★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?

ザルコ選手がロッシ選手に仕掛けたオーバーテイクがアグレッシブだったのかどうかについて、プレスカンファレンスではいろいろな意見が出ていました。ザルコ選手のオーバーテイクによってペナルティーを受ける形になったロッシ選手は「ここはMoto2ではない」と語り、マルケス選手は「自分がアグレッシブなオーバーテイクをするのなら、そういうオーバーテイクをされる事も想定しないと」と語ります。Moto2、250ccとの比較についてのmotomattersのエメットさんの質問も興味深いですね。

ヴァレンティーノ・ロッシ

「問題はレースディレクションではなくてザルコだと思います。彼は常に速くバイクを素晴らしい形で操ります。才能もありますが、ここはMoto2ではありません。もしオーバーテイクしたいのであれば別の方法でオーバーテイクする必要があります。彼はいつもオーバーテイクをかなり遅めのタイミングでかけてくるんです。彼はもう少し大人しくしている必要があるでしょう。」

Sponsored Link

マルク・マルケス

「オーバーテイクは確かにアグレッシブなものでしたけど、結局のところ皆が100%でプッシュしていますし、自分もヴァレンティーノもアグレッシブなライダーです。過去も現在もアグレッシブなオーバーテイクをしてきましたし、この先もアグレッシブなオーバーテイクをするでしょう。自分がアグレッシブなオーバーテイクをするのであれば、他のライダーもアグレッシブなオーバーテイクをしてくると理解する必要があります。結局これはレースですからね。ペナルティーによってヴァレンティーノも特に何も失っていませんし。」

 

Q

「ヴァレンティーノ、ダニ、マルケスがMotoGPに初めて参戦した時、多くの選手が彼はアグレッシブ過ぎると話していました。Moto2ライダーはアグレッシブ過ぎると。今回のヨハンはMoto2はそこまでアグレッシブではないと話しています。これはMoto2に限った話なのか、同じように250ccから上がってきた選手はどうなのか?Moto2バイクを乗ることはライダーをアグレッシブにさせるということなのでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「これは難しいですね。明らかにMoto2は250ccとは違いますね。基本的には皆同じバイク、エンジンは同じですし、タイヤ、ブレーキも同じですから、オーバーテイクはより難しいでしょう。常にレースは接戦ですし違いを生み出すのは難しいでしょう。それが今回に当てはまるかどうかはわかりませんけどね。」

ダニ・ペドロサ

「これがクラスに関係しているのかどうかはわかりません。ただMotoGPにステップアップした時の経験から言えるのは、バイクの重量とスピードに適応した時、全てが異なるタイミングで起こるんです。シケインの時の動き、ブレーキングではさらにコーナーに速く到達してしまいますし、バイクはより重く、スペースはさらに狭く、ライダーはより上手いですから、こうしたタイミング全てを理解する必要があるんです。もちろん最初は異なったアプローチを取るでしょう。恐らくこれが原因というのもあるんじゃないでしょうか。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト レプソルホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「全ての面で向上を続けることが必要」
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP4結果
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ インタビュー「Ducatiへの移籍は自分のため」
★MotoGP2017アメリカGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017アメリカGP予選9位 クラッチロー「転倒がなければ3番手だった」
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ2018年もテック3ヤマハから参戦
★MotoGP2017フランスGP Q2結果
★MotoGP2017イタリアGP ピッロ「良いベースセットアップはある」
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「良いテストが出来た」
★KTM ミゲル・オリベイラ「MotoGPマシンに乗るのは全てのライダーの夢」
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも...
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「後半戦に向けて集中が必要。もうミスは出来ない」
★MotoGP2017ブルノテスト ロッシ「新しいフェアリングは良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017ブルノテスト マルケス「オーストリアに向けてアイディアがある」
★ティト・ラバトのMoto2タイトル獲得マシンがEbayに出品?と思われるも、実際は別物
★MotoGP2017イギリスGP FP4結果
★MotoGP2017ヤマハ シルバーストーンで2018年型プロトタイプシャーシを使用していた
★MotoGP2017サンマリノGP Q2結果