★Indian Motorcycleから電動バイクが将来的に登場する見通し

ポラリスは複数のブランドを展開しているわけですが、そのうちの1つであるIndian Motorcycleから電動バイクをリリースする予定とのこと。登場はしばらく先のようです。

(※Victory Empulse TT)

Polaris Industries(ポラリス)は新たな電動バイクの開発に取り組んでいるという。これはポラリスが今年初めにブランドを閉じたVictoryのVictory Empulse TTに変わるモデルだという。
Sponsored Link

ロイター通信の報告によると、新たな電動バイクはIndian Motorcycleのブランドとして登場するようで、ツーリング向けというよりは、楽しみのために使うライダー向けだという。このバイクは193kmから225km走行出来る性能を狙っているようで、これはEmpulse TTの約2倍の航続距離となる。

ポラリス Steve Menneto

「新たなパワートレインは楽しみのため、もしくはツイスティな道を走るのに適しています。現代のプレジャーバイクに近い存在です。」


Indianの電動バイクはまだ開発初期のようで、登場までに4、5年かかる見通し。ポラリスはその時までにリチウムをベースとするバッテリーの容量アップを望んでいるだろう。その時までには、現行の電動バイク達もそうした航続距離を持っているだろう。いずれにしても新たな電動バイクの登場は興味深い。特にこのニュースが、IndianがハーレーのLivewireプロジェクトを脅かすとしたら。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★BMW K1600 B Bagger アメリカ東海岸でお目見え
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★MVアグスタ 2017年に1台、2018年に2台の新型モデルを発表
★Vyrus 986 M2遂に市販化 価格は303万円
★無限 東京モーターサイクルショーで電動モトクロッサー「無限E.REX」を発表
★新型BMW C evolution発表
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★BMWモトラッドUSA 2018年モデルのR nineT Urban G/Sの価格を発表
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★カワサキ Ninja H2Rの2018年モデルを発表
★MV Agustaとルイス・ハミルトンのコラボレーションモデル MV Agusta F4 LH44が限定44台で登場
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売
★ヤマハ 249cm3“BLUE COREエンジン”搭載 新型スクーター「XMAX ABS」を発売
★スズキ 北米でハヤブサ、GSX-R750、GSX-R600の2018年モデルを発表
★ヤマハ EICMAでMT-09SPを発表
★ヤマハ EICMAで2018年型MT-07を発表
★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表
★スズキ 2018年モデル GSX-R1000 ABS 近日発売