★MotoGP2017アメリカGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳

アメリカGPの予選プレスカンファレンスの全文翻訳です。今回は5年連続でポールポジションを獲得したマルケス選手と、非常に接近したタイムを記録したビニャーレス選手に明日のバトルについて、またFP2と大きくコンディションが変わった今日のFP3でのミシュランタイヤのパフォーマンスなどについて質問が出ていました。ロッシ選手に対してソーシャルメディアから無茶振りの質問をするというのが、段々と定例化してきましたね(笑)

 

ニック・ハリス

「それでは、ここではポールポジションを獲得するのを見慣れた感があるマルケスから始めましょう。」

マルク・マルケス


「今日は良い1日でした。昨日は自信を得るという面で少し苦戦しました。今日はFP3が自分にとってあまり良くないようであっても、2台のセッティングの異なるバイクを試して、片方のバイクに関して”これが正しいバイクだ”と感じ、良いフィーリングを再び感じる事が出来ました。FP4ではユーズドタイヤに良い感触を感じ、予選ではヤマハがソフトタイヤと新品タイヤで非常に強い走りをしていたので、ポール獲得は難しいと思っていました。その後また苦戦したんですがタイムを改善出来てポールを獲得出来ました。非常に良かったですね。」

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「今朝のコンディションには驚きましたか?多くのライダーが転倒しました。」

マルク・マルケス

「ええ。今朝のコンディションは非常にクリティカルでした。最初の転倒はスロットルを開けすぎた自分のミスです。昨日はあのコーナーで失っているタイムが多かったんですが、最終的には良いラインを見つける事が出来ました。2度目の転倒は妙でしたね。ゆっくり走っていましたしブレーキもかけていない状態だったんですが、リアがロックしたんです。もしかするとタイヤが冷えていたのかもしれません。明日は気温がどうなるかですね。タイヤ選択がレースにおいて非常に重要になると思います。

 

ニック・ハリス

「皆の関心はあなたとビニャーレスのバトルに集中しています。」

マルク・マルケス

「明日のペースは他のどのサーキットよりも似たものになるでしょう。このサーキットは今まで自分にとって非常に良いサーキットですが、明日はマーヴェリックにも優勝のチャンスがあると思います。彼は最初からプッシュすることが出来るでしょうし、彼は自信を持っています。彼と同じペースで最後まで走りたいと思います。」

 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それではビニャーレス。今のところ転倒もなく良い週末ですね。」

マーヴェリック・ビニャーレス


「ええ。2秒8というタイムを見た時は、FP3、FP4と比較して 凄いタイムなのでポールを獲得したと思ったんですが、マルクはさらに素晴らしいタイムでポールポジションを獲得しました。彼にはおめでとうと言わざるをえません。ただ、バイクは良い形で機能していますし自信もあります。序盤からプッシュ出来ますしね。明日はまた改善が必要な内容がありますが、しっかりと準備出来ていると思います。ポジションには満足ですし、明日はプッシュして100%の力を発揮したいです。」

 

ニック・ハリス

「マルクとは激しい戦いになると思いますか?」

マーヴェリック・ビニャーレス

「そう願いますし、最後まで彼について行きたいですね。今週はずっとレースの最終ラップに向けてハードに作業をしています。良いペースがありますし、良いスタートをする必要があると思います。レースに向けて何がベストなのかを考えたいと思います。」

 

ニック・ハリス

「ヴァレンティーノとのことはパルクフェルメでも話ましたが、一瞬頭に血が上ったということでした。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「トラックでは起きることです。自分は良いラップをしていてヴァレンティーノは自分に気づかず彼のラップを初めていたので。。あの状況を理解するのは難しいですけど、多くのライダーが走っていましたから、ヴァレンティーノだけでなく他のライダーともああいう事が起きた可能性もあります。ライダーは良いラップを走って来た時は、それを良い形で終えたいものですから。セクター3には多くのライダーが溜まっていたんですよ。ただ最終的にはハッピーです。良い仕事が出来ましたし自分達の内容に集中していましたし、今日はヤマハの力を100%発揮出来ると思っていました。明日はネガティブな部分を少し直したいと思います。」

 

ニック・ハリス

「マーヴェリックありがとう。それでは3位のヴァレンティーノ・ロッシ。前の2人とは少し差がありますが、1列目スタートです。」

ヴァレンティーノ・ロッシ


「ええ。カタールでアルゼンチンが雨の中でしたから、これが初めての予選走行だったと言えます。ですから15分間でポテンシャルを理解するというのが重要でした。ただバイクのフィーリングは良いですし、クリアラップが取れれば良いポジションを獲得出来るのはわかっていました。ただトラックも混んでいてしっかりとした戦略を練る時間がありませんでした。ですから時間内にクリアラップでタイムが出せたのはラッキーでしたね。1列目でスタートするのは常に重要です。マルケスとビニャーレスに付いていこうと思いますが、同時にペドロサとザルコが非常に良いペースなので後ろも気にする必要があります。明日は表彰台争いは非常に厳しいものになるでしょう。

