★MotoGP2017ヘレスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳

先週に行われたMotoGPヘレスGPの決勝プレスカンファレンスの全文翻訳をお届けします。今回は関係が良好なスペイン人ライダー3人が優勝したのもあって、和やかな雰囲気でのプレスカンファレンスとなりました。昨年ペドロサ選手が優勝したミサノGPではロッシ、ロレンソの口論でペドロサ選手の優勝を祝うような雰囲気ではありませんでしたので、今回は良いプレスカンファレンスになったと言えるでしょう。今回ペドロサ選手はグランプリレースが始まって3000回目の記念すべき優勝ライダーとなり、ロレンソ選手はDucati移籍後初の表彰台となりました。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「ダニ、27周のレースを最初から最後までリードしましたが、タフなレースだったでしょう。」

ダニ・ペドロサ


「ええ。素晴らしいレースで嬉しいです。簡単に見えたかもしれませんが、そうではありませんでした。今回は実に楽しんだレースでした。序盤本当に集中していました。今日は練習走行ほどの路面グリップがない状況で、こうして集中して走るのが非常に重要だったと思います。今日は恐らく暑い気温のせいでグリップがなく、自分は多くのライダーと同様、ハードをフロントに履いていましたが、序盤に後続との差を作る事が出来ました。少し飛ばし過ぎていたので、ミディアムのリアを保たせるためにペースを抑えていました。その後はマルクが少し距離を詰めてきて、2つか3つのコーナーでフロントが厳しい状況でした。こうしたコーナーでプッシュし過ぎてしまうと危険でしたが、かと言ってプッシュをしないわけにもいきません。ですからペースを維持する事が重要だったんです。スタジアムセクションの後の高速コーナーで、一度トラックから飛び出すかと思った瞬間があって、そこで限界を超えてしまい0.3秒は失ったでしょうね。あそこでトラックに戻ってこれたのはラッキーでした。今週末は素晴らしい形で進みました。こうした素晴らしいライダー達の前で走る事が出来、自分もこのトラックは大好きですから。今日は本当にレースを楽しめました。」

 

ニック・ハリス

「マルクが後ろからついてきて1秒、1.3秒、また1秒という形で、常に後ろに張り付かれていました。本当に集中する必要があったでしょうね。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。序盤ギャップが開いたんですが、あまりこのギャップを大きくさせたくなかったんです。自分はリアにミディアムでしたから、あまり序盤にタイヤにストレスを与えたくなかったんです。マルクはリアにハードを履いていましたからウォームアップには時間がかかったでしょうし、中盤から終盤にかけて速さを発揮するとわかっていました。こうしてレースをコントロール出来て良かったと思います。既に昨日の予選の時点で状況をコントロールする必要がありましたけどね。冬期テストから良い状態とは言えませんでしたし、シーズン開幕も良い状況でスタートしたとは言えず、やってきた作業が徐々に良い形でまとまり、今日はチームのために優勝出来て良かったですね。前回の表彰台の後でこうして優勝出来ましたが、こういう形で続けていきたいですね。」

 

ニック・ハリス

「トップ4人の選手が10ポイント内におり、これからル・マンを迎えるわけで、素晴らしいチャンピオンシップですね。」

ダニ・ペドロサ

「ライバルが苦戦する中でこうして優勝出来たのは良かったです。今日はどういうわけかわかりませんが、通常このトラックではヤマハが速いわけですから。アルゼンチンでの自分達のミスの後にこうしてポイントを獲得出来たのは良かったです。チャンピオンシップがさらに面白くなったと言えるでしょう。」

 

ニック・ハリス

「ダニ、今シーズン初優勝おめでとう。それではマルク、今日は全力を尽くしたと思いますが、最後まで差が詰まりませんでした。」

マルク・マルケス


「ええ。まずは今日2位を獲得出来た事が本当に嬉しいです。ここは自分のライディングスタイルでは、シーズンの中でも非常に苦戦するトラックですから。今日はしっかりと集中してラスト2ラップまでプッシュすることが出来ました。ただその時点で2位でレースを追えることにしました。自分にとってリアタイヤは実に素晴らしい形で機能していたんです。もちろん最初の2、3周はウォームアップに時間がかかりましたけどね。ただ自分にとっての足かせはフロントタイヤでした。ダニにとってもソフトに感じるということは、自分にとってはよりソフトに感じるわけですから。自分はフロントをさらにハードにプッシュしますから。集中してライディングスタイルを少し変えようともしましたが非常に難しかったんです。ただ、こうして表彰台を獲得出来て、ポイントリーダーから4ポイント差ですから嬉しいです。これからはル・マンで、明日はまた重要なテストがありますが、今までのようにプッシュを続けていきたいと思います。」

 

