★MotoGP2017ヘレスGP 予選プレスカンファレンス翻訳

あと少しで決勝レースが始まりますが、土曜日の予選後プレスカンファレンスの翻訳記事をお届けします。相変わらずソーシャルメディアからの質問は面白いですね。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「素晴らしい予選でしたね。チームメイトと非常に接戦の予選となりました。」

ダニ・ペドロサ


「フロントローを獲得したりという良い予選走行が出来ていませんでしたから非常に嬉しいです。今までは2列目、3列目という形で苦戦していましたからね。今日は最初のタイヤで走行した時点で既に2位だったので嬉しかったです。良いフィーリングが既にありました。セカンドタイヤを履いて走り出そうという中で、ピットレーンではかなりいろいろな事が起きていました。自分がピットアウトするとマルクもついてきて、アウトラップの次の周で完全に後ろにつかれました。ですからトラックの真ん中でアタックを止めたところ彼もアタックをやめました。周りには自分達しかいなくて、彼は既にポールポジションでした。彼のほうを振り返って、自分がプッシュしてタイムアップすれば彼もタイムアップすることはわかっていましたが、彼の挑戦を受けることにしました。自分は良いラップをすることが出来てポールポジションを獲得することが出来ました。本当に特別な気持ちです。ポール獲得ですし、チームのためになりましたしね。最後の予選の段階で競争力を発揮するというのは非常に難しいですね。」

 

ニック・ハリス

「明日は27周で暑くなるかもしれません。タイヤの選択が重要になりますね。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。今日は全てのタイヤを試しました。明日のタイヤ選択がどうなるかですが、トラック、レースタイムにもよります。もちろんバイクはまだ変更が可能ですし、自分達もウォームアップでまた色々と試すつもりですが、大事なのはやはりタイヤですから、また明日ですね。」

 

ニック・ハリス

「ダニありがとう。それではマルク。今日のチャレンジもありましたが、レースにおいてもまさにチャレンジでしょうね。」

マルク・マルケス


「ヘレスは過去に苦戦していますし自分にとっても得意なサーキットではないので、2位は嬉しいです。とはいえ今日は非常にフィーリングが良く、非常に快適でした。最初のタイヤで既に素晴らしいタイムが出て、今日は3度アタックする戦略だったんです。それで最後のアタックに出た時にヴァレンティーノもマーヴェリックも待っているのがわかったので、自分も待つことにしたんです。そうしたらダニがやってきて、彼は自分よりも幾つか速いコーナーがあったので、彼についていって観察することにしたんです。後ろを走ることでいくつか発見がありました。最終ラップは全力で走りましたが、1コーナーであわや転倒しそうになりました。ただ、楽しみましたしペースは良いですから明日の天候が今話していたように暑くなるかどうかですね。そしていつもどおりタイヤ選択は重要です。」

 

ニック・ハリス

「ターン12ですか?ここも危なかったですね。」

マルク・マルケス

「ええ、肘をついてリアがスライドして怖かったですね。そして最終コーナーのブレーキングポイントに到着したんですが、また前の周のことを考えて集中力を失ってしまいました。0.2秒ほど遅れてしまいましたが、フィーリングは良いですしいつも苦戦しているサーキットなので嬉しいです。周を負うごとにどんどん良くなっています。」

 

ニック・ハリス

「横には弟も居て良き日ですね。」

マルク・マルケス

「自分もポールポジションだったら良かったんですが、彼はこの冬本当に頑張っていたので嬉しいです。ヘレスGPでは彼のレベルが非常に高くて嬉しいです。」

 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それでは次にカルに聞きます。これでフロントにホンダが並びました。タイムは非常に接近していましたね。最終セクターを考えるとポールを獲得出来たかもしれません。」

