★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」

カル・クラッチロー選手のLCRホンダとの契約は今年で最後となりますが、そのことに関してクラッチロー選手はあらゆるオプションに対して前向きであるとしています。LCRが2017年からスズキにスイッチするのでは?という噂も数年前にありましたが、いずれにしてもファクトリーシートは全て2年契約で18年末まで埋まっている状況です。

(Photo courtesy of michelin)

カル・クラッチロー

「全てのメーカーで速いということを証明出来たと思います。次は何か違う事をすることが目標です。ただ今の自分の状況には満足です。契約は今年で終わりですが、このチームに残るというオファーももらっています。ホンダのプランも知りませんし、ルチオも今後ホンダでやっていくのかもわかりません。自分は2018年に良いバイクと良いチームで走りたいんです。パドックの中には他にも良いバイクがありますし、良いチームもあります。今の自分のチームはもちろん好きですが、もし自分が他のメーカーのバイクに乗る話を進めているとしたら、ルチオが他のメーカーと話あっていないとも言えませんよね。自分は全てのオプションに対して前向きですよ。」

Sponsored Link

ルチオ・チェッキネロ

「契約金の事は別として、カルにとって重要なのはメーカーとの契約です。HRCから良い待遇を受けていないというわけではないんです。ただカルはホンダと共に進んでいくような感触が欲しいんですよ。ファクトリーとの契約というのは、ホンダにとってカルが彼らとともに歩んでいくという事を保証するものでもあります。これは皆にとっても良い結果です。ただこれは絶対に必要なリクエストということでもないんです。これはどちらかというと希望というようなものです。カルとホンダの契約が実現しなくても、自分達は現状で満足しています。他のメーカーを使用するかどうかについては、非常に競争が激しい世界ですからね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ロッシ「まだまだ作業をする必要がある。」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★MotoGP2017開幕前アンケート
★MotoGP2017アメリカGP予選4位 ペドロサ「フロントのチャタリングで改善出来なかった」
★MotoGP2017 マルケス「正直言って、カタルーニャの新レイアウトは気に入った」
★MotoGP2017 カタルーニャテスト結果
★MotoGP2017 レディングが解説するMotoGPマシンのハンドルスイッチ
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「新しいフェアリングのポテンシャルは高い」
★MotoGP2017オーストリアGP ロウズ「アプリリアが間違っていると証明したい」
★MotoGP2017イギリスGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017サンマリノGP 14位ペドロサ「氷の上でライディングしているようだった」
★Ducatiダヴィデ・タルドッツィ 「デスモセディチの旋回性は改善しつつある」
★MotoGP2017 イアンノーネのエンジン選択ミスがスズキの今シーズン低迷の理由か?
★MotoGP2017日本GP イアンノーネ「スズキの皆の努力に見合うレースがしたい」
★MotoGP2017日本GP 2位マルケス「フィリップアイランドでは結末は違うかも」
★MotoGP2017オーストラリアGP Q2結果
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝1位ドヴィツィオーゾ「最高の週末。チームに感謝したい」
★MotoGP2018 タイテスト初日 5位ペドロサ「正しいラインをスピードを維持して走ることが重要」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 8位中上「LCR Honda IDEMITSUチームに大きな感謝を述べたい」