★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?

ザルコ選手がロッシ選手に仕掛けたオーバーテイクがアグレッシブだったのかどうかについて、プレスカンファレンスではいろいろな意見が出ていました。ザルコ選手のオーバーテイクによってペナルティーを受ける形になったロッシ選手は「ここはMoto2ではない」と語り、マルケス選手は「自分がアグレッシブなオーバーテイクをするのなら、そういうオーバーテイクをされる事も想定しないと」と語ります。Moto2、250ccとの比較についてのmotomattersのエメットさんの質問も興味深いですね。

ヴァレンティーノ・ロッシ

「問題はレースディレクションではなくてザルコだと思います。彼は常に速くバイクを素晴らしい形で操ります。才能もありますが、ここはMoto2ではありません。もしオーバーテイクしたいのであれば別の方法でオーバーテイクする必要があります。彼はいつもオーバーテイクをかなり遅めのタイミングでかけてくるんです。彼はもう少し大人しくしている必要があるでしょう。」

Sponsored Link

マルク・マルケス

「オーバーテイクは確かにアグレッシブなものでしたけど、結局のところ皆が100%でプッシュしていますし、自分もヴァレンティーノもアグレッシブなライダーです。過去も現在もアグレッシブなオーバーテイクをしてきましたし、この先もアグレッシブなオーバーテイクをするでしょう。自分がアグレッシブなオーバーテイクをするのであれば、他のライダーもアグレッシブなオーバーテイクをしてくると理解する必要があります。結局これはレースですからね。ペナルティーによってヴァレンティーノも特に何も失っていませんし。」

 

Q

「ヴァレンティーノ、ダニ、マルケスがMotoGPに初めて参戦した時、多くの選手が彼はアグレッシブ過ぎると話していました。Moto2ライダーはアグレッシブ過ぎると。今回のヨハンはMoto2はそこまでアグレッシブではないと話しています。これはMoto2に限った話なのか、同じように250ccから上がってきた選手はどうなのか?Moto2バイクを乗ることはライダーをアグレッシブにさせるということなのでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「これは難しいですね。明らかにMoto2は250ccとは違いますね。基本的には皆同じバイク、エンジンは同じですし、タイヤ、ブレーキも同じですから、オーバーテイクはより難しいでしょう。常にレースは接戦ですし違いを生み出すのは難しいでしょう。それが今回に当てはまるかどうかはわかりませんけどね。」

ダニ・ペドロサ

「これがクラスに関係しているのかどうかはわかりません。ただMotoGPにステップアップした時の経験から言えるのは、バイクの重量とスピードに適応した時、全てが異なるタイミングで起こるんです。シケインの時の動き、ブレーキングではさらにコーナーに速く到達してしまいますし、バイクはより重く、スペースはさらに狭く、ライダーはより上手いですから、こうしたタイミング全てを理解する必要があるんです。もちろん最初は異なったアプローチを取るでしょう。恐らくこれが原因というのもあるんじゃないでしょうか。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ブラッドリー・スミス「多くのデータが得られた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「まだまだ改善出来るポイントがある」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「良い仕事が出来るはず」
★MotoGP2017 5/23時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 マルケス「ニッキーは自分が弟であるかのように接してくれた」
★マン島TT2017 イアン・ハッチンソンが2度目の予選で最速タイムを記録
★MotoGP2017イタリアGP 予選5位ペドロサ「最初の数週に強い走りをすることが重要」
★MotoGP2017オランダGP FP3結果
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売
★MotoGP2017チェコGP リンス「力強さを感じる。フィジカル面でも良い状態」
★MotoGP2017サンマリノGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017サンマリノGP 3位ドヴィツィオーゾ「今日は16ポイント獲得を喜ぶべき」
★MotoGP2017ロッシ 健康診断の結果によってはアラゴンGPに参戦
★MotoGP2017ドヴィツィオーゾ 「ホルヘがDucatiに来たことで自分の評価も高まった」
★MotoGP2017マレーシアGP FP2結果
★MotoGP2017マレーシアGP イアンノーネ「立ち上がりのトラクションが課題」
★MotoGP2017バレンシアGP Q1結果
★MotoGP2018 モビスターヤマハ2018年のチーム体制を発表
★MotoGP2018アルゼンチンGP ザルコ「今回も1周目からレースをリードしていく」