★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「レースに備えつつプッシュが必要な時はプッシュ出来る」

好調が続くザルコ選手はFP2で2位タイムを獲得。MotoGPではバイクも重く電子制御もあるからリラックスできるなど、コメントの端々から余裕が感じられます。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「ここは簡単ではありません。難しいサーキットですからなんとか上手くコントロールしようしています。ちょっと体調が悪いんですが、今日はよく寝てこの先2日分のエネルギーを貯めたいと思います。今この瞬間はハッピーですが、この先2日を良い形で送れるようにしたいと思います。MotoGPとMoto2では作業の仕方が異なります。MotoGPではレースについて考えようとしても、予選の事を考える必要があります。というのもFP3の終わりの時点でトップ10にいる必要がありますからね。ですからこうしたことが金曜であってもストレスに感じられることがあるんです。」

「今日はミディアムタイヤとユーズドタイヤで周回を重ねましたから大きな違いがあるのは普通です。ソフトタイヤはこのサーキットでは良い形で働いています。良いフィーリングもありますし、そのおかげで予選のように走る事が出来たんです。今の段階では周回を重ねてバイクから良い感触を感じてレースに備えようとするのは良いですね。そしてそこからラップタイムを縮めようとすると、今現在2位ですから状況としては完璧です。」

「今朝はマルケスを1周追って走る事が出来ました。ただ自分とM1がマルケスより良い状態かどうかというのは分析出来ませんでした。今は自分は学習をしているところで、その状態で2位で走ることができているのなら完璧だと言えるでしょう。Moto2では多くのコーナーでよりバンプを感じますしバイクも動いています。ただMotoGPではこうした重いバイクで電子制御もありますから、リラックスして走れますし、楽しみながらライディング出来ます。」

「体調が悪い時にさらに速く走ろうとすると難しいトラックですね。多くのエネルギーを使って良いタイムを記録出来ますが、レースとなると別の話です。ですから今朝からこの2つの内容をコントロールしようとしているんです。レースに備えつつ、プッシュが必要な時はプッシュ出来るようにしているんですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト モヴィスターヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールGP9位 アレックス・リンス「多くの事を学んだ」
★MotoGP2017ヘレスGP FP2結果
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Ducati
★MotoGP2017 イタリアGP(ムジェロ戦)から2016年型フロントタイヤを使用
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★MotoGP 2017カタルーニャGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017 スズキMotoGPトリビア
★MotoGP2017 シーズン前半戦をジジ・ダッリーニャが語る【Part1】
★MotoGP2017チェコGP 決勝レース結果
★MotoGP2017イギリスGP 予選5位ロレンソ「レースペースの改善が必要」
★ヤマハ TMAX530 DXが当たる! 首都圏ツーリングスタンプラリー開催
★MotoGP2017オーストラリアGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017マレーシアGP ペドロサ「良いセットアップが見つかれば戦力は高い」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選4位ロッシ「フィリップアイランド同様に良い走りが出来ると思う」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2018 シルヴァーノ・ガルブセラ「2017年は本当に酷いシーズンだった」
★MotoGP2018 カタールテスト3日目 2位ロッシ「ヤマハはエレクトロニクスで苦戦が続いている」
★MotoGP2018 ヨハン・ザルコ「レースウィークエンドでペースの改善が必要」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選11位ロッシ「ドライならばよいペースで走行出来る」