★MotoGP2017アメリカGP FP1結果

アメリカGPのFP1の結果をお伝えします。トップタイムを記録したのは好調が続くビニャーレス選手。2位はCOTA4連勝中のマルケス選手ですが、その差は0.577秒と大きく開いています。3位ドヴィツィオーゾ選手、4位にはザルコ選手、5位はこちらも好調が続くバウティスタ選手。婚約発表もあって良い気分で乗れているのかもしれません。

Sponsored Link

6位はロレンソ選手。7位ペドロサ選手、8位ロッシ選手。9位アレイシ・エスパルガロ選手、10位ペトルッチ選手という上位10名となりました。こうしてみるとビニャーレス選手がただ一人4秒台で走り、5秒台は5位のバウティスタ選手となり、FP1の段階では各選手ごとの差がかなり開いている状態です。

なおMotoGPクラスのFP2は現地時間14:05から開始となります。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Pramac Ducati写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ビニャーレス「今年は最低5名のライダーが優勝出来る」
★MotoGP 2017アルゼンチンGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017アルゼンチンGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「ペナルティには納得がいかない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP 優勝ペドロサ「このトラックでの優勝は本当に最高」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント モビスターヤマハ
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント LCRホンダ
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGPプレビュー
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「プロジェクトリーダー交代は成績と無関係」
★MotoGP2017ドイツGP 8位ドヴィツィオーゾ「リアタイヤのグリップ低下に苦戦」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「肘、膝、あらゆるものが転倒をセーブする助けとなる」
★MotoGP2017ヤマハ シルバーストーンで2018年型プロトタイプシャーシを使用していた
★MotoGP2017 少しづつ、着実に前進を続けるKTM
★MotoGP2017オーストラリアGP ロレンソ「このトラックでは新型フェアリングは有効ではないかも」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストラリアGPプレビュー
★MotoGP2017 10/23時点でのポイントスタンディング