★MotoGP2017アメリカGP7位 イアンノーネ「完走を優先してレースを終えた」

アメリカGPで初ポイント獲得となったイアンノーネ選手は、常にトップ、トップ付近でレースを終えるという考えを改め、完走を優先したとのこと。

アメリカGP7位 アンドレア・イアンノーネ

オースティンでアンドレア・イアンノーネは今年始めてのポイントを獲得。イアンノーネはカタールで転倒、アルゼンチンでは16位だったが、ここに来てようやくポイントを獲得した。イアンノーネはロレンソより前の7位には満足していないが、リスタートのために確たるポジションであると言えるだろう。

Sponsored Link

アンドレア・イアンノーネ

「冬眠していたんですよ。でもライオンなんです。残念ながら望んだような戦闘力を発揮出来ませんでした。自分の期待が大きすぎたのかもしれません。ですから目標レベルを下げて、完走出来る位置でレースを終えたんです。」

 

Q

「スタート前の感触はいかがでしたか?」

アンドレア・イアンノーネ

「ハードに仕事をする仕事があるのはわかっていました。このレースは基本的にはテストのような感じですね。時には改善がありますし、時にはそうではありません。ただ自信はあります。」

 

Q

「昨日は非常に怒っていましたね。」

アンドレア・イアンノーネ

「ある状況の中で自分に厳しすぎたのかもしれません。レースをするのであればトップ、もしくはトップの近くで終える事だと思っています。全てが真っ暗に見える事もありますが、時にはそれがクリアになることがあります。すぐにそれに反応出来ると思っていますし、それが望む未来です。」

 

Q

「初めてのポイント獲得は良いポイントでしたね。」

アンドレア・イアンノーネ

「今日はポジティブなレースだったと思います。明らかに結果には満足していません。ただ、今の時点ではトップになれないこともわかっています。」

 

Q

「あるポイントではファステストタイムと同じようなタイムで走っていました。」

アンドレア・イアンノーネ

「セクター1は戦闘力がありました。残念ながらセクター3で0.8秒失っています。スズキは旋回に多くのスペースが必要なんです。後半に燃料を消費したことで、バイクはより軽快になりましたね。」

 

Q

「今回はロレンソの前での完走となりました。」

アンドレア・イアンノーネ

「ホルヘの後ろでかなり時間を無駄にしました。長年Ducatiのエンジンに助けられてきましたけど、今回は頭にきましたね(笑)」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「明日はセクター2のタイムアップを目指す」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 2位ロッシ「チームにも自分にも良い結果になった」
★MotoGP2017アメリカGP FP1結果
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「良い仕事が出来るはず」
★ヴァレンティーノ・ロッシ「ニッキー、皆が君のそばにいるよ」
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「ムジェロをMotoGPバイクで走るのは楽しみ」
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017ドイツGP Q1結果
★KTM ミゲル・オリベイラ「MotoGPマシンに乗るのは全てのライダーの夢」
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★MotoGP2017ブルノテスト ドヴィツィオーゾ「新しいフェアリングはオーストリアでアドバンテージとなる」
★MotoGP2017チェコGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オーストリアGP7位 ロッシ「12周目に以降にリアタイヤのグリップが落ちてしまった」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「アラゴンでM1に乗ってみることにした。」
★MotoGP2017アラゴンGP12位 イアンノーネ「今までのレースより苦戦しなかった」
★MotoGP2017日本GP 写真ギャラリー
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選11位ドヴィツィオーゾ「スタートが非常に重要」