★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施

ミシュランはホームGPとなるフランスのル・マンGPに向けた、舗装が新しくなったル・マンでタイヤテストを行ないます。なお、KTMはここで既存のスクリーマーからビッグバンになった新型エンジンを試すと予想されています。

Sponsored Link

5月1日は国際的な労働者の休日であるが、MotoGPライダーはこれに当てはまらない。ミシュランは月曜と火曜にル・マンサーキットにおいて2日間のテストを行う。トラックは最近再舗装が行われており、ミシュランは5月21日に開催されるフランスでのホームGPに向けて、完璧な準備をして挑みたい考えだ。

全てのメーカーがミシュランの招待を受けてテストに参加するが、この中にスズキは含まれない。アプリリアとKTMはテストの日数に制限がなく、両日テストに参加する。アプリリアは今週ムジェロで2日間のテストを行っているが、悪天の中でのテストとなった。

KTMはル・マンのテストで新型エンジンをテストするが、このエンジンはヘレスで実践投入されるかもしれない。Ducati、ホンダ、ヤマハは、シーズン中にレーシングライダーに許可されたテスト日数が5日間しかないため、1日のみテストに参加する。

(Photo courtesy of michelin) 

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link