★MotoGP2017アメリカGP ポル・エスパルガロのリタイア原因はクラッチトラブル

アメリカGP決勝ではマシンが煙を吹き出したためにリタイアを余儀なくされたポル・エスパルガロ選手。煙はクラッチトラブルによるオイル漏れが原因とのことです。

Sponsored Link

KTMは日曜のアメリカGP決勝でポル・エスパルガロが煙を上げてリタイアした原因はクラッチに問題が発生したためと明らかにした。エスパルガロはアルゼンチンで14位で完走。リタイアを余儀なくされた時はチームメイトのブラッドリー・スミス、サム・ローズの前となる18位で走行していた。チームマネージャーのマイク・レイトナーは次のように語る。

マイク・レイトナー

「ポルはクラッチに問題を抱えていました。これがオイル漏れに繋がりエンジンから煙が出たのです。」

ポル・エスパルガロ

「この問題について感じたのは2周目からです。ストレートで十分な速さがなく、いくつかのコーナーではフロントがかなり振られました。チームは今週末に新しいフェアリングを投入するなど様々な努力をしてくれましたし、ほとんど寝ていないんです。今日は本当に不運でした。何が出来たのかはわかりませんが、ポイントは獲得出来たかもしれませんね。ル・マンではヘレスで走った後に新しいパーツをテストします。これから良い方向に向かう気がしていますが、忍耐が必要です。」

ブラッドリー・スミス

「ポルのバイクから煙が出ているのを見た時はナーバスでしたね。その後はバイクとタイヤに気を配るようにして走り、チームのために重要な情報を収集することにしたんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link