★オークネット 中古バイクオークション 3月成約排気量別ランキング

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/社長:藤崎清孝)は、2017年3月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングベスト5をまとめました。  当ランキングは、全国約4,000店のバイク販売店が、販売プロセスの一環であるオークネット バイクオークションを利用し、ご成約頂いた車両について、排気量別に分けて集計したものです。

<250ccクラス> オフロード車に根強い買いが目立つ

ヤマハWR250Rは評価2点車でも31.4万円の高価格を付けて堅調です。ヤマハDT200Rの評価3点車も16.8万円、17.0万円といずれも落札価格は高値で安定しています。オフロード系は、この他にもヤマハセロー250の評価4点車が35.8万円と堅調な価格でした。一方ホンダCBR250(MC41)は、新型車の影響か評価4点車でも15万円止まりと低価格での状況がつづいています。スズキボルディは、評価3点中中*で5.6万円と平均的な価格です。

Sponsored Link

<400ccクラス> アメリカンタイプにも高い相場復活のきざし

輸出次第で相場変動の大きいホンダシルバーウイング400、応札があれば評価2点車でも8万円~9万円で落札する車種になっています。398ccのホンダCB400Fは評価3点中下*で102万円の高値がつき、根強い人気車種として復活しています。アメリカンタイプではヤマハドラッグスター400は評価3点車の10万円~16万円付近で、成約が多くなっています。この他、スズキイントルーダー400の平成26年、評価5点車は54.2万円と堅調な価格です。全体的にもバイクシーズンの始まりで堅調な車両が目立つようになっています。

<401ccクラス> 人気車に群を抜いた高値

大型車、程度の良いものには高値での落札が相次いでいます。カワサキZRX1200ダエグは、評価4点車で71万円~91万円と堅調です。価格が安定したヤマハYZF-R1は平成27年の評価5点車で179.8万円と群を抜いて高値をつけました。カワサキニンジャ1000ABSの平成26年、評価4点車は82.8万円の高値による成約です。珍しい車種では、ヨシムラトルネードS1の評価4上優*は285.0万円で成約し、価格を維持しています。

*評価について
「総合・外装・機能」の順番で表記。
 ・総合:10段階評価、(9~0点)
 ・外装:5段階評価、(優・上・中・下・劣)
 ・機能:5段階評価、(優・上・中・下・劣)

 今後もオークネットでは、モーターサイクル市場での成約ランキングのほか、様々な注目度の高い情報を発信して参ります。

※本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由にご利用ください。

本件に関するお問い合わせは 株式会社オークネット 
総合企画室 土屋貴幸、吉岡祐二、鹿島菜穂
TEL:03-6440-2530 MAIL:request@ns.aucnet.co.jp

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダNM4 Vultus 映画「GHOST IN THE SHELL」に登場
★TOP GEARでマット・ルブランクが1299スーパーレッジェーラをライディング
★KUSHITANI FIT&RIDE 2017~二輪の最新を体感できるイベントをNEOPASA清水で開催~
★トライアンフ 新商品・新店効果により4月過去最高の登録台数を達成
★スーパーバイク世界選手権2017 イモラ戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★Red Bull ホンダ ワールドスーパーバイクチーム ヘイデン選手へのお別れの言葉
★ヤマハ トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化 モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売
★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾ※で楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」 第2弾を公開!
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★ヤマハ TMAX530 DXが当たる! 首都圏ツーリングスタンプラリー開催
★ドゥカティ・パニガーレV4が、EICMA 2017来場者による人気投票で「世界で最も美しいバイク」アワードを受賞
★スズキ 2017年型GSX-R1000のレースにおける活躍を収めた映像を公開(パート1)
★ヤマハ発動機 オートカラーアウォード2017 ヤマハ発動機が二輪車初のグランプリを受賞
★ブレンボのマスターシリンダーに関するリコール ハスクバーナにも影響
★世界耐久選手権(EWC) イタリアでもさらなるファンの獲得を目指す
★英国ケンブリッジ公ウィリアム王子、トライアンフモーターサイクルズを来訪
★第45回東京モーターサイクルショー MOTO CORSEブース
★第45回東京モーターサイクルショー カワサキブース
★第45回東京モーターサイクルショー ヨシムラブース