★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「レースに備えつつプッシュが必要な時はプッシュ出来る」

好調が続くザルコ選手はFP2で2位タイムを獲得。MotoGPではバイクも重く電子制御もあるからリラックスできるなど、コメントの端々から余裕が感じられます。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「ここは簡単ではありません。難しいサーキットですからなんとか上手くコントロールしようしています。ちょっと体調が悪いんですが、今日はよく寝てこの先2日分のエネルギーを貯めたいと思います。今この瞬間はハッピーですが、この先2日を良い形で送れるようにしたいと思います。MotoGPとMoto2では作業の仕方が異なります。MotoGPではレースについて考えようとしても、予選の事を考える必要があります。というのもFP3の終わりの時点でトップ10にいる必要がありますからね。ですからこうしたことが金曜であってもストレスに感じられることがあるんです。」

「今日はミディアムタイヤとユーズドタイヤで周回を重ねましたから大きな違いがあるのは普通です。ソフトタイヤはこのサーキットでは良い形で働いています。良いフィーリングもありますし、そのおかげで予選のように走る事が出来たんです。今の段階では周回を重ねてバイクから良い感触を感じてレースに備えようとするのは良いですね。そしてそこからラップタイムを縮めようとすると、今現在2位ですから状況としては完璧です。」

「今朝はマルケスを1周追って走る事が出来ました。ただ自分とM1がマルケスより良い状態かどうかというのは分析出来ませんでした。今は自分は学習をしているところで、その状態で2位で走ることができているのなら完璧だと言えるでしょう。Moto2では多くのコーナーでよりバンプを感じますしバイクも動いています。ただMotoGPではこうした重いバイクで電子制御もありますから、リラックスして走れますし、楽しみながらライディング出来ます。」

「体調が悪い時にさらに速く走ろうとすると難しいトラックですね。多くのエネルギーを使って良いタイムを記録出来ますが、レースとなると別の話です。ですから今朝からこの2つの内容をコントロールしようとしているんです。レースに備えつつ、プッシュが必要な時はプッシュ出来るようにしているんですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP Q1結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★YARTヤマハオフィシャルEWCチーム ル・マン24時間耐久予選1でポールポジションを獲得
★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」
★MotoGP2017アメリカGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017ヘレスGP 5位ドヴィツィオーゾ「ロレンソはヤマハ機のようにDucatiを操っていた」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Avintiaレーシング
★MotoGP2017フランスGP FP3結果
★ミシュラン モータースポーツの伝説であるヘイデン選手へ最後のお別れ
★MotoGP2017イタリアGP 10位イアンノーネ「グリップが落ちるとコーナリングに問題が出る」
★MotoGP2017イタリアGP 9位ピッロ「スタートの失敗で4位スタートを無駄にした」
★MotoGP2017ドイツGP 9位ザルコ「今日はジョナスのようなペースでの走行は無理だった」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」
★MotoGP2017アラゴンGP2位 ペドロサ「アタックするタイミングを決めるが難しかった」
★MotoGPでも”オイル燃焼”によるパフォーマンスアップが可能なのか?
★ヤマハ スリムで優美なスクーター「MIO S」 インドネシアで発売
★MotoGP2017マレーシアGP クラッチロー「2018年型RC213Vは2017年の改良型だといい」
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 Ducati