★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」

KTMのスミス選手によると、KTMの新型カウルは昨年のテック3ヤマハのM1についていたウイングレットよりもダウンフォースによる効果を感じながら、ハンドリングを妨げないとのこと。全体のパッケージが仕上がってきた後には大きなプラス要素になりそうです。

ブラッドリー・スミスによると、KTMがオースティンで使用した新しいフェアリングは、彼がヤマハで使用していたウイングレットとは”全く異なるコンセプト”だという。2017年シーズンからMotoGPに参戦するメーカー達は、ウイングレットの禁止によって失われたダウンフォースを取り戻すため、2017年の新しいエアロダイナミックフェアリングを開発している。今年から新たにMotoGPに参戦しているKTMは、フェアリングのデザイン数に制限を設けられていない唯一のメーカーであり、パドック内で最後にエアロダイナミックフェアリングを自らのバイクであるRC16でテストした。スミスとポル・エスパルガロはレースウィークの中でそれぞれ一回ずつフェアリングをテスト。スミスによると、KTMのアプローチは彼が昨年テック3ヤマハで使用したウイングレットと異なり、より効果的だという。

Sponsored Link

ブラッドリー・スミス

「うちのバイクの最大の問題はマシンがウイリーをしやすいということなんです。この新しいカウルはウイングレットがそういう効果を発揮していたように、フロントホイールを常に路面に押し付ける事が出来るんです。昨年乗っていたバイクについていたウイングよりも効果を感じます。このフェアリングは全く異なるコンセプトなんです。KTMのバイクには非常に有効ですね。オースティンでは少なくとも0.5秒はタイムアップに繋がるでしょう。これは昨年のバイクでの効果以上となります。」

エスパルガロは予選走行中にこのフェアリングを装着したまま転倒。しかしKTMはこれをレースのために修理。エスパルガロによると、このフェアリングはバンプが多いオースティンで約に立ったという。

ポル・エスパルガロ

「ストレートでの安定感という意味で大きなメリットがありました。特にCOTAのストレートはバンプが多いですし、風もあって非常に効果的でした。大きな改善を感じました。」

KTMはこの新しいフェアリングを、オースティンでのレースの前にテストライダーのミカ・カリオとムジェロでテストしていた。スミスによるとフェアリングはハンドリングには影響せずストレートだけで機能するという。昨年まで各メーカーはウイングレットを使用していたが、先週のレースウィークではKTMの前にスズキのみが2017年のホモロゲーションを受けたフェアリングを使用していた。

ブラッドリー・スミス

「KTMには優れたエアロダイナミクスチームがいて、エアロダイナミクスについて研究をしているんです。これがKTMの本当に素晴らしいことの1つですね。彼らは研究が必要な内容についてしっかりと研究を行っており、それをレーストラックに持ち込み、それがちゃんと機能するんですよ。」

(Photo courtesy of KTM)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト レプソルホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2017年のカラーリングを発表
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★セーフティーコミッション 2016年フロントタイヤの使用はアメリカズGPへ持ち越し
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP4結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP Q1結果
★MotoGP2017アメリカGP スズキのチャンピオン達がCOTAに集結
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝結果
★MotoGP2017イタリアGP 予選3位ドヴィツィオーゾ「優勝争いが出来ると思う」
★MotoGP2017カタルーニャGP FP2結果
★MotoGP2017ヤマハ 不調の原因を把握しているロッシ、困惑するビニャーレス
★MotoGP2017オランダGP予選3位 ペトルッチ「難しいコンディションだった」
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「自分達の競争力の高さを再び証明したい」
★MotoGP2017アラゴンGP5位 ロッシ「もてぎはさらに良い状態で挑めるはず」
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「指の状態はだいぶ良くなってきた」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「フルウェットならペースは悪くないはず」
★MotoGP2017 ブロック・パークス フォルガーの代役としてオーストラリアGPに参戦
★ホンダ FIM MotoGP世界選手権で二年連続コンストラクターズタイトルを獲得