★MotoGP2017ヘレスGP 3位ロレンソ「この結果は30歳の最高の誕生日プレゼントだった」

Ducatiへの移籍以来苦戦が続いていたロレンソ選手でしたが、誕生日と同じ週に開催されたヘレスGPで、見事にDucatiへの移籍後初の表彰台を獲得しました。多くのジャーナリストが「Ducatiへの移籍は早くも失敗」と語り、中には「今季一杯でDucatiを離れるのでは?」なんて書いていた馬鹿なメディアもありました。誰よりも自分に対して疑問を持たず努力を続けてきたのはロレンソ選手自身でしょうが、同時にロレンソファンにとっても待ち続けた結果だと言えるでしょう。
(※昨日1日記事更新が無かったのは、一人でロレンソ祭を開催していたからというのは内緒です。)

ヘレスGP 3位ホルへ・ロレンソ

「自分のライディング、メンタリティーについて疑っている人がいましたが、彼らはその言葉を撤回する必要があるでしょう。MotoGPではどのライダーに対しても疑問を持つことは出来ません。皆が非常に良い走りをしていますし、誰もがフロントに来る可能性があるでしょう。何度も優勝しタイトルを獲得しているライダーにはなおさらそれが言えるでしょう。」

Sponsored Link

「この結果は30歳の最高のプレゼントでした。これ以上のプレゼントは望めません。Ducatiにとって難しいトラックでのドライコンディションで、高い競争力を発揮することの難しさは誰もが理解していますから、この結果はヤマハでの優勝よりも嬉しいです。ヘレスは自分のお気に入りのトラックの1つですが、今週は非常に高い戦闘力を発揮出来ました。予選では少し苦戦しましたが、バトルをするペースはあると思っていました。ただ、5位か6位で表彰台争いは出来ないと思っていました。」

「他のライダーをオーバーテイクし始めましたが、今日は暑さのせいでレースのペースが非常に遅かったんです。ザルコの後ろにいて、彼を抜くのには数周かかりました。彼を抜いた後も引き離すのにはかなり苦労しました。最終ラップで自分のタイヤのほうが少しグリップが残っていたので、彼から逃げて、自分とチームにとって素晴らしい結果をエンジョイすることが出来ました。」
してバイクに関しても同様でしたね。」

「オースティンではかなり苦戦しました。これは全てのDucatiのライダーに言えることです。過去はウイングレットがあったのでDucatiはオースティンで非常に強かったですが、ウイングレットなしではフロントを路面に付けておくのにかなり苦戦してしまい、全てのDucatiライダー達はホンダとヤマハからかなり離されてしまいました。とにかく、バイクへ適合する作業を進め、距離を走ること。リアブレーキを使用しながらいかに止まるかを学ぶ事。オースティンのQ1では新しいタイヤを履いて少しプッシュしアグレッシブに走ったところタイムが出ました。Q2ではさらにプッシュし、それが機能して6位を獲得出来ました。

「ヘレスは自分にとって良いトラックです。金曜から良い感触でしたしプッシュすることが出来ました。そして全ての練習走行で結果を改善することが出来ました。レースは自分が予想していたよりも良かったです。レースペースが遅く、自分が予想していたよりも多くのライダーを抜くことが出来ました。多分ザルコに追いついてきた時に表彰台はいけるんじゃないかと感じました。その時はライディングに集中していたんですが、どの順位が現実的に獲得出来るかはわかりませんでした。」

「5周か6周彼の後ろについて走りました。彼を抜いた後に疲れもあったので、最後まで彼から逃れられるかどうかはわかりませんでした。ただ、その差が0.3秒、0.5秒と広がる中で動き回るバイクでさらにプッシュをし、最終的にその差が1秒、1.3秒になったんです。その瞬間はひたすらにプッシュをし、ひたすらに集中を続けていました。そしてようやくDucatiで自分のレースが出来たんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ミラー「カタールに戻ってくるのが待ち遠しい」
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「初めてのMotoGPレースに興奮」
★MotoGP2017 アレックス・リンスの自宅を訪問して42の質問をしてみた
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「コーナー前半部分では最高」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「ミスが無ければもっと速く走れたはず」
★MotoGP2017アメリカGP11位 フォルガー「ミスによってオーバーテイクされてしまった」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選1位ペドロサ「今まで予選で苦戦していたので本当に嬉しい」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント LCRホンダ
★ニッキー・ヘイデン容態は変わらず 引き続き危険な状態
★MotoGP2017フランスGP 予選4位クラッチロー「ヤマハのような戦闘力を発揮するのは難しい」
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★MotoGP2017オランダGP予選3位 ペトルッチ「難しいコンディションだった」
★MotoGP2017オランダGP予選11位 ビニャーレス「ポールポジションを狙える思っていた」
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「雨が強まれば優勝出来ていた」
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★MotoGP2017ドイツGP FP1結果
★MotoGP2017ドイツGP FP4結果
★MotoGP2017ドイツGP 決勝プレスカンファレンス翻訳