★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「ウェット、ドライともに良い感触」

ホームGPのヘレスでFP1、FP2ともに好調だったペドロサ選手。今週末は暑くなるという予想なので、体重が軽いこと、ソフトなライディングでタイヤを他の選手より痛めつけないペドロサ選手の優勝を見ることが出来るかもしれません。

Sponsored Link


レプソルホンダのダニ・ペドロサはヘレスGPのFP1、FP2でトップタイムを獲得。ペドロサはFP1でトップタイムを記録したあとに、午後のFP2でもトップタイムを獲得。ベストタイムとして1分39秒420を獲得した。これは2位を獲得したジャック・ミラーよりも0.5秒ほど速いタイムとなる。

FP2 1位ダニ・ペドロサ

「今日はウェットでもドライでも良い感触で、これは一般的に非常にポジティブなことですよね。非常に嬉しいですけど、明日は気温が少し上がるでしょうし、日を追うごとに暑くなるようですから、タイヤに注意が必要です。予選も同様ですが、適切なタイヤを選択する必要があります。」

ペドロサはアメリカGPで、今年始めての表彰台を獲得。RCVのポテンシャルを徐々に感じているという。

「バイクのフィーリングは今年は明らかに違います。エンジン、バイク、タイヤなどのアップグレードで全体的に良くなっています。これらが一体となって良い感触を与えてくれるんです。MotoGPバイクを限界で走らせていると、1周の中でほんの少しのポジティブな点、ネガティブな点が大きな差となって現れるんです。昨年はこのトラックではもっと苦戦しました。特殊なタイヤで良いフィーリングを見つけるのが難しかったんです。リアタイヤが良くなって、これが自信を得るのに大きく役立っています。コーナにさらにアクセルを開けて入っていけますし、全てにおいて自信を持てます。」

LCRホンダのクラッチローはル・マンテストで新しいエキゾーストを使用していたが、ペドロサはこのエキゾーストを再び使用するかどうかは月曜のテストまで待つとしている。(※管理人注 ペドロサ選手はオースティンでこの新型エキゾーストを使用しています。)

「月曜に試してみますが、自分が以前使用した際はあまりセットアップが出来ていなかったので、カル達は少し手を加える必要があったようです。ル・マンでどうだったのかは知りませんが、今週カルが使用してみて、月曜に自分達もテストするかもしれません。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP2位 ドヴィツィオーゾ「最後の5周はタイヤが終わっていた」
★MotoGP2017 アレックス・リンス練習中に右足首を骨折
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「カタールのように最高の形でレースを迎えたい」
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★MotoGP2017アメリカGP フォルガー「さらに多くのポイントを獲得出来るはず」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「リーダーとの差が大きすぎる」
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選8位ロレンソ「イアンノーネに張り付かれるのはもう慣れっこ」
★MotoGP2017ヘレスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 セテ・ジベルナウ「最高のダニはこれから」
★MotoGP2017フランスGP 4位ドヴィツィオーゾ「4位は悪くないが満足は出来ない」
★MotoGP2017フランスGP 5位クラッチロー「今日の目標はトップ6での完走だった」
★MotoGP2017イタリアGP ギュントーリ「ここで再びレースが出来る事が嬉しい」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選3位ペトルッチ「この結果は想定していなかった」
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「小さな違いが大きな違いを生み出す」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「プロジェクトリーダー交代は成績と無関係」
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンにライディングスタイルは合っている」
★MotoGP2017オランダGP ウォームアップ結果