ニック・ハリス

「序盤2戦の後は良い状況には見えませんでしたが、オースティンからあなたとホンダにとって素晴らしい2戦が続きました。」

マルク・マルケス

「ええ、特にアルゼンチンの後はそうですね。シーズンはかなり良い形で始まったんですが、カタールではフロントタイヤに良い感触が得られず、アルゼンチンでは自信がありすぎたんだと思いますがミスをしてしまいました。そこで”やり方を変えねば”と思ったんです。オースティンは素晴らしい週末で、今週末は今年シーズンの中でも最も重要な週末の1つだと感じていました。ですから今回はチームの作、自分のこのトラックでのレベルを誇りに思っています。この後はまた重要なテストがあります。今日のメンタリティーはプッシュするというものでしたが、もちろんそれは”リミットの範囲内で”というものでした。」

 

ニック・ハリス

「弟は遂に優勝しましたね。」

マルク・マルケス

「本当に嬉しいです。自分のレースの30分前は弟の優勝を祝っていました。2人合わせて2勝ですから完璧な週末ですけど、彼にとって本当に良かったと思いますし、ライダーのメンタリティーは優勝すると変わりますからね。母にとっては最高の母の日のプレゼントになったと思います。世界中の全てのお母さん達に捧げます。」

 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それでは次はDucatiで3位を獲得したホルへ・ロレンソ。まるで優勝したかのように喜んでいました。あなたにとっては本当に大きな一歩ですね。」

ホルへ・ロレンソ


「最高の順位ですね。30歳の最高の誕生日プレゼントだと思います。ヤマハでの優勝よりも大きな結果です。誰もがDucatiという特別なバイクでドライコンディションで競争力を発揮することの難しさを理解していますから、本当に特別な瞬間です。それに過去数年、ヘレスはDucatiにとっては厳しいサーキットでしたから。ただ、今年はタイヤが昨年よりも少し柔らかく、ヘレスは自分にとっては得意なサーキットです。それが今週末の自分達の戦闘力に繋がりました。予選は少し苦戦しましたけど。ですから、表彰台争いは無理としても5位か6位は争えると思っていました。ただ暑さのせいでレースペースが極めて遅かったので、予想していないことでしたが、徐々に他のライダーをオーバーテイクすることが出来たんです。その後はザルコの後ろについて走り、彼を抜くのには少し時間がかかりました。彼から逃げるのも大変だったんですが、最後は自分のリアタイヤのほうが少しグリップがあったせいか逃げることが出来ました。そうして自分、チームにとって素晴らしいこの結果を得ることが出来ました。」

 

ニック・ハリス

「この結果はあなた自身によるもの、それともバイクによるもの、それともあなたとバイクの理解が深まったことによるものでしょうか?」

ホルへ・ロレンソ

木曜日もお話したとおり、いろいろな物事の組み合わせです。主には走行距離でしょう。このバイクは特別なバイクですから理解に時間がかかるということなんです。2008年に自分がMotoGPで走り始めた時は最初からスピードを発揮出来ましたが、これはヤマハのバイクが自分のライディングに合わせて作られていたような作りだったからです。ただ通常は違うカテゴリーのバイクに慣れるには時間がかかるものです。ですからこのバイクに関してもそれは同じと言えるんです。自分というライダーのライディングやメンタリティーに疑問を持つ必要は無いんです。自分についてあまりにも早くから批判をしていた人達がいましたが、彼らは自分達のその言葉を飲み込まざるを得ないでしょうね。この選手権で走っているライダー達に疑問を持つというのは意味がないことです。皆素晴らしいライダーですし、誰もがフロントで走れる可能性があります。特に何度も優勝し、タイトルを獲得しているライダーであればなおさらね。
 

ニック・ハリス

「ホルへおめでとう。それでは私からは以上です。フロアからの質問をどうぞ。」


 

Q

「今日のホルヘの結果を受けて、彼の事もチャンピオンシップで意識する必要があると思いますか?」

ダニ・ペドロサ

「彼は非常に強いライダーですが、新しいバイクに飛び乗ってすぐに結果を出すというのは簡単なことではないでしょう。それにバイクの反応もわからない状態ではね。このDucatiにとって難しいトラックで表彰台を獲得するというのは、本当に素晴らしい結果です。また彼にとっては素晴らしい自信にもなったでしょう。自分達にとっては何が出来るか、自分達の手元に何があるかに集中するだけです。」

マルク・マルケス

「木曜もそんな質問がありましたが、結局のところホルへは世界チャンピオンですし、彼は自分のレベルについて証明する必要なんてないんです。それに今日のレースで彼がこうして速いんだということを示しました。ただチャンピオンシップは長いですから。アルゼンチンの後はホンダはヤマハに負けていて、ヤマハを止めるのは難しいように見えましたが、今日は逆でした。ル・マンではまた逆の事が起きるかもしれません。チャンピオンシップは長いですから、全てのライバルに対して意識を向けている必要があります。」

 

