★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今日は難しいコンディションだった」

ホンダ勢に遅れを取っているヤマハですが、ビニャーレス選手はFP2でソフトタイヤを履いていないため、まだまだタイムアップは可能ということでしょう。明日のFP3、FP4、予選でどのようなタイムを出してくるかに注目です。なお、今週はモビスターヤマハの2台はENEOSのスペシャルカウルを付けて走行しています。

Sponsored Link

FP2 6位マーヴェリック・ビニャーレス

「今日はトラックの状態が非常に難しいコンディションでした。いくつのウェットパッチは視認できるんですが、いくつかは見えないものもあります。妙なんですけど走行位置が1mずれるだけでウェットパッチがどこにあるか見えなくなってしまうんです。最終コーナーは非常に難しいですね。とにかく内容に関しては満足です。恐らくソフトタイヤを履かなかったのは自分とマルクだけじゃないですか?明日の結果は大きく変わってくるでしょう。」

「ル・マンでのウェット走行で改善がありましたし、バイクもよりコンスタントです。まだ電子制御に手を加えていけると思いますし、朝がウェットだったのは嬉しかったんですよ。午後は難しい状態で、旋回、立ち上がりなどいつものように出来ませんでしたね。明日何が出来るかというところですが、ル・マンで雨が降ったのは助けになっていると思います。いくつかのエリアではライバルに勝てる部分があるでしょう。新しいフェアリングと通常のフェアリングとの比較は明日行ないます。恐らく通常のカウルだとウイリーが多くなると思いますが、高速コーナーであるとか低速コーナーではよりいい形で曲がれるでしょう。ただどこかで妥協する必要はあります。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link