★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2018年のシートは未定

昨年は何度か2人の選手が揃って10位以内で完走する場面が見られたAvintiaレーシングですが、2018年のシートはまだ未確定とのこと。とは言えDucatiを使用する事は既に決定しているようです。

Sponsored Link


オースティンにおいてAvintiaレーシングは2018年シーズンもDucatiとの契約を更新する事を明らかにした。チームは両ライダーを、現在のGP16(エクトル・バルベラ)、GP15(ロリス・バズ)ではなく、現在ファクトリーライダー達が使用しているGP17で走らせることに関しても明らかにしている。

Avintiaによるとバルベラとバズは現在1年契約で走っており、2018年のAvintiaのライダーラインナップに関しては未確定のままだという。バズは現在チャンピオンシップで16位で今週末のヘレス戦を迎える。バズはアルゼンチンで11位、バルベラはチャンピオンシップ19位だ。(※同一ポイントの8位で並んでいる3名の選手を8位、9位、10位と数えると)

Ducatiは現在、Pramac、Aspar、Avintiaに合計6台と、他のどのメーカーよりも多くのサテライトバイクを供給している。メーカーは1つのファクトリーチームと1つのサテライトチームを持つというフォーマットがMotoGP側の意図だが、Asparも今後もDucatiを使用したいとしており、2018年に独立チームがブランドの変更を行うことは考えにくいとしている。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 アレックス・リンスの自宅を訪問して42の質問をしてみた
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「良いスタートが鍵」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017ヘレスGP クラッチロー「今日は正直ラップタイムは期待していなかった」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ヤマハでの優勝よりも大きな結果」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「雨の中でのパフォーマンスが向上している」
★MotoGP2017イタリアGP ギュントーリ「ここで再びレースが出来る事が嬉しい」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?
★MotoGP2017 フランコ・モルビデッリ「まずはMoto2でチャンピオンシップ優勝することが目標」
★MotoGP2017チェコGP 2位ペドロサ「1周遅くピットインしたことを後悔している」
★MotoGP2017イギリスGP クラッチローが採点するイギリス人ライダー
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「アラゴンでM1に乗ってみることにした。」
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「ウェットでこんなパフォーマンスではタイトル争いは出来ない」
★MotoGP2017ダニ・ペドロサ 「他のチームで走ってみたいという興味はある」
★MotoGP2017オーストラリアGP リンス「サーキットレイアウトはGSX-RRに合っている」
★MotoGP2017オーストラリアGP ロレンソ「ドヴィを助けられるかどうかはレース次第」
★MotoGP2017オーストラリアGP 4位ザルコ「マレーシアでも優勝を狙っていく」