★ル・マン24時間耐久 スタートから17時間後の順位

ル・マン24時間耐久のスタート17時間後の順位です。現在の順位は1位YARTヤマハオフィシャルEWCチーム、2位GMT94ヤマハ、3位スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム、4位にF.C.C. TSR Honda、5位にチームSRCカワサキとなっています。

スズキ・エンデュランス・レーシング・チームは夜の間に一気に追い上げて3位まで順位を上げ、SRCカワサキはエレクトリカルトラブルで順位を落としています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間を終えて3ポイントのリード
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選2日目総合結果
★オッシャースレーベン8時間耐久レースがスタート
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから5時間後の順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から3時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から7時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース結果
★鈴鹿8時間耐久ロードレース メーカー合同テストトップタイムはMuSASHi RT HARC-PROの高橋巧
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ブルーライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レッドライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ブルーライダー公式予選2
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 29日フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レオン・ハスラム「表彰台に立つのはいつだって最高の気分」
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 予選1回目のトップはチームSRCカワサキ
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表