★ル・マン24時間耐久 数々の新記録が誕生

レースは残り40分を切っていますが、今回のル・マン24時間耐久は数々の記録が更新されるレースとなっています。

Sponsored Link

2017年のル・マン24時間耐久(24 Heures Motos)はラップタイム、ディスタンス共に全て既存の記録を破る戦いに

ランディ・ド・プニエは日曜の午後に新たなラップタイムレコードを記録。ド・プニエは1’36.408を記録し、2013年にファビアン・フォーレが記録した1’36.722を破った。レースはあと4時間あるため、まだこれから記録更新の可能性がある。(※現時点では残り40分を切っています。)

2010年に記録された668周というディスタンスレコードも、レース開始19周の時点で679周と更新されている。またトップを走るバイクのギャップについても更新されている。トップの差が最も小さかったのは2005年で、この時はフィニュッシュラインを通過したGMT94ヤマハとスズキ・エンデュランス・レーシング・チームの差は20.459秒だった。今のところレースの残り4時間の段階で、トップのYARTヤマハオフィシャルEWCチームとGMT94ヤマハの差は僅かに7秒!となっている。

ここから完走までにランキングの変動はないと予想されるが、ヤマハが再び表彰台トップを獲得することを祝福したい。ヤマハが最後に勝利したのは2009年だ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自分達のベストを尽くす」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロッシ「新しいシャーシも大きな効果はない」
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★MotoGP2017イタリアGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017オランダGP予選11位 ビニャーレス「ポールポジションを狙える思っていた」
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売
★MotoGP2017オーストリアGP7位 ロッシ「12周目に以降にリアタイヤのグリップが落ちてしまった」
★MotoGP2017イギリスGP 2位ビニャーレス「今日はベストと言える走りだった」
★MotoGP2017ロッシ 右足の回復には30日から40日必要。日本GPに間に合うか?
★2017-2018 FIM世界耐久選手権  開幕戦ボルドール24時間耐久には59チームがエントリー
★MotoGP2017アラゴンGP ファン・デル・マルク「走ることになればベストを尽くして楽しみたい」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「快適に走る事が出来ている」
★MotoGP2017アラゴンGP9位 ザルコ「マシンバランスに問題があった」
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900 ABS」の新色を発売
★第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて
★5気筒エンジン/365km/hオーバーのMTシリーズ KIODESIGN 「MT-14」
★ヤマハ発動機 超精密ペーパークラフト「YA-1」の予告ページを更新。1955年に「第一回浅間高原レース」が行われた場所で撮影を敢行。
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている