★MotoGP2017ヘレスGP イアンノーネ「リーダーとの差が大きすぎる」

前回のアメリカGPから苦戦が続いているイアンノーネ選手。ウェットコンディション、ドライコンディションともにトップとの差がかなり開いています。明日良い方向性がみつかると良いのですが。。

Sponsored Link

FP2 16位アンドレア・イアンノーネ

「今日は楽な一日ではありませんでした。ただ自分達に出来るベストを尽くしました。今朝はウェットトラックで徐々に走行ごとに改善が出来ました。最終的には1秒ほどタイムを縮める事が出来ました。またGSX-RRのフィーリングも改善しましたし、これはポジティブですね。ドライでは少し苦戦してしまい、現時点でポジティブなパフォーマンスを得るのは簡単ではありません。シャーシに良いフィーリングはあるんですが、リーダーとの差は大きすぎます。改善が必要で、特に電子制御の部分の改善が必要です。加速しながらバイクをコントロールするのが難しく、そのせいでタイムを失っています。チームとスズキには全幅の信頼を置いていますので、明日改善できるアイディアを見つけられる事を祈りましょう。」

(Photo courtesy of suzuki racing)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 Avintiaレーシング 2017年のカラーリングを発表
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「ヤマハはロッシのほうを優遇していた。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「明日のレースにおいて大きなアドバンテージ」
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「ウェットでこんなに良いフィーリングは久しぶり」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「明日の朝は良いセッティングを見つけたい」
★MotoGP2017 イタリアGP(ムジェロ戦)から2016年型フロントタイヤを使用
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★MotoGP2017 バウティスタ「将来的に助けになるものは見つかった」
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「GSX-RRは20位で終わるようなバイクではない」
★MotoGP2017ブルノテスト アレイシ・エスパルガロ「トップスピードは上位のバイクに接近している」
★MotoGP2017オーストリアGP 選手達がウェット走行での危険性を指摘
★スコット・レディング 2018年よりサム・ロウズの後任としてアプリリアから参戦
★MotoGP2017 ビニャーレス「再度シャーシ変更するより、セッティングを煮詰めたい」
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「ここ数戦の調子の良さを確認したい」
★MotoGP2017ティト・ラバト 2018年はReale Avintia Ducatiから参戦