★ル・マン24時間耐久 優勝はGMT94ヤマハチーム

2017年のル・マン24時間耐久レースを制したのはGMT94ヤマハでした。2位のYARTヤマハオフィシャルEWCチームと共に3位以下を大きく引き離すレースを展開し、ヤマハの強さが際立ったレースとなりました。3位は途中順位を大きく落としながらも再び上位に上がったチームSRCカワサキが獲得、4位はスズキ・エンデュランス・レーシング・チームとなり、ポイントスタンディングのリードを守っています。

Sponsored Link

74,500人の観客がル・マン24時間耐久レースを観戦し、ゼッケンナンバー94のGMT94ヤマハ(デビッド・チェカ、ニッコロ・カネパ、マイク・ディ・メッリオ)が優勝した。24時間のレースは激しいバトル、そして数々のドラマが起きたレースとなった。ヤマハはこれで4度目のル・マン24時間耐久の優勝となり、世界耐久選手権2戦を終えて、スズキ・エンデュランス・レーシング・チームがポイントスタンディングではリードしている。

コンサート、エンターテイメント、好天などが組み合わさり、2017年のル・マン24時間耐久レース(24 Heures Motos)は素晴らしい盛り上がりを見せた。第40回大会となったル・マンには74500人の観客が詰めかけ、これは過去5年で最も多い観客動員数となった。

レースではゼッケンナンバー94と7の2台のヤマハが1位の座をかけて長いバトルを展開。最終的にゼッケンナンバー94のGMT94ヤマハ(デビッド・チェカ、ニッコロ・カネパ、マイク・ディ・メッリオ)が第40回大会で優勝を飾った。これはヤマハにとって4度目の優勝となり、3人は24時間で860周を走り、ディスタンスレコードを更新した。これは2012年に記録されたディスタンスレコードを16周上回るものだった。

今回の優勝はチェカにとって2度目のル・マン優勝となる。(2005年にGMT94ヤマハで優勝)ニッコロ・カネパ、マイク・ディ・メッリオにとっては今回が初のル・マン24時間優勝となった。2位はゼッケンナンバー7のYARTヤマハオフィシャルEWCチーム、3位はゼッケンナンバー11のチームSRCカワサキとなり、4位のスズキ・エンデュランス・レーシング・チームとの差は僅かに45秒だった。

スーパーストックカテゴリーではゼッケンナンバー4のカワサキTati Team Beaujolais Racingがトップとなり、2位にはゼッケンナンバー96のヤマハMoto Ain CRT、3位はゼッケンナンバー333のヤマハViltaïs Experienceがが獲得した。Supertwinの3台のエントリーの中ではゼッケンナンバー81のNo Limits Special Team Ducatiが唯一レースを完走し37位となった。

世界耐久選手権第3戦のオッシャースレーベン8時間耐久は、ドイツで5月19日、20日にかけて開催される。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ロッシ/ロレンソ「カタールGPの日中開催は難しい」
★MotoGP2017 ビニャーレス「戦闘力は高いと思っている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「本当に重要なのは日曜の午後だけ」
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間耐久は6番手スタート
★ル・マン24時間耐久 スタートから16時間後の順位
★MotoGP2017アメリカGP フォルガー「さらに多くのポイントを獲得出来るはず」
★MotoGP2017アメリカGP Q2結果
★モビスターヤマハ「ロッシは明日からの練習走行に参加出来る」
★MotoGP2017 テック3ヤマハ 2018年もフォルガーと契約を更新
★ヤマハ 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売
★MotoGP2017 ウィルコ・ズィーレンベルグが語るビニャーレス
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 イエローライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 残り3時間でヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがトップ
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 波乱の幕開け
★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「トップ5、表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「2017年型のM1で走っていて快適だったことは一度もない」
★MotoGP2018 ロッシの冬季テストのヘルメット モチーフはメキシコのビーズアート
★ヤマハ発動機 「Mobility Design」カテゴリにインドのモーターサイクル「FZ25」 「CII DESIGN EXCELLENCE AWARDS」を初受賞
★MotoGP2018 シルヴァーノ・ガルブセラ「2017年は本当に酷いシーズンだった」
★MotoGP2018 タイテスト初日 11位ビニャーレス「現状は正しい方向性が見つかっていない」