★MotoGP2017アメリカGP優勝 マルケス「簡単に見えたかもしれないが難しいレースだった」

予選からの圧倒的な速さはそのままに、COTA5連勝を記録したマルケス選手。一時期離されていたチャンピオンシップスタンディングでも3位に戻ってきました。これで良い気分でヨーロッパラウンドを迎える事が出来るでしょう。

Q

「マルケス相変わらずテキサスの王者ですね。これで5年で5度の優勝です。今日はマーヴェリックと接線になると予想されていましたが、彼が転倒した後に優勝出来るという考えが頭をよぎったんでしょうか?」

Sponsored Link

アメリカGP優勝 マルク・マルケス

「簡単に見えたかもしれませんが難しいレースでした。特にハードフロントタイヤを選んだので、序盤は落ち着いて走るように心がけていました。金曜はハードタイヤを使用していなかったので、どんなフィーリングなのかわからないでいたんですよね。すぐにチャタリングのような症状が気になりましたが、他の選手も後半グリップが落ちるはずだと言い聞かせて走りました。そしてその後は最後までコンスタントに走ることが出来ました。その後3秒、4秒と差が開いて、この差を維持できるようになりました。アルゼンチンの後はチャンピオンシップ争いで遠いところにいましたが、今や非常に接近してきましたから嬉しいですね。チャンピオンシップは長いですから情熱を持ってチームと共に懸命に作業をして行きたいと思います。ステップ・バイ・ステップで改善をしていますからね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ミシュラン ニコラ・グベール インタビュー
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「チャレンジングな1日だった」
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」
★MotoGP2017イタリアGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017イタリアGP 8位ロレンソ「20年間続けたライディングは簡単に変えられない」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「なぜ限界でのトレーニングが必要なのか?」
★MotoGP2017ドイツGP 予選3位ペドロサ「先週と同様のコンディションで良い仕事が出来た」
★MotoGP2017ドイツGP 予選2位ペトルッチ「いずれのコンディションでもトップ5は可能」
★MotoGP2017 クラッチロー「イギリスGPを開催するならドニントン。シルバーストーンは退屈」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「ピットインの合図をもらったが、バイクが用意されていなかった」
★MotoGP2017ブルノテスト ビニャーレス「バイクから再び良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「良い週末にして表彰台を狙いたい」
★MotoGP2017イギリスGP ロレンソ「シーズンで最高の状態で迎えるレースとなる」
★アプリリア 2017 MotoGP日本グランプリ
★MotoGP2017ミシュランタイヤ 日本GPプレビュー
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてMonkey 125を出展
★MotoGP2017 HRCリヴィオ・スッポ 辞任プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー ヨハン・ザルコ