★MotoGP2017ミシュラン 5月1日、2日にル・マンでタイヤテストを実施

ミシュランはホームGPとなるフランスのル・マンGPに向けた、舗装が新しくなったル・マンでタイヤテストを行ないます。なお、KTMはここで既存のスクリーマーからビッグバンになった新型エンジンを試すと予想されています。

Sponsored Link

5月1日は国際的な労働者の休日であるが、MotoGPライダーはこれに当てはまらない。ミシュランは月曜と火曜にル・マンサーキットにおいて2日間のテストを行う。トラックは最近再舗装が行われており、ミシュランは5月21日に開催されるフランスでのホームGPに向けて、完璧な準備をして挑みたい考えだ。

全てのメーカーがミシュランの招待を受けてテストに参加するが、この中にスズキは含まれない。アプリリアとKTMはテストの日数に制限がなく、両日テストに参加する。アプリリアは今週ムジェロで2日間のテストを行っているが、悪天の中でのテストとなった。

KTMはル・マンのテストで新型エンジンをテストするが、このエンジンはヘレスで実践投入されるかもしれない。Ducati、ホンダ、ヤマハは、シーズン中にレーシングライダーに許可されたテスト日数が5日間しかないため、1日のみテストに参加する。

(Photo courtesy of michelin) 

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 ペドロサ「今年はあらゆる面で最高の自分を見つけていきたい」
★MotoGP2017カタールGP ロレンソ「何か大きな変更が必要」
★MotoGP2017カタールGP ミシュラン決勝レースリリース
★MotoGP2017カタールGP アレックス・リンス「次のレースが待ち遠しい」
★MotoGP2017カタールGP10位 フォルガー「どこを改善すれば良いのかわかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★セーフティーコミッション 2016年フロントタイヤの使用はアメリカズGPへ持ち越し
★MotoGP2017アルゼンチンGP ポル・エスパルガロ「KTMで初めてポイントを獲得出来た」
★MotoGP2017アメリカGP3位 ペドロサ「フロントタイヤが駄目になってしまった」
★Ducatiパオロ・チャバッティ「2018年も、3つのサテライトチームにバイクを供給することになるだろう」
★Eskil Suter 「MMX500はMotoGPマシンとも互角に戦える」
★ニッキー・ヘイデン容態は変わらず 引き続き危険な状態
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「ムジェロ以前のレベルを取り戻したい」
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「アグレッシブに、そしてスムーズに乗ることを学んだ」
★MotoGP2017 スミス「アッセンのレースまでに指が90%の状態になれば良い」
★MotoGP2017ミシュラン ドイツGPプレビュー
★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★MotoGP2017 フランコ・モルビデッリ「まずはMoto2でチャンピオンシップ優勝することが目標」
★MotoGP2017 サム・ロウズのアプリリア残留の可能性が高まる