 

ニック・ハリス

「明日のレースはタイヤチョイス、そして天候がまた非常に重要になるでしょうね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ええ。今朝は最悪でした。コンディションが最悪でタイヤへの影響が大きかったですね。バイクに乗るのがかなり怖かったんです。ですから明日は今日のような寒さではなく、冷たい風が吹かないことを願いましょう。」
 

ニック・ハリス

「ヴァレンティーノありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「明日は2人の直接対決になり、ラストラップでのバトルもあるかと思いますが、あなた方のアプローチはどのようなものでしょう?マルク、あなたは優勝してポイントを獲得しにいくというリスクを冒しますか?またマーヴェリック、あなたはポイント上でアドバンテージがありますから、ここはマルケスが速いなということで2位に甘んじるのでしょうか?」

マルク・マルケス

最終ラップに優勝の可能性があるのであれば挑戦しますし、彼もそうするでしょう。それは誰でも同じだと思います。今はカレンダー上の第3戦で、優勝を狙って完走できなくなることもあるかもしれません。ただいずれにしても明日のコンディション次第ですね。多かれ少なかれ今日のようにタイヤの状況がクリアであるかどうか、今日より暖かいか冷たいかによってタイヤの選択は変わってきます。ですからその部分を理解することが重要です。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「最終ラップはベストを尽くします。もし優勝のチャンスがあるのであれば狙っていきます。まだ3戦目ですから、優勝出来るチャンスがあるならそれを取りにいくのは当然です。あとはマルクが言っていたように今日より暖かいか冷たいかでタイヤの選択が変わりますし、これが非常に重要になるでしょう。そしてこれが特に最終ラップにかけて重要になるでしょうね。最終ラップまでバトルが続けば最高ですね。」

 

Q

「マルクはあなたを負かさねばなりませんが、あなたは基本的に彼の後ろで2位で問題ないわけですからアドバンテージを感じますか?」

マーヴェリック・ビニャーレス

「時にはアドバンテージになりませんね。時には誰かを負かさねばならないほうがモチベーションになる場合があります。ただ今週末は非常に良い仕事が出来ていると思います。常にバイクの100%の力を引き出せていますし、優勝は狙っていきますし、さらに速く走ることに挑戦していきます。そして最大限のポイントを持ち帰ることが出来るようにしたいと思います。」

 

Q

「ヴァレンティーノ、今はフロントエンドに関しては完全に満足出来ている状態ですか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「機能のノーマルコンディションでは良い感じでしたね。今日はより苦戦しましたけど、予選では良いフィーリングでしたね。ただ今日から明日にかけて、少し速く走るために作業が必要です。」

 

Q

「マルク、先週はレースはアタックしない限りそれを理解することは出来ないと話してくれました。これがあなたのレースに対する考えだと思いますが、明日に関しても同じアプローチをするのでしょうか?」

マルク・マルケス

「これはフィーリング次第ですね。まずはウォームアップを終えてバイクに対してどのようなフィーリングを感じるか、それで自分の自信などを確認してどうなるかですね。ただアタックの機会があるのであれば当然それはアタックするのみです。このサーキットは自分にとって4年連続で良いサーキットなわけですが、明日はまた別のレースですし、マーヴェリックが自分を負かす可能性もあるわけで自分のこの連続優勝を止めるかもしれません。それに他のライダーにも可能性があります。ヴァレンティーノも毎週日曜に非常に速いですからね。明日にならないとわかりませんが、チャンスがあれば当然トライするのみです。これは自分がアルゼンチンでそうしたように、またカタールでそうしたようにね。」

 

Q

「似たような質問ですが、明日は完走するということがチャンピオンシップにおいて非常に重要だと思いますか?またこれに関してどの程度意識しているのでしょうか?」

マルク・マルケス

「完走すること、そしてポイントを獲得するということは、チャンピオンシップにおいて常に重要なことです。ただ最終的にチャンピオンになりたければリスクを取らねばなりません。レースにおける瞬間、いくつかのコーナー、これはその時点にならないとわかりません。ただ、この時点ではもし負けたら。。という考え方は出来ません。そうすると100%スロットルを開けているところが90%になりますからね。ただヤマハのライダー達は非常に強いですし、彼らのレベルに到達しようとしているわけですからプッシュする必要があります。」

