★MotoGP LCRホンダ 2018年からMoto2のトップ選手を加えた2台体制を検討か?

LCRホンダが2018年頃から2台体制にするかもしれないという噂は以前から囁かれていますが、それが中上選手になるかもしれないというニュースです。実現すれば日本人としては大変嬉しいニュースですが、果たしてどのような結末を迎えるでしょうか。

Sponsored Link

LCRホンダのボスであるルチオ・チェッキネロは、2018年に2台体制とする場合、Moto2ライダーであるフランコ・モルビデッリもしくは中上貴晶が適任であるという。LCRホンダは2015年に2台体制でMotoGPに参戦していたが、それ以外は2006年にケーシー・ストーナーを擁して最高峰クラスに参戦して以来、1名体制で戦ってきた。MotoGPの24台目の最後のグリッドがLCRのために取っており、チェッキネロが2018年に2台のバイクを走らせるために動いているとしたらどうだろう?

日本人ライダーである中上は最も可能性の高い候補者だ。25歳の中上は、スペインGPで今年Moto2クラスを3位で追える事が出来ればMotoGPへと昇格することを匂わせていた。4戦を終えて現在中上はチャンピオンシップ6位。ポイントリーダーのモルビデッリは、既にMarc VDSホンダ、Pramac Ducatiとコネクションがある。ホンダが再び日本人ライダーを走らせたいであろうことは明らかであり、これが実現すれば現在テストライダーを務める青山博一が2014年に参戦していた時以来のこととなる。

ルチオ・チェッキネロ

「実際のところは、全てのMotoGPチームがMoto2から昇格してくる競争力の高い選手に興味があるんです。モルビデッリはその一人ですし、彼は既に他のチームとそうしたチャンスを持っているようです。我々は今スポンサーとライダーを探しているところです。中上はそうしたライダー達の中の1人です。もちろん、まだ何も進んでいません。」

LCRは2016年にカル・クラッチローと数戦優勝を経験している。クラッチローは現在チームで3年目だが、今年末で契約が満期を迎える。

カル・クラッチロー

「チームメイトを持つかもしれないって噂がありますが、わかりません。今現在自分はどことも契約をしていませんから、来年はどのチームでも走る事が出来ます。LCRと今後どうなるかはまだわかりませんし、中上の話は噂で聞いた事がありますが、自分がどうこう出来るものではありませんからね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link