★MotoGP2017 マルケスのCOTA5連勝に立ち塞がる壁

2013年からCOTAでは連勝を続けているマルケス選手はCOTAでの優勝最有力候補ですが、ビニャーレス選手、ロッシ選手のパフォーマンスの高さを考えると、今年のレースは例年に比べて厳しい戦いとなる可能性が高いと言えます。アメリカGPは日本時間ではかなり厳しい時間帯の開催となりますが、熱い戦いに期待しましょう。

Sponsored Link

オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズがMotoGP世界選手権のカレンダーに加わった2013年、マルケスはMotoGPクラスのルーキーだった。マルケスはその年の開幕戦カタールを3位で終えた後、COTAで圧倒的なレースを展開。彼の初のMotoGP優勝を飾った。20歳のマルケスは、この勝利で最高峰クラスで優勝した史上最も若いライダーとなる。それ以来マルケスはMotoGPの中で歴史を作り続け、既に3度最高峰クラスでシリーズチャンピオンとなっている。マルケスはアメリカズでは無敗のチャンピオンで、ポールポジションから他のライダー達に全くのチャンスを与えずに優勝を続けている。

2017年のMotoGP世界選手権においてオースティンは第3戦にあたる。これらの戦績から、マルケスはCOTAでの優勝の最有力候補だが、今年は同じく同郷スペインのマーヴェリック・ビニャーレスがいる。モビスターヤマハの新人であるビニャーレスは、プレシーズンの全てのテストで最速で、カタールとアルゼンチンの開幕の2戦で優勝。マルケスはカタールで4位を獲得した後、テルマス・デ・リオ・オンドで転倒。彼自身、最高峰クラスとしては最も悪い状況でのシーズンスタートとなる。

マルケスは現在チャンピオンシップで8位、13ポインチで、ビニャーレスとの差は37ポイントで、2位のヴァレンティーノ・ロッシとの差は23ポイントある。MotoGP4度目のタイトルを狙うマルケスにとって、COTAはポイントを獲得する上で最適なステージと言える。しかしビニャーレスがレースの行方を握っているとも言える。

2013年Moto3クラスを走っていたビニャーレスはオースティンで2位を獲得。そして同年ビニャーレスはMoto3でタイトルを獲得している。その後1年間を過ごしたMoto2で、ビニャーレスはCOTAで優勝。スズキでの2015年、2016年は、それぞれ9位と4位を獲得している。

マルケスのチームメイトのダニ・ペドロサもまた大きな脅威だ。ペドロサが2013年、2014年に2位を獲得。2015年は怪我のために出場出来ず、昨年はリタイアとなっている。
昨シーズンはロッシも同様にリタイアしているが、今年は既に2度表彰台を獲得している。

ファクトリーDucatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、アルゼンチンでアプリリアのアレイシ・エスパルガロとの接触でリタイアとなった。昨年のCOTAでもドヴィツィオーゾはリタイヤとなっている。しかし彼の運はファクトリーの新人であるホルへ・ロレンソよりは良い。5度の世界チャンピオンはデスモセディチに苦戦しており、カタールで11位を獲得したあと、アルゼンチンでは転倒している。

また、スズキのアンドレア・イアンノーネは今シーズン未だにポイントを獲得出来ていない。イアンノーネはカタールで転倒。アルゼンチンではポイント圏外となる16位でレースを終えた。
イアンノーネのチームメイトのアレックス・リンスはMoto2時代にCOTAで優勝している。彼はアルゼンチンGPの前にモトクロストレーニング中に足首を骨折し、現在はトップルーキーの座を、テック3のヨハン・ザルコとジョナス・フォルガーから取り戻そうとしている。YZR-M1の独立チームのライダー達はアルゼンチンで素晴らしい走りを見せ、ザルコが5位フォルガーは6位を獲得している。

今年は様々なライダーが良い走りを見せており、マルケスのCOTA優勝を難しくしている。その中にはランキングで現在4位のスコット・レディングも含まれ、ジャック・ミラー、アルヴァロ・バウティスタを良い走りをしており、RED BULL KTMのポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスも、アルゼンチンで初のポイントを獲得している。

オースティン戦は今週金曜日、現地時間9:55amからスタートとなる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP FP1結果
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2018年のシートは未定
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★MotoGP2017 ロッシ モトクロストレーニング中に胸部と腹部に軽い外傷を負う
★MotoGP2017 テック3ヤマハ 2018年もフォルガーと契約を更新
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「競争力は非常に高い状態」
★MotoGP2017イタリアGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017イタリアGP ペトルッチ「ロッシを抜いた時は、誰かに殺されるんじゃないかと思っていた」
★MotoGP2017カタルーニャGP FP3結果
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「バイクから良いパフォーマンスを引き出せると思う」
★MotoGP2017 9/2時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ今週末のレースを欠場、代役はなし
★2018年のカタルーニャGPではオリジナルレイアウトのターン12が復活
★MotoGP2017日本GP 5位リンス「今シーズンで最高の週末だった」
★MotoGP2017バレンシアGP マルケス「練習走行ではプッシュし、日曜はしっかりとコントロールしたい」
★MotoGP2018ヘレステスト モルビデッリ「セパンでバイクのパワーを思い切り使いたい」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 4位マルケス「既に準備は出来ている」
★マン島TT2018 ジョン・マクギネス ライバルのマイケル・ダンロップのMD Racing teamからスーパースポーツクラスに参戦
★MotoGP2018アメリカGP リンス「レースタイヤではさらに良い走行が出来る」