★MotoGP2017アメリカGP予選5位 ザルコ「トップの選手についていって学びたい」

予選では一瞬フロントローか?と思われたザルコ選手ですが、最後の最後でロッシ選手とペドロサ選手がタイムアップしたことで5位スタートとなりました。以前、”チャンスがあればカタールと同じ状況を再現して良い形でコントロールしたい”と話していましたが、明日はまさにその絶好のチャンス。期待しましょう。

予選5位 ヨハン・ザルコ

「今日はチーム、自分も非常にポジティブな内容で予選結果にも満足しています。Q2では皆と同じくソフトコンパウンドのタイヤを使用しました。そしてヤマハのフィーリングは非常に良かったです。非常に良いタイムを記録出来て、最終的に3位タイムを獲得出来ました。ただその後にロッシ、ペドロサという多くの経験を持つ2人が彼らのタイムを向上させて、結局5位になってしまいました。ただそれでもリザルトとしては素晴らしいですし、このチャンスを活かして良い結果を得たいと思います。」

Sponsored Link

「良いスタートをしてトップの選手達に可能な限り付いていって、彼らから学びたいですね。というのもこれが最高のレッスンになるわけですから。今週を通じて考えていたのは、レースに備えることです。ただ同時に必要な時には良いラップタイムを刻む事が出来ました。まだ学習している最中ですし、フロントに近づくにはまだ時間が必要です。ただ、現状は全てが順調に進んでいますから笑顔になれるんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link