★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」

KTMのスミス選手によると、KTMの新型カウルは昨年のテック3ヤマハのM1についていたウイングレットよりもダウンフォースによる効果を感じながら、ハンドリングを妨げないとのこと。全体のパッケージが仕上がってきた後には大きなプラス要素になりそうです。

ブラッドリー・スミスによると、KTMがオースティンで使用した新しいフェアリングは、彼がヤマハで使用していたウイングレットとは”全く異なるコンセプト”だという。2017年シーズンからMotoGPに参戦するメーカー達は、ウイングレットの禁止によって失われたダウンフォースを取り戻すため、2017年の新しいエアロダイナミックフェアリングを開発している。今年から新たにMotoGPに参戦しているKTMは、フェアリングのデザイン数に制限を設けられていない唯一のメーカーであり、パドック内で最後にエアロダイナミックフェアリングを自らのバイクであるRC16でテストした。スミスとポル・エスパルガロはレースウィークの中でそれぞれ一回ずつフェアリングをテスト。スミスによると、KTMのアプローチは彼が昨年テック3ヤマハで使用したウイングレットと異なり、より効果的だという。

Sponsored Link

ブラッドリー・スミス

「うちのバイクの最大の問題はマシンがウイリーをしやすいということなんです。この新しいカウルはウイングレットがそういう効果を発揮していたように、フロントホイールを常に路面に押し付ける事が出来るんです。昨年乗っていたバイクについていたウイングよりも効果を感じます。このフェアリングは全く異なるコンセプトなんです。KTMのバイクには非常に有効ですね。オースティンでは少なくとも0.5秒はタイムアップに繋がるでしょう。これは昨年のバイクでの効果以上となります。」

エスパルガロは予選走行中にこのフェアリングを装着したまま転倒。しかしKTMはこれをレースのために修理。エスパルガロによると、このフェアリングはバンプが多いオースティンで約に立ったという。

ポル・エスパルガロ

「ストレートでの安定感という意味で大きなメリットがありました。特にCOTAのストレートはバンプが多いですし、風もあって非常に効果的でした。大きな改善を感じました。」

KTMはこの新しいフェアリングを、オースティンでのレースの前にテストライダーのミカ・カリオとムジェロでテストしていた。スミスによるとフェアリングはハンドリングには影響せずストレートだけで機能するという。昨年まで各メーカーはウイングレットを使用していたが、先週のレースウィークではKTMの前にスズキのみが2017年のホモロゲーションを受けたフェアリングを使用していた。

ブラッドリー・スミス

「KTMには優れたエアロダイナミクスチームがいて、エアロダイナミクスについて研究をしているんです。これがKTMの本当に素晴らしいことの1つですね。彼らは研究が必要な内容についてしっかりと研究を行っており、それをレーストラックに持ち込み、それがちゃんと機能するんですよ。」

(Photo courtesy of KTM)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★MotoGP2017 ケーシー・ストーナー「勝っても負けてもロレンソは素晴らしいチャンピオン」
★MotoGP2017カタールGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP4結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「スリックを履こうかと思っていた」
★MotoGP2017 4/16時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ミシュラン アメリカGPプレビュー
★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2018年のシートは未定
★MotoGP2017ヘレステスト 初日結果
★MotoGP2017 マックス・ビアッジ「ロッシの最大の敵は時間」
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★MotoGP2017フランスGP FP1結果
★MotoGP2017 ペドロサ「腕上がり手術のドクターを紹介してくれたのはニッキーだった」
★MotoGP2017カタルーニャGP 4位ロレンソ「Ducatiは他のバイクより柔らかめのタイヤを使用出来る」
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「ロッシの後を継ぐのはライダーの夢」
★MotoGP2017オランダGP FP2結果
★MotoGP2017ドイツGP 予選6位ロレンソ「このポジションには満足」
★MotoGP 2019年から電動バイクシリーズを本格的に検討
★MotoGP2017 アルバロ・バウティスタ2018年もAsparから参戦