カル・クラッチロー


「最終セクターは週末を通じて失っていた部分なんです。とは言えフロントローを獲得出来て嬉しいです。今年2回目ですが、ホンダがフロントローを独占するっていうのは本当に良いですね。チームも自分も今週はハードに働いてきましたしホンダのために色々とテストをしてきました。チームにとってもいろいろな作業で働き詰めで大変だったんです。今のところ良い形で週末を送ることが出来ています。また将来的にホンダの改善に役立つデータを提供することが出来ています。ですからこうした仕事もこなしつつ速く走れたというのは良いことですよ。明日のレースも楽しみですね。」

 

ニック・ハリス

「明日は暑くなると思いますが、どのような天候になるかも面白いですね。」

カル・クラッチロー

「今のところ全てのタイヤをテストしていますが、ソフトタイヤは最後まで持たないのは明らかです。ミディアムはわかりませんが、ハードは最後まで間違いなく保ちます。それで速いかどうかはわからないですけどね。ただハードタイヤが有効に機能するのはホンダでしょうから、レースの最後でペースがあるかもしれません。正直どうなるかはわかりませんが、全体的に晴れたヘレスでフロントローというのは良いですね。自分にとってもヘレスは良いサーキットってわけではありませんから、フロントの選手についていけるかどうか。チャンスがあれば表彰台を狙いたいですね。」

 

ニック・ハリス

「あとは蜂?WASP(スズメバチの一種)ですかね。災難でした。」

カル・クラッチロー

「タイムアタックした後だったんでスタート練習をしようかと思っていたんです。ただ5回も刺されたんで多分スズメバチだと思うんですよね。胸のところにいたんで叩いて殺そうとしたんですが、その後気づいたら左腕のところにいて止まらざるを得なかったんです。まぁその時には既に死んでましたけどね。もうここには居ないから心配しないでいいよニック。」(※会場(笑))

ニック・ハリス

「それはどうもありがとう(笑)オールホンダの3名でした。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「いくつかのコーナーでダニの後を走って理解したということですが、それはどのコーナーなのでしょう?また弟が明日モルビデリを破るためには、どのようなアドバイスがありますか?」

マルク・マルケス

「ダニは週末を通じてセクター3が速くて、特にターン8が速くて、ターン8を速く走るにはどうすれば良いかを理解したかったんです。弟へのアドバイスとしては、出来るだけ同じメンタリティを維持するようにということでしょうか。プッシュし過ぎずセーブし過ぎず同じリズムで走ること。もちろん優勝も大事ですが、2番手、3番手、表彰台でレースを追えることも、シーズン初の表彰台ですからまた大事だということですね。優勝はそれは素晴らしいですけど、まずは表彰台からスタートして、優勝はその先です。」

 

Q

「ヤマハライダーよりも良いペースでしたが、明日はヴァレとマーヴェリックが優勝争いに入ってくると思いますか?」

ダニ・ペドロサ

「そうなるでしょうね。ここはそもそもヤマハが強いトラックですから。ただ今何が起きているのかはわかりません。2人とも素晴らしいバイクを持っているし、このトラックはヴァレンティーノのお気に入りですから。ヤマハのバイクはコンスタントですしタイヤの保ちもよくて、フィジカル面でもホンダより大変じゃないでしょうし。彼ら2人を除外して考えることはしません。」

マルク・マルケス

「ダニが話したとおりで、ラップも多くタフなレースになるでしょう。マーヴェリックのほうが良いペースのように思えますが、ヴァレンティーノもわかりません。彼はいつも練習走行で遅くても日曜にはそこにいますから。明日は少し暑くなると思うので、トラックは少し滑りやすくなるでしょう。何事も変わる可能性がありますが、今のところは全てが快適です。ここでは通常苦戦していますが、昨年よりも戦闘力を感じます。」

 

Q

「カル、スペインGPの会見場にいるのが皆スペイン人選手ですがどうでしょうか?」

カル・クラッチロー

「どうしたら良いっていうのかな?スペインGPなんだからスペインでレースをしなければならないでしょ(笑)彼らは明日はホームGPってことでプッシュするでしょう。スペイン選手同士が闘うのを見て花火が過ぎ去るのを待っていたほうが良いのかどうなのか。今日はホルヘも素晴らしい走りをしていましたし、スペイン人選手のペースは速かったですね。レースの最後まで待って、彼らが互いに潰し合うのを待っていたほうが良いのかもしれません。うちにもスペイン人メカニックがいるんですけど、いつも”バルセロナ、バルセロナ”とギャーギャー言っていますよ。自分はそこにレアル・マドリッドの話をして対抗してるんですけどね(笑)」

 

Q

「昨年は苦戦していた事が多かったですが、今年はより活躍が目立ちますが、何が違うのでしょう?」

ダニ・ペドロサ

「この質問は何度か答えているんですが、トレーニング、レースへのアプローチを変えたこと、チーム、バイク、タイヤも異なりますし、昨年がむしろいつもと違って苦戦しており、今年はより今までバイクに対して感じていたフィーリングに戻ってきたということでしょう。」

 

Q

「今日ホンダのために使用したパーツについてはレースでも使用するのでしょうか?」

カル・クラッチロー

「今の段階では使う方向です。引き返すのに遅すぎるということでもないんですが、FP1のウェットセッションでは助けにはなりませんでしたが、FP2でまた試す必要があったんです。それに今週はある特定の部分の作業をしているので、ジオメトリーなどに関してはあまり変更していないんです。今夜メカニック達がデータを見て改善作業を行ない、明日はまた引き続き使用して、ホンダのために情報を集めたいと思います。」

 

Q

「ダニ、カル、ホンダはグリップが低いコンディションで性能が良いようですが、今日のフロントローはバイクの性能が良くなったからか、バイクがトラックにより合っているからですか?」

ダニ・ペドロサ

「なんとも言えません。ホンダがグリップ、気温が低い状況で良い性能であるかどうかというのは、わかりません。」

 

Q

「ダニ、あなたに質問ですが、Moto3では。。あ、すいません。」(※クラッチロー選手の答えの前に質問してしまったので)

カル・クラッチロー

「いいんだよ。自分の答えもダニと同じだから。彼は自分の弁護士なんだ。」(※弁護士を通して話すということにかけたジョーク)※会場(笑)

 

Q

「すいません。ダニ、Moto3では明らかに同じチームのライダー同士が、チーム戦略ではなく互いに相手の後ろについて走る事はありますが、今日あなたの後ろのライダーがチームメイト以外でも同じ事をしました?」

ダニ・ペドロサ

「今日は彼にとっては助けにはならなかったわけですけど、彼が後ろについているのがわかった時、それがモチベーションになったんです。いざ受けて立とう。という気分になったんですが、次回同じ事があっても同じことをするかはわかりません。今日は彼がポールで自分がその時点で2位でしたから。そえが他の選手でどうなるかは、その選手のポジションにもよりますね。」 

 

Q

「ホンダライダーがフロントローですが、これは新しいエンジンのお陰なのですか?それともバイクがレースごとに良くなっているからなのでしょうか?」

ダニ・ペドロサ

「バイクについて自分もチームもレースごとに学んでいるというのはあります。バイクの良い点悪い点もそうして学んでいますし。ただ今日がそういうものによる結果なのかはわかりません。ヤマハは通常ではここで速いわけですからね。ヤマハが今週なぜこんなに苦戦しているのかはわかりません。今日はこういう結果になったということで、単純にホンダにとってはポジティブなことですね。」

マルク・マルケス

「木曜にもお話したんですけど、今年は長所が少し減って、短所が少し改善したという感じなんです。これによってシーズン全体のバランスが取れたと思います。ただここは通常ヤマハが強いので理解は難しいです。ただコンディションはどんどん変わりますから、明日気温が上がればヤマハのほうが良くなるかもしれません。今年影響が大きいのはタイヤが温度粋によって全く変わるということと、それでバイクのセットアップが大きく変わるということです。明日はどうなるか興味深いですが、今日のような状況だと良いですね。ここには全てのビッグボスが来て居ますのでね(笑)良い結果は将来の予算という意味では良いでしょう。」

カル・クラッチロー

「レースごとにバイクはどんどん良くなっていて、ル・マンのテストで見つけた内容も助けになっていると思います。ヤマハやDucatiと比較するとここでレースをするのはいつも何か違うものなんです。グリップが落ちるとホンダが有利と思われていますが、自分はヤマハは今までこのエリアで強みがあったと思っています。予選結果はこういう形でマルク、ダニ、自分も良い走行が出来ましたから、ホンダは競争力があると思っていますし、チームが良い仕事をしたと思います。」

ニック・ハリス

「それではフロアからの質問は以上としてソーシャルメディアからの質問をスティーブ・デイから御願いします。」
 

スティーブ・デイ

「では、最初にLCRチームからの質問です。恐らくルーシーもこの質問を聞きたかったのだと思います。もしウィローの将来のボーイフレンドをMotoGPライダーの中から選ぶとしたら誰ですか?」

カル・クラッチロー

「なんでこんな質問をするのかわからないね。彼女は誰とも付き合わないよ(笑)MotoGPライダーは皆馬鹿ばっかりだからね。どいつを選ぶべきかわからないよ。皆不細工だしね。(笑)一番思いやりのある選手かな。少し考えてもいいかな。」

スティーブ・デイ

「ありがとうございます。それではfacebookのベンからの質問です。もし明日、スズメバチか蜂に毎周刺されれば、明日のスタートで10秒速くスタート出来るとしたらやりますか?」

カル・クラッチロー

「ええ。痛みは我慢出来ますから。ただ間違いなく死ぬだろうね(笑)先ほどの質問の答えはジャックかな?彼は既に彼女の世話をしているからね。ただそれ以上は彼女に近づけさせないけどね。」

 

スティーブ・デイ

「インスタグラムからの質問です。あなたはファンを、ファンがあなたを愛しているほど愛していますか?」

マルク・マルケス

「もちろん。素晴らしいサポートを感じますし、出来る限りのお返しをしようと思っています。自分にとってはファンは最も大切なものです。もしスタンドにファンがいなければレースをする必要がありません。自分は良いショーをお届けするために走っているんです。誰も見ていないのであれば意味がありません。」

 

スティーブ・デイ

「ありがとう。最後にダニ。Twitterから短い質問です。あなたは自分自身の顔がとてもキュートでハンサムだと気づいていますか?」

ダニ・ペドロサ

「(笑)ありがとう。なんて言ったらいいかわからないな(笑)

スティーブ・デイ

「それでは次にインスタグラムからケニアの質問です。レーサーがレース前に自分自身に話しかけたり瞑想したり、決まった行ないをしますが、あなたは何かしらそうしたものがありますか?」

ダニ・ペドロサ

「出来る限り集中しようとしますね。常にバイクの同じサイドに立ったり、メカニックを見て良いエネルギーを貰ったりするんだけど、あまり話さないですね。大きな決まりごとってわけじゃないですけど。」

ニック・ハリス

「皆さんありがとうございます。良いレースを。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDSホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017 Marc VDS ミラーに新エンジン/ラバトはテストに復帰
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ロレンソ「ブレーキングの強さを活かせていない」
★MotoGP2017カタールテスト3日目結果
★Ducatiジジ・ダッリーニャ「まだチャンピオンシップ争いが出来るレベルではない」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「コーナー前半部分では最高」
★MotoGP2017カタールGP アレックス・リンス「次のレースが待ち遠しい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「再び表彰台を狙う」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP2結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「明日はセクター2のタイムアップを目指す」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP4結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP バズ「ロレンソの転倒でチャンスを失った」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「今年は良いレースにしたい」
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ インタビュー「Ducatiへの移籍は自分のため」
★MotoGP2017アメリカGP4位 クラッチロー「ヨハンを抜くのに手こずった」
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今週も間違いなく優勝争いが出来る」
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「リアグリップを感じられなかった」
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★MotoGP2017フランスGP 優勝ビニャーレス「こういう形のレースを続けていきたい」