★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす

24h, Mans, Moto, 2017, Team ,

世界耐久選手権のル・マン24時間レースは、現在スタートから7時間が経過。残り約17時間の状態でのトップはYARTヤマハオフィシャルEWCチーム。2位にGMT94ヤマハ、3位にスズキ・エンデュランス・レーシング・チームがつけています。ポールポジションを獲得したチームSRCカワサキはド・プニエ選手の転倒により、現在総合4位となっています。

Sponsored Link

ル・マン24時間耐久レースでは、チームSRCカワサキが転倒したことでYARTヤマハオフィシャルEWCチームがレースをリードしている。GMT94ヤマハとスズキ・エンデュランス・レーシング・チームがYARTヤマハを追う展開となっている。

YARTヤマハオフィシャルEWCチームとチームSRCカワサキがレースの最初の3時間をリード。その後現地時間18時を回ったところでランディ・ド・プニエが転倒したことで、YARTヤマハがレースをリードする展開となった。両チームのライダーは何度もレース序盤にラップタイムレコードを破り、ド・プニエが現在の最速ラップレコードとして1’36.408を記録している。

GMT94ヤマハとスズキ・エンデュランス・レーシング・チームがトップとペースを合わせており、その差を詰めている。なおF.C.C. TSRホンダがSRCカワサキの後に続き5位を確保している。

ヤマハViltaïs Experiencesが現在6位となっており、スーパーストックチームとしてトップを走っている。この後に続くのはTati Team Beaujolais Racing、Moto Ain CRTだ。

HONDA ENDURANCE RACINGはスタートでエレクトロニクスの問題でスタートが出来ず、その後もトランスミッションの問題が発生し、スタートしてすぐの段階でランキングの下位に沈んでいる。なお、Tescam BMWは転倒により同様に下位に沈んでいる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★ル・マン24時間耐久 数々の新記録が誕生
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★もしTL1000Sが現代に蘇ったら? Kardesign TL1100S
★MotoGP2017ヘレスGP 予選5位イアンノーネ「2列目スタートは良いレースをするのに重要」
★DAYTONA(デイトナ) YZF-R25/YZF-R3/Ninja250R セパハン用マルチバーホルダー
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「バイクのフィーリングは向上している」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017イタリアGP 2位ビニャーレス「今日の結果には本当に満足」
★MotoGP2017カタルーニャGP FP3結果
★MotoGP2017カタルーニャテスト リンス「GSX-RRに再び乗れて嬉しい」
★ヤマハ ビッグロゴの採用などカラーリング&グラフィックを変更 “エンデューロ”向けモデル4機種の2018年モデルを発売
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネがここまで適応に時間がかかると思っていなかった」
★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選7位ロッシ「2番目に履いたタイヤが機能しなかった」
★MotoGP2017イギリスGP フォルガー「新型フェアリングを試す予定」
★MotoGP2017イギリスGP 3位ロッシ「優勝するには、リアタイヤの摩耗を改善する必要がある」
★MotoGP2017ロッシ 健康診断の結果によってはアラゴンGPに参戦
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「こんな状態ではタイトル争いは出来ない」