★もしTL1000Sが現代に蘇ったら? Kardesign TL1100S

様々なバイクのCGデザイン、イラストなどを手がけるイギリスのkardesignのTL1100Sをご紹介します。
(※あくまでもグラフィックであり実車ではありません。)kardesignは、過去にも「昔の名車、珍車を現代に蘇らせたらどうなるか?」というコンセプトのデザインを多数発表していますが、TL1000Sを現代に蘇らせるというのは面白いですね。

TL1000Sはスズキとしては初めての大排気量2気筒スポーツバイクとして登場したバイクです。有名な話でありますが、TL1000S/Rの誕生に大きく関わったのが当時のスーパーバイクのレギュレーションです。当時は2気筒は1000ccまで、4気筒は750ccまでOKというレギュレーションだったため、圧倒的な速さを見せつけるDucatiに対してホンダとスズキはそれぞれレース参戦を念頭に新たな2気筒バイクを開発します。

Sponsored Link

ホンダが作り上げたのは名機「VTR1000SP」、一方のスズキが作り上げたのは迷機「TL1000R/S」だったというわけです。エンジン前後長があるVツインエンジンのためにホンダ、スズキともにホイールベースの中でスイングアーム長を長くするための工夫が見られますが、ホンダはDucatiと同様にエンジンのクランクケースにスイングアームピボットを設ける「ピボットレス」形式を採用、ラジエターを車体左右に振り分けたのに対し、スズキはエキパイの内側にオイルクーラーを配置、そしてリアサスペンションのダンパーとスプリングを分けて搭載することでダンパー部分のスペースを稼ぐ悪名高き「ロータリーダンパー」を採用しました。

デザインとしては、スズキのTL1000Sはツインスパーとパイプフレームの中間とも言える独自デザインのフレームを採用。カウルのデザインもヌメヌメとした中途半端なデザインでスズキらしさを強調しています。

さて、前置きはここまでにして、kardesignのTL1100Sを見てみましょう。車名からもわかるようにエンジンは1100ccという設定のようで、フレームはパイプフレームとアルミフレームを組み合わせたタイプ。スイングアームも同様の作りです。大容量のラジエターに、オイルクーラーはオリジナル同様にエキパイの内側を通っています。サイレンサーはどうやらショートタイプの右側1本出しのようです。

カウルはかなり小ぶりのものがついていますが、ライトの造形はK8からL0のGSX-R750の造形によく似ています。TLにしてはスタイリッシュ過ぎると思うのは私だけでしょうか。。肝心のサスペンションがロータリーダンパーなのかどうかは定かではありませんが、スズキが将来的にTL1000シリーズを復活させるとしたら、スイングアーム長の確保のためにどのような手法を取るのか?というを考えるのは面白いですね。

kardesignには「TL1000Rのデザインを作ってくれないか?」という依頼と共に、「ロータリーダンパーについてどう思う?」と質問していますので、何かしら面白い回答をいただけた場合は改めてご紹介させていただきます。

(Photo courtesy of kardesign)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★Unique Custom Cycles R1150 GSカフェレーサー
★MotoGP2017 イアンノーネ「良い形で妥協点を見つける事が出来ていない」
★MotoGP2017カタールGP9位 アレックス・リンス「多くの事を学んだ」
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★アンドレア・イアンノーネ タイのバンコクモーターショーを訪問
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「足の痛みがなければ。。」
★Wimoto ホンダNTV650のカスタムバイク「Green Goblin」
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム 今週末のル・マン24時間耐久への挑戦
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017アメリカGP リンス 左手首骨折によりレースを欠場
★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「今週こそは笑顔でレースを終えたい」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017 イアンノーネ「ル・マンでは完走することが大事だった」
★MotoGP2017イタリアGP イアンノーネ「”自分の”サーキットで良いレースをしたい」
★MotoGP2017カタルーニャGP ギュントーリ「バイク、タイヤについての理解が深まっている」
★MotoGP2017 スズキMotoGPトリビア
★MotoGP2017 いかにイアンノーネのような選手の状況を解決するのか?