★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」

あまり苦戦しているようには見えませんが、ビニャーレス選手はセクター2とセクター3の改善が必要と言います。タイムに関しても3秒台は出ると話しています。

Sponsored Link

マーヴェリック・ビニャーレス

「ヤマハは素晴らしいバイクですね。ここで非常に良い走りが出来ています。非常に安定感があるので、セクター1とセクター4で非常に強い走りが出来るんです。後はセクター2の改善ですね。まだバイクのポテンシャルを100%使っていません。まだやるべき作業が沢山あります。あとセクター3も良いラインを走る必要があります。」

「セクター1は非常に良いですね。自分でも驚きました。向き替えが素早く出来るんですよ。非常に良い感触です。今朝はセクター1で非常に戦闘力がありました。午後もそうですね。新しいタイヤは使用しませんでしたが、非常に力強い走りが出来ました。バンプも快適でしたね。ただ昨年も同様でしたから、おそらく自分にライディングスタイルもあるのかもしれません。ただバイクはどのコーナーでも安定感があります。ブレーキングの最中もです。」

「バイクの上で安心していられますし、トラック上ではどこも限界で走っているところはありません。多くのバンプがあると感じるような場合にこれは重要なことです。ソフトタイヤでタイムがさらに良くなるかどうかはわかりません。このトラックは極めて長いですからね。新品タイヤを履けばかなり速く走る事が出来ますけど、ソフトタイヤが良いかどうかは試してみないとわかりません。ザルコを見ると1秒以上速いですけど、ミディアムタイヤのほうがタイムは出ますから比較は出来ません。ただ少なくとも3秒台は出せると思います。なんとか達成しないといけません。」

「セクター3のような低速コーナーに関しては、まだ改善が必要です。全てのプレシーズン、そして開幕戦でそうでしたけど、低速コーナーでさらに速くコーナーのエイペックスに辿り着くことが必要です。今は非常に遅いんです。低速コーナーでの最後のブレーキングの部分なんですよね。ブレーキをリリースしてコーナーに進入する部分、ここを改善出来るんです。1日では改善出来ないと思いますが、レースの中で改善していきたい部分ですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 Red Bull KTM 2017年カラーのカウルで走行を開始
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「フロントのフィーリングを見つける必要がある。」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★MotoGP2017 ミシュランMotoGPタイヤに関する10の事実
★ル・マン24時間耐久 8時間の時点でヤマハ2チームがレースをリード
★ル・マン24時間耐久 優勝はGMT94ヤマハチーム
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「COTAはセッティングよりも完璧なラインを理解することが大事」
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP 2017ヘレスGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★DAYTONA(デイトナ) YZF-R25/YZF-R3/Ninja250R セパハン用マルチバーホルダー
★MotoGP2017フランスGP ダニ・ペドロサ「一番重要なのはコンスタントさ」
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★MotoGP2017 6/7時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017オランダGP FP3結果
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「新品タイヤでのフロントのフィーリングが課題」
★MotoGP2017ドイツGP FP3結果
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「2019年はDucatiファクトリーで走りたい」