★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」

木曜のプレスカンファレンスからクラッチロー選手のコメント抜粋です。ヤマハについていくためにホンダはブレーキングという長所を使用しているが、限界を超えてしまっているとも語るクラッチロー選手。ソーシャルメディアからの質問には相変わらず冴え渡るジョークで返していますが、自転車レースをやりたいというのはどの程度本気なんでしょうか(笑)

Sponsored Link

カル・クラッチロー

「カタールの失望の後にアルゼンチンに向かい、良い仕事が出来たのは良かったです。ホンダもカタールの後にアルゼンチンで懸命に作業してくれました。マルクもカタールでは表彰台を獲得出来ませんでしたからね。もしマルクとダニがトラックに残っていたら、良い結果を出せたと思います。ターン2でバイクのコントロールが難しく、幸運にも自分はなんとかコントロールして表彰台を獲得出来ました。ただここでもまた難しい週末になると予想しています。土曜と日曜にバイクが良い形で仕上がってくる事を願っていますが、このトラックではバイクのセットアップに時間がかかるんです。オースティンの素晴らしいサーキットですし、良いレースを期待しています。」

「COTAは好きなサーキットです。初めて2013年走った時も4位を獲得出来ましたし、翌年は転倒しましたけどライディングが楽しいサーキットです。いろいろなバイクにとって異なる部分で強みを発揮出来る良いサーキットでしょう。レースも接近しますし、向き替えも多いですから楽しいですよね。ただマルクが全勝しているのがあれですけど。多くのコーナーがあるので難しいトラックでもあります。トラックの半分で既にコーナーが12ですから高い集中力が要求されますしね。今週末にどうなるか見てみましょう。」

 

Q

「モヴィスターヤマハのライダー達についていくにはもっとリスクを取らないとだめだと思いますか?またホンダが全ての状況で強いバイクを用意するのにはどの程度時間がかかると思いますか?」

カル・クラッチロー

「テストでは恐らくレースより良い走りが出来ていました。これはやはり時間があったからだと思います。アルゼンチンもここも新しいサーキットですから、ホンダもチームもここでバイクを良い形で走らせるように、レースで戦闘力を発揮出来るように懸命に作業を続けています。マルクが説明したように自分達はブレーキングという自分達の最大の長所で戦っているんです。ただその限界を超えてしまっているんです。長年ホンダの強みはブレーキングだというのがわかっていて、そこに集中をしているわけですけど、どんどんそれが貪欲になっているってことなんですよね。ですからチーム、メカニック、ライダーもそれに対応しようとしているんですが、これからのレースではもう少し良いベースセッティングで戦えると良いですね。」

 

ソーシャルメディアからの質問

「多くの人がアルゼンチンでヴァレンティーノへの質問だった、ジャックとスカイダイビングをするか、あなたの運転する車で高速のカーチェイスをするか?という質問に対するあなたの考えを聞きたいようです。」

カル・クラッチロー

「まぁ自分でも同じほうを選ぶでしょうね。」(会場爆笑)「自分もジャックを選びますよ。多分ルーシーは自分と何度か高速のカーチェイスをしたって言うかもしれませんけどね。ま、ベストな選択ではないでしょう。自分は車の運転ってのはあまり上手くないんです。パーキングセンサーもかなり使いまくってますし、自分もやはり飛行機から飛び降りるほうを選びますよ。」

 

ソーシャルメディアからの質問

「全てのMotoGPライダーが自転車のロードレースで勝負をしたら誰が勝つでしょう?あなた、マーヴェリック、アレイシ、それとも他の誰かですか?」

カル・クラッチロー

「そりゃもちろん自分だよ。」(会場爆笑)「こいつは間違いないね。実はドルナにチャンピオンシップに自転車レースを盛り込んでくれって何度か頼んでるんです。全6戦でポイントもつけてね。まぁ残念ながら実現しないでしょうけど(笑)」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 KTM ヘレスGP後にビッグバンエンジンのテストを予定
★MotoGP2017アメリカGP3位 ペドロサ「フロントタイヤが駄目になってしまった」
★MotoGP2017アメリカGP6位 ドヴィツィオーゾ「望んでいたようなレースではなかった」
★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」
★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施
★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★MotoGP2017 ホンダの希望はクラッチローとミラーとの契約更新
★MotoGP2017 カル・クラッチロー HRCと2年契約を締結/LCRに残留
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「土曜に備えて色々と試している」
★交通事故で入院していたアンヘル・ニエト 木曜日に息を引き取る
★MotoGP2017オーストリアGP ロッシ「どのレースでも表彰台を狙える」
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★MotoGP2017 ロレンソ「ライディングスタイルを少し変えた。未来は明るい」
★MotoGP2017サンマリノGP 5位ピッロ「レース序盤のペースの改善が必要」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ骨折から21日のスピード復帰 明日のFP1出走へ
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選1位マルケス「ペースとリズムは良い。あとは天候次第」
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 アプリリア
★MotoGP2018 クラッチロー「タイは今の時点では退屈そうなトラックに思える」
★MotoGP2018 ダニ・ペドロサ 2018年シーズンのスタジオ写真