★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売

Hondaは、スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」をベースとした、ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を4月20日(木)に発売します。

CBR1000RR SP2 レースベース車は、CBR1000RR SP2をベースに、ラジエーター、オイルクーラーなどをレース専用品に変更、レース参戦へのモディファイを前提としたパーツ構成とすると共に、レースに不要な灯火器などを取り外すなど、よりローコストでレースに参戦しやすいものとしています。

ベース車のCBR1000RR SP2は、フルモデルチェンジした「CBR1000RR SP」をベースに、サーキット走行やレースでの使用を想定し、吸・排気バルブ、燃焼室を新設計したシリンダーヘッドやピストンを搭載するなど、さらなるスポーツ性能を向上させたモデルで、2016年10月にドイツのケルン市で開催された「インターモト※1」に出品されました。

車体色はブラック1色の設定。

※1 インターモトは、「国際オートバイ・スクーター専門見本市2016(International Motorcycle, Scooter and Bicycle Fair)」の略

CBR1000RR SP2 レースベース車
* 写真は試作車のため、量産車とは細部が異なる場合があります

●販売計画台数 (国内・年間) 40台(受注生産)

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み) 1,782,000円(消費税抜き本体価格 1,650,000円)

* 価格にはリサイクル費用が含まれています
* このCBR1000RR SP2 レースベース車はサーキット走行専用車であり、一般公道での走行はできません
* 登録してナンバープレートを取得することはできません
* レースに参加される際には、各レースのレギュレーションに合わせた仕様に変更のうえ、ご使用ください

ベース車CBR1000RR SP2との主な変更点

項目 変更内容
灯火器類 廃止(ヘッドライトはケースのみ装着)
ラジエーター レースベース専用(高密度化)
オイルクーラー レースベース専用
ウォーターホース レースベース専用
排気系 排気バルブ、キャタライザーを廃止
カウル類 塗装およびストライプ、一部のカウル類を廃止
フューエルタンク スチール製フューエルタンクへ変更
フロントブレーキキャリパー TOKICO製へ変更
前・後サスペンション SHOWA製へ変更
前・後ホイール ENKEI製へ変更
メーター 北米向け仕様を装着
その他 ABSシステムを廃止

 

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 LCRホンダ カタールテストで新カラーリングを披露
★ホンダNM4 Vultus 映画「GHOST IN THE SHELL」に登場
★クールスマイル バイク用のヘルメット内冷却製品「ヘルメットエアコン」を6月30日に発売
★スズキ 新型GSX-R750/隼を開発中との噂
★カワサキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★Ducati 新型V4スーパーバイク「Quattrofromaggi」を商標登録
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「そこまでプッシュしていたわけではない」
★ホンダ 新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売
★トライアンフ オールクラシックフェアのご案内
★BMWモトラッド 新ウェブサイトを公開(まずはドイツと南アフリカから)
★MotoGP2017ヘレステスト初日 マルケス「新エキゾーストは加速で良い感触」
★トライアンフ 新商品・新店効果により4月過去最高の登録台数を達成
★DAYTONA(デイトナ) YZF-R25/YZF-R3/Ninja250R セパハン用マルチバーホルダー
★Ducati XDiavel Sが登場するフルCG長編映画 『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5月27日から全国ロードショー!
★MotoGP2017 Ducatiファクトリーのライダー達からニッキーへと贈る言葉
★BMWモトラッド コンセプトモデル「Concept Link」を発表
★ヘイデン選手の地元オーエンズボロでヘイデン選手の葬儀が執り行われる。
★MotoGP2017オランダGP マルケス「バイクとタイヤのセットアップを見つける事が重要」