★ル・マン24時間耐久 スタートから16時間後の順位

ル・マン24時間耐久も残すところ後8時間ほどとなりました。現在の順位は1位YARTヤマハオフィシャルEWCチーム、2位GMT94ヤマハ、3位にF.C.C. TSR Honda、4位スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム、5位にチームSRCカワサキとなっています。

Sponsored Link

F.C.C.が3位になり、スズキ・エンデュランス・レーシング・チームが上位に上がってきました。
※なお現在リアルタイムの状況としてはスズキ・エンデュランス・レーシング・チームが3位、F.C.C.が4位と順位が入れ替わっています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間を終えて3ポイントのリード
★世界耐久選手権(EWC) オッシャースレーベン8時間耐久レースが開幕!
★オッシャースレーベン8時間耐久 練習走行結果
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選2日目総合結果
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから5時間後の順位
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から5時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 28日フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ジャック・ミラー「鈴鹿は最高のイベント。週末が楽しみ」
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 29日フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 残り3時間でヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがトップ
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久予選 チームSRCカワサキがポールポジションを獲得 
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から8時間での順位
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 現チャンピオンGMT94ヤマハが完全優勝