★MotoGP2017 ロレンソ「Ducatiはヤマハのようにシャーシ開発に力を入れるべき」

少し前のインタビューですが、ロレンソ選手はDucatiもヤマハのようにフレーム開発を優先し、ハンドリングを意識したフレームの開発に着手すべきかもしれないと話しています。現状は「エンジンパワーは強烈でブレーキングの安定感は強いが曲がらないバイク」であるデスモセディチですが、チャンピオンシップ優勝のためにロレンソ選手を獲得したわけですから、ロレンソ選手の主張に合わせてバイク作りを大きく変えていくという未来も無きにしもあらずではないでしょうか。


ホルへ・ロレンソは、DucatiはMotoGPバイクの開発においては、シャーシの改善に力を入れヤマハのような哲学を取り入れたほうが良いと語る。3度の最高峰クラスのチャンピオンのロレンソは、ヤマハからDucatiに移籍して以来厳しいシーズンを過ごしている。彼にとって現在の最高位はオースティンで獲得した9位だ。

Sponsored Link

これでロレンソは合計13ポイントを獲得しポイントスタンディングで13位。4位のチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾには17ポイント離されており、ドヴィツィオーゾはDucatiはそのメインのライバルであるヤマハやホンダに、どのように追いつくかを長期的に考えたほうが良いと感じている。

ロレンソはDucatiはヤマハのアプローチから学ぶ事が出来ると信じている。それは定期的にシャーシにアップデートを加えることで、ロレンソはこういった事に関して優先度合いの変更が必要だとしている。

ホルへ・ロレンソ

「ヤマハとDucatiは2つの異なるメーカーで、異なる哲学があります。ヤマハは常にシャーシに集中しており、ライダーに楽をさせることを考えています。Ducatiは対象的に過去10年間最もパワフルなエンジンを作ることに集中し、優れた電子制御でこれをコントロールすることを考えてきました。もしかすると今はこの優先度合いを変えて、エンジン開発から離れ、より簡単に曲がれるよう、ライダーに楽をさせるように新しいタイプのシャーシを作ってみるのもありだと思います。」

Ducatiは2016年にはドヴィツィオーゾとイアンノーネがそれぞれ1勝、合計で2勝し、5年半勝利から遠ざかっていた時代に別れを告げた。この勝利はDucatiのバイクのフェアリングに取り付けられたエアロダイナミクス上の付加物の開発を加速し、昨シーズンの終わりにはライバル達がDucatiが持っていたこの分野でのアドバンテージをさらに広げる事を防ごうとする中、Ducatiは最後までエアロダイナミクスの開発を続けた。

Ducatiは、2017年のレース用に作られたウイングレットの代わりとなる効果を発揮する過激なカウルをまだ使用していない。そしてロレンソはオースティンではウイングレットが無いことによる影響は大きかっただろうとしている。(※ウイングレットが無いことで)ウイリーのコントロールが特に問題なのかという質問にロレンソはこう答える。

「ウイリーはそれほどでもありません。ただフロントの接地感が問題なんです。フロントの接地感が失われる部分があって、そういった所ではスロットルを戻す必要があるんです。これに関しては他のブランドよりも失っている部分が多いでしょう。ライバルがルール変更を決めましたから、Ducatiはこのルールに自分達の開発の仕方をあわせていく必要があります。オースティンでは何箇所も加速ポイントがありますが、フロントの接地感は今までよりも薄いんです。ただ今はこういうものですから、ウイング無しでバイクを改善する作業をしていかないと駄目ですね。」

(Photo courtesy of michelin)
(Photo courtesy of Ducati)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Pramac Ducati写真ギャラリー
★英Channel 5 今シーズンからMotoGPのハイライトを放映
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★MotoGP2017カタールGP アレックス・リンス「次のレースが待ち遠しい」
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「明日のレースにおいて大きなアドバンテージ」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「レース後半がどうなるかはわからない」
★MotoGP2017 4/16時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★MotoGP2017アメリカGP予選2位 ビニャーレス「さらにプッシュしていく」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「徐々に良いベースに近づきつつある」
★MotoGP2017ヘレスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017 マルケス「正直言って、カタルーニャの新レイアウトは気に入った」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「頭を使って走る必要がある」
★MotoGP2017カタルーニャGP 4位ロレンソ「Ducatiは他のバイクより柔らかめのタイヤを使用出来る」
★MotoGP2017カタルーニャテスト ロッシ「新しいシャーシでライディングが楽しくなった。」
★MotoGP2017ドイツGP ペドロサ「カレンダーの中でもお気に入りのトラック」
★MotoGP2017 リヴィオ・スッポ「必要なのは正しいセットアップ」