★ル・マン24時間耐久 数々の新記録が誕生

レースは残り40分を切っていますが、今回のル・マン24時間耐久は数々の記録が更新されるレースとなっています。

Sponsored Link

2017年のル・マン24時間耐久(24 Heures Motos)はラップタイム、ディスタンス共に全て既存の記録を破る戦いに

ランディ・ド・プニエは日曜の午後に新たなラップタイムレコードを記録。ド・プニエは1’36.408を記録し、2013年にファビアン・フォーレが記録した1’36.722を破った。レースはあと4時間あるため、まだこれから記録更新の可能性がある。(※現時点では残り40分を切っています。)

2010年に記録された668周というディスタンスレコードも、レース開始19周の時点で679周と更新されている。またトップを走るバイクのギャップについても更新されている。トップの差が最も小さかったのは2005年で、この時はフィニュッシュラインを通過したGMT94ヤマハとスズキ・エンデュランス・レーシング・チームの差は20.459秒だった。今のところレースの残り4時間の段階で、トップのYARTヤマハオフィシャルEWCチームとGMT94ヤマハの差は僅かに7秒!となっている。

ここから完走までにランキングの変動はないと予想されるが、ヤマハが再び表彰台トップを獲得することを祝福したい。ヤマハが最後に勝利したのは2009年だ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「フロントのフィーリングを見つける必要がある。」
★MotoGP2017カタールGP3位 ロッシ「けして諦めなかった」
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP マーヴェリックの速さの秘密は何か?
★MotoGP2017 ヴァレンティーノ・ロッシ「MotoGPクラスにVR46で参戦するつもりはまだない。」
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★MotoGP2017イタリアGP 2位ビニャーレス「今日の結果には本当に満足」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロッシ「今回は表彰台を獲得したい」
★ヤマハ トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化 モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「ポールポジションを狙っていく」
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から6時間での順位
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「新品タイヤでのフロントのフィーリングが課題」
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「アラゴンでM1に乗ってみることにした。」
★MotoGP2017日本GP テック3ヤマハ 急遽欠場のフォルガーの代役に野左根 航汰を起用
★ヤマハ <エンジニア、デザイナー、プランナーの方へ>バイクとの新しいライフスタイルを創造する『BIKE_A_THON(バイカソン)』10月13日から募集開始!
★MotoGP2017マレーシアGP 予選2位ザルコ「優勝争い出来るペースはあると思う」