 

Q

「マルク、FP3では2つのバイク、2つの異なるセットアップを試していたと話していました。この2つのセットアップの違いを説明してもらえますか?そしてなぜ最終的に選んだほうのセットアップを選んだのでしょう?」

マルク・マルケス

「今日は自信を得るのが難しかったので、そういった観点で作業をしていました。ただ詳細についてはボックス内の話ですからお話できません。ただ今年のエンジンはバイクのバランスの変化が大きくて、そのバランスを見つける必要があるんです。ただ、徐々にですが良いベースに近づきつつあります。他のサーキットから他のサーキットへと向かう中での問題点は、バランスを変えすぎることなんです。これがバイクのフィーリングに変化をもたらし、限界が変わり、それによって(バイクから得られる)自信も変わってしまうんです。ですから自分にとっては良いベースを見つける事が非常に重要なんです。アルゼンチンからここにかけて、徐々に良い形に近づいています。」

 

Q

「別の日にライダー達はトラックのバンプが多いと不満を漏らしていました。バンプが練習走行の中で問題を引き起こしているのか、冷たい路面なのか、風なのかどうでしょう?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「残念ながら昨年と比べるとトラックのコンディションは良くないですね。ターン2、ターン3、それに他の箇所、ターン18なんかもそうです。これがどういうわけなのかはわかりませんけどね。ただ今朝の転倒の多くはここで発生していました。もちろん気温も低かったですし、これらのコーナーのバンプは非常に深いんですよね。」


 

Q

「マーヴェリックが後ろにいた時、非常に奇妙なラインで走行していました。エントリーで非常に遅く立ち上がりで非常に速いという走り方をしていました。何かをしようとしていたのか?マーヴェリックが後ろのいるのはわかっていたんでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「正直どうなっていたのかというのはわからないんです。あの時の映像をチェックする時間がなかったんです。自分は何も感じなかったので接触はしていません。ただその後マーヴェリックが自分に何かを言っているのがわかったんですが”ファッ◯何が起きてるんだ?全くわからない”って状態でした。(会場(笑))問題は多くのライダーがアウトラップでプッシュしてセクター4に近づくとスローダウンするという走り方をしていたからだと思います。そうしてラップタイムをわざと遅くするようにね。ですから、自分も同じような走り方になっていたんでしょう。ただ本当にマーヴェリックが後ろにいるのは気づかなかったんです。」

 

Q

多くのライダーがミシュランタイヤはタイヤが機能する温度域が狭いと不満を述べていました。特に今日は寒く風もあり、十分にソフトなタイヤがないというのも転倒の原因になったということでしたが、あなた方も同じように感じていますか?」

マルク・マルケス

「今年はケーシング変わってソフトなものになりました。それでハードコンパウンドまでスタビリティを持たせるという作りになっています。ですからハードなコンパウンドになるほど、転倒するまでの危険信号が少ないんです。ですから簡単にフロントから転倒するんです。ですからホンダのライダー達はアルゼンチンのターン2で転倒しましたし、今朝も特にその傾向がありました。ですがなんとか解決方法を見つけないといけません。全てのライダー、セーフティーコミッション、ミシュランと共に良い提案が出来るように、将来的に良いタイヤを作れるように作業をしているんです。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「マルクが言ったように、より良いコンパウンド、フロントタイヤを見つけようとしているんです。ですから今日は本当にこれは致命的な問題でした。ただ、昨日は暑く今日は寒いという問題もありました。それに今日に関しては寒さよりも風の影響が強かったですね。風が強くそして風が冷たいので、長いバックストレートでタイヤの温度が下がってしまうんですよね。難しい状況ですけど状況を変えていく必要があります。こうした寒い状況でも問題が出ないようにね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「問題はライダー達がここまでのコンディションの変化がタイヤに与える影響を予想していなかったことでしょうね。実際のところフロント、リア共にソフトタイヤは使用出来ましたから。ただ自分は気温が昨日より20°ほど低いからといって問題は無いだろうと思っていましたからミディアムタイヤを使用しました。レースではミディアムも他のタイヤも使えるでしょうから。あとは風でしょうね。冷たい風のせいでタイヤが適温まで温まらなかったのが問題だったんでしょう。その状態ではバイクは乗ることが難しいですよね。」

 

Q

「レースにおける1コーナーは非常に重要です。ターン1ではインサイドとアウトサイドのどちら側にいたいですか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「いつも何が起こるかというのは予測が難しいんです。スタートから1コーナーに到着するまでには6つは予測出来無いことが起きますから。ですからフロントローで良いスタートをすることが重要になってくるんです。もし混乱に巻き込まれなければそのほうが良いですからね。ただ実際にはその時点にならなければわかりません。」

