★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売

Hondaは、スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」をベースとした、ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を4月20日(木)に発売します。

CBR1000RR SP2 レースベース車は、CBR1000RR SP2をベースに、ラジエーター、オイルクーラーなどをレース専用品に変更、レース参戦へのモディファイを前提としたパーツ構成とすると共に、レースに不要な灯火器などを取り外すなど、よりローコストでレースに参戦しやすいものとしています。

ベース車のCBR1000RR SP2は、フルモデルチェンジした「CBR1000RR SP」をベースに、サーキット走行やレースでの使用を想定し、吸・排気バルブ、燃焼室を新設計したシリンダーヘッドやピストンを搭載するなど、さらなるスポーツ性能を向上させたモデルで、2016年10月にドイツのケルン市で開催された「インターモト※1」に出品されました。

車体色はブラック1色の設定。

※1 インターモトは、「国際オートバイ・スクーター専門見本市2016(International Motorcycle, Scooter and Bicycle Fair)」の略

CBR1000RR SP2 レースベース車
* 写真は試作車のため、量産車とは細部が異なる場合があります

●販売計画台数 (国内・年間) 40台(受注生産)

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み) 1,782,000円(消費税抜き本体価格 1,650,000円)

* 価格にはリサイクル費用が含まれています
* このCBR1000RR SP2 レースベース車はサーキット走行専用車であり、一般公道での走行はできません
* 登録してナンバープレートを取得することはできません
* レースに参加される際には、各レースのレギュレーションに合わせた仕様に変更のうえ、ご使用ください

ベース車CBR1000RR SP2との主な変更点

項目 変更内容
灯火器類 廃止(ヘッドライトはケースのみ装着)
ラジエーター レースベース専用(高密度化)
オイルクーラー レースベース専用
ウォーターホース レースベース専用
排気系 排気バルブ、キャタライザーを廃止
カウル類 塗装およびストライプ、一部のカウル類を廃止
フューエルタンク スチール製フューエルタンクへ変更
フロントブレーキキャリパー TOKICO製へ変更
前・後サスペンション SHOWA製へ変更
前・後ホイール ENKEI製へ変更
メーター 北米向け仕様を装着
その他 ABSシステムを廃止

 

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト レプソルホンダ写真ギャラリー
★BMW K1600 B Bagger アメリカ東海岸でお目見え
★MotoGP2017 Marc VDS ミラーに新エンジン/ラバトはテストに復帰
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ペドロサ「テストごとに自信が高まっている」
★ホンダ 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売
★ホンダ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017 マルク・マルケス「表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017カタールGP マルケス「コーナー出口のロスが大きい」
★コリン・ファーズ 世界最速100馬力のダージャム(バンパーカー)
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「スリックを履こうかと思っていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「マルクは野獣のようにプッシュしていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「フロント集団に追いつくだけのフィーリングがあった」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「まだシーズンは長い」
★マン島TT、TTXGPなどで活躍したTork 初の市販電動バイクとなるT6Xを発表
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「まだまだ改善出来るポイントがある」
★MotoGP2017アメリカGP予選1位 マルケス「明日は最適なタイヤを選ぶ事が重要」
★MotoGP2017アメリカGP3位 ペドロサ「フロントタイヤが駄目になってしまった」
★オークネット 中古バイクオークション 3月成約排気量別ランキング
★HRC Image Galleryを公開