★ル・マン24時間耐久 数々の新記録が誕生

レースは残り40分を切っていますが、今回のル・マン24時間耐久は数々の記録が更新されるレースとなっています。

Sponsored Link

2017年のル・マン24時間耐久(24 Heures Motos)はラップタイム、ディスタンス共に全て既存の記録を破る戦いに

ランディ・ド・プニエは日曜の午後に新たなラップタイムレコードを記録。ド・プニエは1’36.408を記録し、2013年にファビアン・フォーレが記録した1’36.722を破った。レースはあと4時間あるため、まだこれから記録更新の可能性がある。(※現時点では残り40分を切っています。)

2010年に記録された668周というディスタンスレコードも、レース開始19周の時点で679周と更新されている。またトップを走るバイクのギャップについても更新されている。トップの差が最も小さかったのは2005年で、この時はフィニュッシュラインを通過したGMT94ヤマハとスズキ・エンデュランス・レーシング・チームの差は20.459秒だった。今のところレースの残り4時間の段階で、トップのYARTヤマハオフィシャルEWCチームとGMT94ヤマハの差は僅かに7秒!となっている。

ここから完走までにランキングの変動はないと予想されるが、ヤマハが再び表彰台トップを獲得することを祝福したい。ヤマハが最後に勝利したのは2009年だ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★ヤマハ 2017年型YZF-R6のスペックなどを公開。
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「少しプレッシャーを感じる」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「COTAはセッティングよりも完璧なラインを理解することが大事」
★MotoGP2017 ウェイン・レイニーが語るロッシとビニャーレス
★オッシャースレーベン8時間耐久 練習走行結果
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「頭を使って走る必要がある」
★ヤマハ トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化 モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から1時間での順位
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 夜間フリー走行結果
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「常に表彰台を獲得出来るようにする必要がある」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「レースでは1列目が非常に重要になる」
★ヤマハ 二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した台数限定のロードスポーツモデル 「YZF-R3/R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売
★MotoGP2017オーストリアGP ザルコ「MotoGPバイクに乗ってどんなレースになるか楽しみ」
★MotoGP2017 ビニャーレス「再度シャーシ変更するより、セッティングを煮詰めたい」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良いレースをして戦闘力を発揮することが目標」
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 現チャンピオンGMT94ヤマハが完全優勝