ステージ、そして全てのステージがペルーで行われた大会となりました。そして今回のダカールで総合優勝を勝ち取ったのは、手首を痛めていたトビー・プライスでした。「砂丘でのラリーは腕にかかる負担が少なくて助かるかもしれない」と事前に話していたトビー・プライスですが、腕の怪我をもろともせずに優勝。

そしてステージ9、10で大きく総合順位を伸ばしたKTMのマティアス・ウォークナー、サム・サンダーランドが総合2位、3位を獲得。これでレッドブルKTMラリーファクトリーチームは2019年のダカールにおいて表彰台を独占。そしてダカール18連覇を達成しました。

Sponsored Link

ダカールラリー2019 ステージ10結果

順位 ゼッケン ライダー名 チーム タイム ギャップ
1 3 TOBY PRICE RED BULL KTM FACTORY TEAM 01H 14′ 01”
2 10 JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMO MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2019 01H 16′ 22” +00H 02′ 21”
3 1 MATTHIAS WALKNER RED BULL KTM FACTORY TEAM 01H 16′ 39” +00H 02′ 38”
4 14 SAM SUNDERLAND RED BULL KTM FACTORY TEAM 01H 17′ 20” +00H 03′ 19”
5 77 LUCIANO BENAVIDES RED BULL KTM FACTORY TEAM 01H 17′ 21” +00H 03′ 20”
6 47 KEVIN BENAVIDES MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2019 01H 18′ 00” +00H 03′ 59”
7 29 ANDREW SHORT ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING 01H 18′ 10” +00H 04′ 09”
8 18 XAVIER DE SOULTRAIT YAMALUBE YAMAHA OFFICIAL RALLY TEAM 01H 20′ 17” +00H 06′ 16”
9 28 DANIEL NOSIGLIA JAGER MEC HRC 01H 24′ 03” +00H 10′ 02”
10 110 SEBASTIAN BÜHLER BÜHLER RACING TEAM 01H 24′ 42” +00H 10′ 41”

 

ダカールラリー2019 全ステージ総合結果

順位 ゼッケン ライダー名 チーム タイム ギャップ
1 3 TOBY PRICE RED BULL KTM FACTORY TEAM 33H 57′ 16”
(+ペナルティー00H 01′ 33”)
2 1 MATTHIAS WALKNER RED BULL KTM FACTORY TEAM 34H 06′ 29”
+00H 09′ 13”(+ペナルティー00H 03′ 00”)
3 14 SAM SUNDERLAND RED BULL KTM FACTORY TEAM 34H 10′ 50”
+00H 13′ 34”(+ペナルティー00H 02′ 00”)
4 6 PABLO QUINTANILLA ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING 34H 18′ 02” +00H 20′ 46”
5 29 ANDREW SHORT ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING 34H 41′ 26” +00H 44′ 10”
6 18 XAVIER DE SOULTRAIT YAMALUBE YAMAHA OFFICIAL RALLY TEAM 34H 51′ 16”
+00H 54′ 00”(+ペナルティー00H 01′ 00”)
7 10 JOSE IGNACIO CORNEJO FLORIMO MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2019 35H 05′ 22”
+01H 08′ 06”(+ペナルティー00H 15′ 00”)
8 77 LUCIANO BENAVIDES RED BULL KTM FACTORY TEAM 35H 06′ 26” +01H 09′ 10”
9 7 ORIOL MENA HERO MOTOSPORTS TEAM RALLY 36H 05′ 57” +02H 08′ 41”
10 28 DANIEL NOSIGLIA JAGER MEC HRC 36H 29′ 09”
+02H 31′ 53”(+ペナルティー00H 02′ 00”)


(Photo courtesy of KTM)

Sponsored Link