★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」

開幕からの2戦よりは良い状態と語るロッシ選手はFP2を終えて4番手。このままFP3〜予選も良い順位で終えれば、決勝レースでも期待出来そうです。

Sponsored Link

ヴァレンティーノ・ロッシ

「今までの2戦に比べたら良いスタートですね。2つとも最悪でしたから。アルゼンチンではバランスをかなり変えて、今はかなり良いフィーリングになりました。大事な事が理解出来たと思います。トラックはかなり違うんですが、バイクはアルゼンチンからあまり変えていません。それでも朝の段階からトップ10でしたし、トップとも離れていませんでした。まだ色々と調整出来そうですが、ベースセッティングはより理解出来ました。」

「これはけして終わらない作業ですし、ビニャーレスとマルケスは自分よりずっと速いですから。ただ他の2つのレースと比べると良いですね。より良い感じでバイクに乗れますし、ソフトフロントタイヤのケーシングも悪くありません。自分としては未だに異なるケーシングのものを試すのは悪くないと思います。ただこれは自分のためだけではなく、皆のためにもです。自分はそちらのタイヤのほうが少し安定感を感じるんです。ただ今のタイヤを使えるようにバイクを修正するのも良いことですし、どうなるか見てみましょう。」

「午後にソフトタイヤで良いラップが出せました。4位タイムですけどペースに関してはまだ作業が必要です。特にブレーキングで止まりづらいんです。ただカタールやアルゼンチンと比べたら遥かに良いスタートです。このトラックではウイングレットが助けになるでしょうね。低速から加速するシーンが多いですから。ただバイクの向き変えも多く、自分達のバイクは少し重いようなので、ノーマルのカウリングのほうが良いです。ただうちのバイクは他の部分では良いですよ。バンプがありますから完璧なラインで走るのは無理ですね。バンプの少ないラインを選んでモトクロスのように走らないとね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017ロリス・バズ「マルケスに勝てるのはビニャーレスだけ」
★MotoGP2017 マルケス「昨年のプレーシーズンよりは少し良い状態」
★MotoGP2017 ミシュランMotoGPタイヤに関する10の事実
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「今年の目標は10位以内で完走すること」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ホームGPのファンの前でDucatiを乗るのが待ちきれない」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「今週も最大の力で良いレースをしたい」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「チャンピオンシップは再び接近している」
★MotoGP2017フランスGP Q1結果
★MotoGP2017フランスGP 予選3位ザルコ「1列目でスタート出来るなんて最高」
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★MotoGP2017フランスGP 7位フォルガー「レース序盤のペース改善が必要」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「腹部と胸部にまだ痛みがある」
★MotoGP2017イタリアGP ギュントーリ「ここで再びレースが出来る事が嬉しい」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「なぜ限界でのトレーニングが必要なのか?」
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンはヤマハに合っているはず」
★MotoGP2017ドイツGP 11位ロレンソ「後半にバイクを曲げるのが難しくなってしまった」
★MotoGP2017ドイツGP 9位ザルコ「今日はジョナスのようなペースでの走行は無理だった」
★KTM ミゲル・オリベイラ「MotoGPマシンに乗るのは全てのライダーの夢」
★MotoGP2017 アルバロ・バウティスタ2018年もAsparから参戦