★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御

ロッシ選手のデータエンジニアであるマッテオ・フラミニが、ロッシ選手の電子制御の設定などを解説している動画の意訳内容をお届けします。予選まで結果がでずとも、ウォームアップ走行〜決勝までの間になぜか優勝争いが出来るバイクにしてしまうという、ロッシ選手の日曜の魔法も、こうした電子制御の知識によるところも大きいのかもしれません。

Sponsored Link

モビスターヤマハデータエンジニア マッテオ・フラミニ

「今まで話した事はないんですが、私とロッシに関する面白い話としては、彼と働き始めた時にいかに電子制御システムが働いているか、どのパラメーターを調整出来るかなど、彼に電子制御を教えたんです。ですから今となってはロッシにとってこうしたシステムについて、自分が何を望むかをしっかりと説明することは簡単なことなんです。彼はシステムに関するある程度の用語、仕組みなどを理解していますからね。当然私もこうした言葉は理解していますから、例えば彼がエンジンブレーキに関して変更が必要な内容を説明すると、私も100%彼が何を望んでいるのかわかるんです。それに私とロッシは共に育ってきたようなものですからね。」

「ロッシは通常、速く走るために何が欲しいかをダイレクトに伝えてきます。練習走行の中で、どこそこのコーナーでエンジンブレーキ、トラクションコントロールをどうしたいというのを言ってきますから、私もすぐさまにエンジンマップにそうした変更をすることが出来ます。彼は私が彼に言ったことをしっかりと聞いています。何かデータ上で改善出来る事があれば、私もそれを提案しますからね。マップ上では時にはこうなるかもしれないと予測する事も必要なんです。ただ私とロッシのような働き方の場合、なにがどうなるかという事に関してさらに明確なアイディアを持っているんです。それに気温が冷たいか暖かいかによってある程度の切り替えが出来ますので、コンディションに合わせてマップを選択するんです。」

「昨年の日曜のコンディションがどうなるかというのはある程度わかっていました。少し暖かくなってスピンが多くなることを予想していたんです。ですから自分とヴァレンティーノでマップを作り、非常にソフトなマップを使用することにしたんです。とは言えライダー自身がコントロールする必要はあるんですが、ヴァレンティーノは上手くエンジンパワーに合わせてライディング出来ていました。これは彼のライディングの素晴らしい点の1つですね。」

「エンジンマップは通常3回変更します。(※恐らくレース中に) また、レース序盤、加速、ブレーキングでマップを切り替える事もあります。加速に限って言うとタイヤがそこまでドロップしない場合は2つのマップで済むこともあります。ただ通常は3つのマップを使いますね。ヴァレンティーノはいつも最適なマップを最適なタイミングで選択していると思います。最初の3周、4周と異なっているとヴァレンティーノが感じた場合だとか、リアタイヤのグリップが落ちてきた時、コンディションが変化した時など、彼は違うマップを選択してそれにライディングをあわせる事が出来るんです。通常であれば、彼はこうした事を正しいタイミングでしっかりと行う事が出来ますね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★MotoGP2017ミシュラン カタールGPプレビュー
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「カタールでは自分に落ち着けと話しかけていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「フルドライかフルウェットのレースがいい」
★MotoGP2017アメリカGP予選4位 ペドロサ「フロントのチャタリングで改善出来なかった」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★マルケスの2016年チャンピオンシップを追ったドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開
★MotoGP2017 サム・ローズ「新カウルのウイリー抑止効果は高い」
★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「頭を使って走る必要がある」
★MotoGP2017カタルーニャGP ビニャーレス「現在は良い流れにあるし自信もある」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選9位ビニャーレス「リアのグリップが感じられない」
★MotoGP2017ミシュラン オランダGP決勝レースリリース
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「ダッシュボードメッセージには危険性もある」
★MotoGP2017ドイツGP 予選4位クラッチロー「ホンダで上位3位を獲得したい」
★ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ 夏休み特別イベント 「親子で楽しめる工場見学 & 体験教室」を開催
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★MotoGP2017 アンドレア・イアンノーネ「ほとんどのレースで自分のほうがビニャーレスのタイムより速い」
★MotoGP2017 右足骨折のロッシ早くも退院。今後は自宅での療養とリハビリに専念
★MotoGP2017 スズキ 雨で日本からの新パーツをテスト出来ず。次のチャンスはアラゴンGP後か