★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」

限界までプッシュしながらペドロサ選手との差を詰めることができなかったマルケス選手。ハードフロントを選択しながら、「柔らかすぎた」と語っています。なお、今回のレースでモビスターヤマハの2人が後方に沈んだため、マルケス選手とビニャーレス選手の差は2ポイント、ビニャーレス選手とロッシ選手の差も2ポイントとなっています。

Sponsored Link

Q

「マルク、2位おめでとうございます。今日は厳しいレースでしたね。あなたはハードをリアに選び、ダニはミディアムを選びましたが、我々も最後はあなたがダニに追いつくのではと思っていました。自分でもダニに追いつけると思っていましたか?」

ヘレスGP 2位マルク・マルケス

「最後にダニにアタックするために1秒前後の感覚を維持出来るようにプッシュしていたんです。ただ最初からフロントタイヤが柔らかすぎて動きが大きすぎると感じていました。そしてこのコンディションではダニが最も速いライダーというのはわかっていました。彼はスムーズですし、ブレーキングポイントでもそこまでプッシュしませんから。最後までプッシュしたんですが残り3周の段階で、1回転倒しそうになったのでプッシュをやめました。ここでの2位は良い結果ですし、ヘレスはいつも苦戦している中で強い走りが出来ましたので大きな自信を感じています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★MotoGP2017カタールGP10位 フォルガー「どこを改善すれば良いのかわかった」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「COTAは自分にとってベストのコース」
★MotoGP2017アメリカGP9位 ロレンソ「フィーリングとペースが向上した」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ヤマハでの優勝よりも大きな結果」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「新しい路面の状況が気になる」
★MotoGP2017フランスGP Q2結果
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選1位ペドロサ「今日の結果はチームに感謝」
★MotoGP2017カタルーニャテスト ロッシ「新しいシャーシでライディングが楽しくなった。」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネがここまで適応に時間がかかると思っていなかった」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017オランダGP クラッチロー「勝つためにここにいる。サテライトでも優勝は可能。」
★MotoGP2017ドイツGP 金曜のMotoGPクラスの走行はそれぞれ10分間延長
★MotoGP2017ドイツGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 リヴィオ・スッポ「必要なのは正しいセットアップ」