先進性と所有感を満たす新色で、MAXシリーズのイメージをアップデート スポーツスクーター「XMAX ABS」をカラーチェンジ

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・単気筒・SOHC・249cm3 “BLUE CORE”エンジンを搭載する「XMAX ABS」のカラーリングを変更し、4月1日より発売します。

Sponsored Link

「XMAX ABS」は、MAXシリーズのイメージを受け継ぎ、時代を表す先進性と所有感を満たす上質なスタイリングに、軽快な走行性能や快適性・実用機能をバランスさせた人気のモデルです。

新色は、マットカラーとしトレンド感を強調しました。エレガントな「マットブルーメタリック3」や色鮮やかで上質な「マットディープレッドメタリック3」、クールな「マットブラック2」、シンプルで様々なシチュエーションに合わせられる「マットシルバー1」の4色を設定しています。

※ ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「XMAX ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

 

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「XMAX ABS」
・マットブルーメタリック3(マットブルー/新色)
・マットディープレッドメタリック3(マットレッド/新色)
・マットブラック2(マットブラック/新色)
・マットシルバー1 (マットシルバー/新色)
2019年4月1日 642,600円
(本体価格595,000円/消費税47,600円)
2,500台
(年間、国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
(Source: ヤマハ発動機)

Sponsored Link