★MotoGP2017 カピロッシ「ロレンソにはデスモセディチが求めるワイルドさが足りない」

かつてDucatiのデスモセディチを操縦していたカピロッシに言わせると、ロレンソ選手の走り方はデスモセディチが要求するワイルドさが足りないそうです。ロレンソ選手自身もライディングスタイルを変更しないといけないと別のインタビューで語っていますが、将来的にはブレーキング勝負でオーバーテイクするロレンソ選手が見れたりするんでしょうか。

Sponsored Link


「DucatiのMotoGPマシンから最高の性能を引き出すには、ホルへ・ロレンソにはワイルドさが足りない」というのはDucatiの初めてのグランプリレースでの優勝を獲得したロリス・カピロッシの言葉だ。

ロレンソはヤマハからDucatiに移籍してから苦しい3戦を過ごしており、オースティンで獲得した9位が今のところ彼の最高順位となる。ロレンソは彼のライディングスタイルをDucatiに合わせるという事が思ったより時間がかかっていることを認め、アルゼンチンにおいて、シートのポジションのせいでプレシーズンを無駄に過ごしてしまったと認めた。

カピロッシはDucatiが2003年にMotoGPに参戦を開始した時のライダーの1人で、その年に初めてDucatiで勝利をしており。5年間で7勝を上げている。カピロッシはロレンソのトレードマークであるスムーズなスタイルは、その性能を発揮するためにワイルドなライダーを求めるというデスモセディチのニーズには合わないと感じている。

ロリス・カピロッシ

「私の意見では、ロレンソは間違いなく今とは異なるDucatiを期待していたということに関して疑いの余地はないね。Ducatiは競争力が高いバイクだけど、強みと弱みがあるバイクなんだよ。最近ではいくつかのトラックでの戦闘力が高くて、そうでないトラックもあるようだ。Ducatiが苦戦するようなサーキットでは、ある程度意地悪い乗り方をする必要があるんだけど、ロレンソはこうしたライディングはしない。ロレンソは非常に速くて実にクリーンなライダーだ。でもDucatiはワイルドなライダーを必要とするんだ。ドヴィツィオーゾはある部分でワイルドだけど、ロレンソは違うだろう。」

カピロッシは同様に、同郷でありかつてのライバル、そして現在は3戦を終えてチャンピオンシップをリードするヴァレンティーノ・ロッシが、今年8度目の最高峰クラスのタイトル獲得を狙えると考えている。これは彼が昨年犯したミスを繰り返さずにレースをすることが不可欠で、この中にはオースティンとアッセンの転倒、ザクセンリンクでの作戦ミスが含まれる。

「今年のロッシは、マルケスとビニャーレスの間に割って入って戦えるようなスピードが無い。ただいくつかの状況では、同じ位置で優勝争いが出来るだろう。そして数勝は出来ると思う。大事な事は昨年のようなミスをないこと。彼はコンスタントに走り、全てのレースで完走する事が必要だ。そうすれば1年の終わりに、彼がどの程度のポイントを持っているのかがわかるだろう。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 Ducatiの新型カウルが明らかにしたシート下の箱の謎
★英Channel 5 今シーズンからMotoGPのハイライトを放映
★MotoGP2017カタールGP5位 ペドロサ「プッシュすることが出来なかった」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★MotoGP2017アメリカGP4位 クラッチロー「ヨハンを抜くのに手こずった」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「集中して最大限の力で走りたい」
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「次は自分が好きなヘレスを楽しみたい」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「Ducatiの戦闘力を上げるためにはどんな事もする覚悟がある」
★MotoGP2017ヘレスGP FP1結果
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「リアグリップを感じられなかった」
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★Triumph(トライアンフ)2019年からMoto2クラスにエンジンを供給
★MotoGP2017イタリアGP 予選4位ピッロ「ミスをしてフロントローを逃してしまった」
★MotoGP2017イタリアGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017カタルーニャGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017オランダGP マルケス「これ以上ポイントを失うわけにはいかない」
★MotoGP2017ドイツGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017レプソルホンダの2人の特別レース