★ル・マン24時間耐久 スタートから21時間後の順位

ル・マン24時間耐久のスタート21時間後の順位です。徐々にその差を詰めていたGMT94ヤマハがYARTを抜いて1位、2位がYARTヤマハオフィシャルEWCチームとなりました。3位にはチームSRCカワサキが再び上がり、4位スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム、5位にF.C.C. TSR Hondaとなっています。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート
★ル・マン24時間耐久 ウォームアップ走行トップはチームSRCカワサキ
★ル・マン24時間耐久 開始3時間でのトップはYARTヤマハオフィシャルEWCチーム
★オッシャースレーベン8時間耐久レースがスタート
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから5時間後の順位
★オッシャースレーベン8時間耐久レース総合結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から6時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース結果
★鈴鹿8時間耐久ロードレース タイヤメーカーテストトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGの津田拓也
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月13日 総合結果
★ローソン人気商品「からあげクン」がバイクレースとコラボ!鈴鹿8耐オリジナルパッケージを発売
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 28日フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム鈴鹿3連覇に向けて好発進
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 トップ10トライアル結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング3年連続でポールポジションを獲得
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レースクイーンギャラリー
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 現チャンピオンGMT94ヤマハが完全優勝