★MotoGP2017アメリカGP 決勝レース結果

アメリカGPの決勝レース結果です。今回のレース一番驚きはビニャーレス選手が2周目に転倒でリタイアしたことでしょう。これで1980年のケニー・ロバーツ以来となる、最高峰クラスで新しいチームに移籍した後、3連勝を上げるという記録への挑戦は絶たれてしまいました。

レースはペドロサ選手とマルケス選手がリードし、途中ザルコ選手とロッシ選手が接触しかかるという瞬間もありました。ロッシ選手はインに飛びこんで来たザルコ選手にイン側を塞がれたために、コースアウトせざるを得ませんでしたが、「ターン4でアドバンテージを得た」としてレース終了後に0.3秒の加算ペナルティーを受けます。

Sponsored Link

その後のレースはマルケス選手がペドロサ選手を交わしてそのまま1位でゴール。これで前人未到のCOTA5連勝を達成しました。2位は終盤にペドロサ選手を抜いたロッシ選手。これで一気にチャンピオンシップリーダーとなっています。3位にはロッシ選手と競り負けてしまったペドロサ選手。4位は終盤にザルコ選手を抜いたクラッチロー選手、5位は3位を狙える位置で走っていたザルコ選手。6位ドヴィツィオーゾ選手、7位は中盤から追い上げたイアンノーネ選手、8位ペトルッチ選手、9位はずるずると順位を落としたロレンソ選手、10位ミラー選手となりました。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ペドロサ「テストごとに自信が高まっている」
★MotoGP2017 イアンノーネ「良い形で妥協点を見つける事が出来ていない」
★MotoGP2017カタールGP マルケス「テストの時よりも良いフィーリング」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★MotoGP2017 ミシュランMotoGPタイヤに関する10の事実
★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★MotoGP2017フランスGP ザルコ「M1は表彰台を獲得出来るポテンシャルがある」
★MotoGP2017フランスGP FP2結果
★MotoGP2017イタリアGP 2位ビニャーレス「今日の結果には本当に満足」
★MotoGP2017 ウィルコ・ズィーレンベルグが語るビニャーレス
★MotoGP2017チェコGP チーム代表プレスカンファレンス(チーム代表が語るMotoGP2017)
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの代役としてマイケル・ファン・デル・マークが参戦
★MotoGP2017ロッシ 水曜日の終わりまでにアラゴンGP出場について判断
★MotoGP2017アラゴンGP リンス「アラゴンでも成長を続けたい」
★MotoGP2017アラゴンGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「2017年型のM1で走っていて快適だったことは一度もない」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ バレンシアGP決勝レースリリース