★BMWモトラッド 215馬力のHP4 RACEを世界750台限定で発売

昨年EICMAで発表されたBMWのカーボンファイバーフレームを持つBMW HP4 RACEのスペックが公開されました。重量は装備重量僅か171kgしかなく、最大馬力は215馬力。エンジンスペック自体は耐久選手権、WSBKで使用されているものと大差ないとのこと。

個別に製作され、レーストラックで最高の性能を発揮するBMW HP4


レーストラックにおける究極のパフォーマンスは手作業によって作られ細部まで細やかに気を配って作られたファクトリーレーシングバイクになります。新しいHP4 RACEはBMWモトラッドによる純粋なレーシングバイクで限定で750台が生産されます。これは特別な少数のビルダーチームによって個別に製作され、最高の品質を約束するものです。


エンジン、エレクトロニクス、サスペンションに至るまで、HP4 RACEは現在のファクトリーレーシングマシンと同様で、カーボンファイバーフレームとサスペンションの組み合わせなどの分野に関してはファクトリーレベルを超越しています。装備重量で171kgというマシンは、現在WSBKで戦っているマシンよりも軽量で、重量だけに関して言うとMotoGPバイクより僅かに重いだけとなります。

Sponsored Link

カーボンファイバーのメインフレーム、セルフサポーティングリアフレーム、カーボンファイバー製のホイール


HP4 RACEで、BMWモトラッドは誰でも購入可能な市販バイクのフレームを、全てカーボンファイバーで製作した初めてのブランドとなります。また、このフレームは全体で7.8kgしかありません。フロント/リアホイールも同様にカーボンファイバー製となっており、剛性を維持しながら軽量合金製ホイールよりも30%も軽量になっています。

WSBKからのオーリンズサスペンション、アンダースラングスイングアーム、ブレンボモノブロックキャリパー


HP4 RACEはスプリング、ブレーキに関しても最高の技術を採用。スウェーデンのオーリンズ製FGR300倒立フロントフォーク、TTX36GPサスペンションを装備しており、これはMotoGP、WSBKで採用されているものと同様の装備となります。軽量のアンダースラングスイングアームはミル加工などで作られており、これもまたWSBKで使用されているものと同様です。


ブレンボ製GP4 ORモノブロックキャリパーもWSBKで使用されているパーツとなります。コート済みのチタン製ピストンが装備され、シングルピースアルミキャリパーはニッケルプレート加工が施されており、いずれも現在手に入る最高の部品が使用されています。6.75mm厚の320mmディスク、Tタイプレーシングスチールブレーキは最高のブレーキングパフォーマンスを約束します。

純粋なレーシングエンジン、クロスレシオギアボックス


HP4 RACEは純粋なレーシングエンジンを搭載。これは耐久選手権、WSBKで使用されているエンジンに近いものとなります。最大出力は13,900回転で215馬力を発生。最大トルクは10,000回転で120Nmとなっています。エンジンの最大回転数は通常のS1000RRの14,200回転から14,500回転に引き上げられています。最大のパフォーマンスを発揮するため、6速のクロスレシオギアボックスは最適化されたトランスミッションレシオ、様々なセカンダリレシオの組み合わせとなります。

2Dのダッシュボード、ダイナミックトラクションコントロール、エンジンブレーキ、ウイリーコントロールなど


HP4 RACEには重量を考えられたダッシュボードシステム以外にも様々なエレクトロニクスが装備されています。豊富な情報は2Dのダッシュボード、データロガーで使用することが出来ます。様々なトラックレイアウト、路面状況による幅広いレンジのセットアップ、イグニッションカットによって実現されるダイナミックトラクションコントロール、エンジンブレーキ、ウイリーコントロールなどが装備されます。これはライダーの好みによって各ギアごとに動作を変える事が可能で、これによってHP4 RACEが提供するダイナミックなポテンシャルを最大限引き出す事が可能となります。その他にはピットレーンリミッター、ローンチコントロールなどがあります。

カーボンファイバー製トリム、手作業で仕上げられたアルミニウム製タンク


カーボンファイバー製のトリム、インテークサイレンサーカバーなどはBMW HPモータースポーツのカラーがあしらわれます。手作業で仕上げられたアルミニウム製の燃料タンクはクリアフィニッシュが施されます。

BMW HP4 RACEスペック


・僅か7.8kgのモノコック構造、カーボンファイバー製メインフレーム
・セルフサポート式カーボンファイバー製リアフレーム、3段階のシート高調整機能付き
・軽量合金製よりも30%軽量なカーボンファイバー製のホイール
・Öhlins FGR 300 倒立式フロントフォーク
・Öhlins TTX 36 GP リアショック
・Brembo GP4 PRモノショックブレーキ、320Tタイプレーシングスチールブレーキディスク
・WSBKレベルのレーシングエンジン/13,900回転で215馬力を発生/最大トルクは10,000回転で120Nm
・クロスレシオギアボックス
・リチウムイオンバッテリーなど重量を考慮されたエレクトロニクス
・2Dダッシュボード、2Dデータロガー
・ダイナミックトラクションコントロール(15段階)
・エンジンブレーキコントロール(15段階)
・ウイリーコントロール(各ギアで設定可能)
・ローンチコントロール
・ピットレーンリミッター
・カーボンファイバー性の軽量トリムパーツ/スナップファスナー式
・BMW HP モータースポーツカラー
・限定750台(個別生産)

(Photo courtesy of BMW)

<BMWモトラッド プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Indian Motorcycleから電動バイクが将来的に登場する見通し
★2017年型CBR500Rを愛すべき5つの理由
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★スズキ GSX-Sシリーズの新型モデル「GSX-S750 ABS」を発売
★スズキ 新型GSX-R750/隼を開発中との噂
★Vyrus 986 M2遂に市販化 価格は303万円
★BMWモトラッドUSA K1600BのUS価格を発表
★無限 東京モーターサイクルショーで電動モトクロッサー「無限E.REX」を発表
★BMW 世界初の両輪駆動エンデューロモデルR1200GS xDriveハイブリッド を発表
★「CBR250RRレースベース車」について
★De Angelis Elaborazioni BMW K1100LTカフェレーサー
★"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ホンダ Dio110」に新色を追加し発売
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★インド初の電動スポーツバイクEMFLUX MOTORS「Model 1」2018年モデルとして登場の予定
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売