★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売

Hondaは、スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」をベースとした、ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を4月20日(木)に発売します。

CBR1000RR SP2 レースベース車は、CBR1000RR SP2をベースに、ラジエーター、オイルクーラーなどをレース専用品に変更、レース参戦へのモディファイを前提としたパーツ構成とすると共に、レースに不要な灯火器などを取り外すなど、よりローコストでレースに参戦しやすいものとしています。

ベース車のCBR1000RR SP2は、フルモデルチェンジした「CBR1000RR SP」をベースに、サーキット走行やレースでの使用を想定し、吸・排気バルブ、燃焼室を新設計したシリンダーヘッドやピストンを搭載するなど、さらなるスポーツ性能を向上させたモデルで、2016年10月にドイツのケルン市で開催された「インターモト※1」に出品されました。

車体色はブラック1色の設定。

※1 インターモトは、「国際オートバイ・スクーター専門見本市2016(International Motorcycle, Scooter and Bicycle Fair)」の略

CBR1000RR SP2 レースベース車
* 写真は試作車のため、量産車とは細部が異なる場合があります

●販売計画台数 (国内・年間) 40台(受注生産)

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み) 1,782,000円(消費税抜き本体価格 1,650,000円)

* 価格にはリサイクル費用が含まれています
* このCBR1000RR SP2 レースベース車はサーキット走行専用車であり、一般公道での走行はできません
* 登録してナンバープレートを取得することはできません
* レースに参加される際には、各レースのレギュレーションに合わせた仕様に変更のうえ、ご使用ください

ベース車CBR1000RR SP2との主な変更点

項目 変更内容
灯火器類 廃止(ヘッドライトはケースのみ装着)
ラジエーター レースベース専用(高密度化)
オイルクーラー レースベース専用
ウォーターホース レースベース専用
排気系 排気バルブ、キャタライザーを廃止
カウル類 塗装およびストライプ、一部のカウル類を廃止
フューエルタンク スチール製フューエルタンクへ変更
フロントブレーキキャリパー TOKICO製へ変更
前・後サスペンション SHOWA製へ変更
前・後ホイール ENKEI製へ変更
メーター 北米向け仕様を装着
その他 ABSシステムを廃止

 

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Federal Moto CB750Kカスタム
★Ducati 新型V4スーパーバイク「Quattrofromaggi」を商標登録
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「徐々に良いベースに近づきつつある」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選2位マルク・マルケス「新しいエンジンでコーナリングが改善している」
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★ヴァレンティーノ・ロッシ「ニッキー、皆が君のそばにいるよ」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「今回のル・マンもどうなるかわからない」
★ミシュラン モータースポーツの伝説であるヘイデン選手へ最後のお別れ
★MotoGP2017 ホンダの希望はクラッチローとミラーとの契約更新
★MotoGP2017オランダGP3位 マルケス「今日は最終ラップだけプッシュした」
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾ※で楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」 第2弾を公開!
★ハイブリッドバイク glafit®が1億718万円の資金調達に成功
★第41回出光イーハトーブトライアル大会開催~大自然と調和したトライアルバイクの魅力を味わう大会~