 

Q

「コーナーエントリーで快適に感じるためにセットアップを色々変えたという話をしていました。またミシュランタイヤで快適に走れるようにライディングスタイルも変えたりしているんでしょうか?それとも改善というのはセットアップに留まる話なんでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ライディングはそこまで変えていません。どちらかというとバイクのバランスのほうです。ブリヂストンからミシュランへの変更というのは変化は感じますが、そこまで大きな話ではないんです。確かに多少の変化は必要ですけどね。」

 

Q

「明日はマルクとマーヴェリックとフロントで一緒に戦えると感じますか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「そう願いますし、挑戦したいと思います。カタールでもアルゼンチンでもレースになると自分は速かったですから。ただ現時点では2人のペースのほうが速いですし、ラップ全体で自分よりも速く、2人のペースは似通っています。ですから一緒に走るというのは非常に難しいでしょう。ただフロントロースタートから良いスタートをしようと思いますし、全力で走りたいと思います。明日はまた別の日ですからコンディションも変わるかもしれません。バイクへのフィーリングを理解することが非常に重要ですし、レースの中でどう感じるかも重要です。というのも今日とはまたフィーリングが違うかもしれませんから。」
 

ニック・ハリス

「それではメディアからの質問は以上で、スティーブ・デイにソーシャルメディアからの質問をしてもらいましょう。」

 

Q

「ヴァレンティーノ。。(笑)」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「既に嫌な予感がするね(笑)」

Q

「Twitterからマルコの質問です。マルク、マーヴェリック、カル、ホルへがピザのトッピングだったら。。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「えっ?何だって?」(※会場爆笑)

Q

「マルク、マーヴェリック、カル、ホルへがピザのトッピングだったら、それぞれ何になるでしょうか?そしてそれはなぜ?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「自分にはいつも一番難しい質問が回ってくるなぁ。(笑)いや難しいですね。マルケスはサラミピカンテで。。ええと。。マーヴェリックはマッシュルーム入りのピザかな。いつも食べてるんだよね。(笑)カルはフレンチフライ入りのピザだね。ホルへは何かこう強烈なトッピングだよね。大量の唐辛子入りのピザかな(笑)これでOKかな?」

 

Q

「完璧です(笑)マーヴェリック、クリスティー・ディクソン Facebookからの質問です。明日最終ラップでバトルをしなければならないとしたら、マルケスとロッシどちらと戦いたいですか?」

マーヴェリック・ビニャーレス

「マルケスですかね。最終的にチャンピオンシップ上ではヴァレンティーノのほうが近くにいますからね。」

 

Q

「ありがとう。それでは最後にマルク、ジュリアンがFacebook経由で質問をしているんですが、まず最初はQ1のバズについてです。ああいった状況をセーブする”キング”と言えるあなたですが、ロリス・バズのあのセーブを採点するとしたら?そして彼に少しチップをあげてください。というものです。」

マルク・マルケス

「今日は少し残念ですよね。ポールポジションは獲得しましたけど、ベストセーブ・オブ・ザ・イヤーは彼に取られてしまいましたから(笑)あれはホントに凄かったですね。自分はボックスの中で見ていたんですが、彼のセーブを見れて嬉しかったですね。あれは自分がテストの時に経験したようなセーブと同じくらいのものでしたよね。ただ今回彼のセーブはスローモーションでカメラが捉えていましたから、彼におめでとうと言いたいですね。間違いなく今年一番のセーブですね。」

 

ニック・ハリス

「皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Pramac Ducati写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★MotoGP2017 アレックス・リンス練習中に右足首を骨折
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017ヘレステスト 初日結果
★MotoGP2017フランスGP FP1結果
★MotoGP2017フランスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「ライバル達に全力でついていきたい」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017ミシュラン オランダGPプレビュー
★MotoGP2017オランダGP Q2結果
★MotoGP2017 ロリス・カピロッシ GSX-RRを語る
★MotoGP2017イギリスGP クラッチロー「今日の結果はあくまで今日だけのもの」
★MotoGP2017 少しづつ、着実に前進を続けるKTM
★MotoGP2017サンマリノGP 優勝マルケス「キャリアの中でもベストと言えるレース」
★MotoGP2017アラゴンGP リンス「アラゴンでも成長を続けたい」
★MotoGP2017アラゴンGP優勝 マルケス「いくつも危ない瞬間があった」
★MotoGP2017アラゴンGP4位 ビニャーレス「今のパッケージで30ポイント取り戻すのは難しい」
★MotoGP2017オーストラリアGP ミラー「足の回復具合は、ほぼ100%」