★マルケスの2016年チャンピオンシップを追ったドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開

MotoGPの公式ページでマルケス選手の2016年チャンピオンシップ優勝に関するドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開されました。全体で80分ほどの英語のドキュメンタリー(スペイン語に対して英語字幕が付きますが、英語には字幕が付きません。)で、MotoGP.comのビデオパスを持っている方であれば、どなたでもご覧いただけます。


Sponsored Link

内容については2016年のプレシーズンの苦戦、カタールの開幕まであと1日の段階で、実は2015年エンジンのテストをしていた(※2016年エンジンのフィーリングが悪かったようです)という裏話、常にボックス内を陽気に保つスペイン人と、しかめっ面でダブルチェックを欠かさない日本人の働き方の違い、マルケス選手の子供時代より変わらない真っ直ぐな性格などなど、見終わった頃にはマルケスファンになってしまう事必須の素晴らしいドキュメンタリーです。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「ダウンフォースは以前のウイングレットに非常に近い」
★MotoGP2017 データから見るカタールテスト3日目
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのサーキットで速く走る事が出来ると証明出来た。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017ホンダ リヴィオ・スッポ「現状は落ち着いてパニックにならないことが重要」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「まだまだ改善出来るポイントがある」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「よく曲がるバイクに仕上げる事が必要」
★Ducatiパオロ・チャバッティ「2018年も、3つのサテライトチームにバイクを供給することになるだろう」
★MotoGP2017フランスGP 予選1位ビニャーレス「良い結果が出せると思っていた」
★MotoGP2017フランスGP 予選3位ザルコ「1列目でスタート出来るなんて最高」
★MotoGP2017 サム・ローズ「新カウルのウイリー抑止効果は高い」
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「常に優勝するというメンタルで臨むことが必要」
★MotoGP2017カタルーニャGP 優勝ドヴィツィオーゾ「マシン開発が最優先。チャンピオンシップ争いは視野にない」
★MotoGP2017カタルーニャGP 5位ヨハン・ザルコ「トップ集団に追いつけると思っていた」
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「雨が強まれば優勝出来ていた」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「常にトップ5を獲得しようとすることが大事」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★ホンダ 125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
★MotoGP2017 Avintia Ducatiロリス・バズ 腕上がりの手術成功