Q

「アルゼンチンではホンダは苦戦していると言っていましたが、そのあと2戦でなぜこのように完璧な週末が遅れたのでしょう?」

ダニ・ペドロサ

バイクのことがよくわかってきたということと、バイクのどこが強みなのかがわかってきたということでしょう。セットアップ、電子制御などの理解が深まり、このバイクに対するライディングスタイルについても理解が深まったということです。ミスや自分達の弱みから学び、どういった形で進めていけば良いのか理解し、またヤマハが今年このトラックでは強くなかったということもあります。自分達に出来るのは少しづつ改善を続けていくということで、アメリカGPから自分達はかなり改善をしました。同じ形で改善を続けていけることを願っています。」

マルク・マルケス

「ダニも話したとおり、そして自分も今週初めに話していますが、自分達の弱みが少し小さくなっていて、ここではホンダは苦戦すると思っていたのに嬉しい驚きでした。カタルーニャまでこの順位で留まる事が出来ればと思っています。このレースは自分にとっては得意なものではなく、これから自分が得意なサーキットに移動していくわけですから、プッシュを続け集中力を絶やさず今日のように戦っていきたいです。今日はある時点では優勝を狙っていましたが、ある時点で危険過ぎると判断したんです。ですからこの結果は嬉しいですし、ル・マンでも同じ形で続けていきたいと思います。ただその前にまずは重要なテストがありますので、そこで色々な内容を改善出来ると思います。」

 

Q

「今日はザルコの走りが素晴らしかったですが、彼と戦ってみていかがでしたか?そして次は彼の地元レースとなります。」

マルク・マルケス

「ザルコは開幕から凄かったですよね。今日は自分は彼と2周3周と戦いました。あの時点では自分のタイヤはまだ暖まっておらず、彼は猛プッシュしてきたんです。自分がMotoGPクラスに上がってきた時を思い出します。本当にアグレッシブで限界までプッシュし、警告を受けたり転倒したり。ただそうして学んでいくわけです。もし学びたければこうした形で続けていく必要があります。序盤からプッシュして可能な限りの順位でレースを追える必要があります。それに結局今日は彼が最速のヤマハだったわけですから、悪くないですね。」

ホルへ・ロレンソ

「ヨハンのことは好きです。彼はレースのことだけを考えていてトレーニングもしっかりやっていて、バイクの上でもしっかりとした意志を持って走っています。彼がMoto2で2度チャンピオンを獲得したのは、彼が良いライダー、素晴らしいライダーだからです。確かにヤマハはルーキーにとっては自信を与えてくれ、簡単に乗れるバイクです。ただ間違いなく彼は本当に速いわけですしレースに集中しています。ただ、MotoGPバイクはMoto2バイクよりも大きくて思いですから、バトルしていて集中し過ぎている時などはもう少し注意する必要があると思います。ただそれは別として、自分は彼が好きですし素晴らしいライダーだと思いますよ。」

 

Q

「まずは誕生日おめでとうございます。オースティンではDucatiのバイクを理解した瞬間が、予選走行、Q1であったと思うんですが?」(※若干質問が混乱しているので整理しています。)

ホルへ・ロレンソ

「オースティンでは全てのDucatiライダーが苦戦していたと思います。過去はウイングレットの助けが大きかったですから、ウイングレット無しではかなり苦戦すると思っていました。フロントを路面につけていることもそうですし、バンプもありましたし。ただ自分もDucatiで走行距離を増やす中で、リアブレーキを使用しながらいかにバイクを止めるかなど苦戦して改善していき、Q1で新品タイヤを履いて普段よりもアグレッシブに走ったところタイムが出て、それでQ2ではさらにプッシュしてみたんです。そしてそれが実り、クラッシュするのではなく6位タイムが獲得出来ました。レースではリアブレーキを使いながら走るのにまだ慣れていなかったので、ドヴィツィオーゾとペトルッチが最終的に早かったですけど、ここは得意なトラックなので最初からプッシュ出来、金曜日から良い感触でした。そして練習走行ごとに改善していき、レースでは自分が予想していた以上でした。レースペースは遅かったこともあって、考えていたよりも多くのライダーをパスできました。」

 

Q

「今日はヤマハがタイヤに苦戦していたようですが、今日はあなた方は特にレース後半はどうだったのでしょうか?ヤマハは一気にペースが落ちていたようでしたので、あなた方はどうだったのでしょう。」

ダニ・ペドロサ

「自分はそこまでリアタイヤは気にしていなくて、フロントが厳しく、何度か危ない瞬間がありました。ただフロントはハードを履いていたのでそのほうが安全だと思っていました。リアタイヤは終盤には動きまわっていましたが、最後まで保ちましたね。週末を通じて良い形で機能したと思います。特に大きな問題があったとは思いません。」

マルク・マルケス

「自分はハードを選びました。ミディアムだと最後まで保たないと思いました。ハードリアは確かに暖めるのには時間がかかりますが、自分には良い選択でした。ミディアムであれば最初の10周か20周は速いでしょうが、自分のライディングスタイルではその後のドロップが大きすぎるんです。ただ自分もフロントには苦戦しました。今年はどんどんハードなタイヤを選択しているんですが、自分のライディングスタイルでは柔らかく感じます。明日のテストはミシュランの異なるタイヤを試しますから重要になります。ただ、今年は昨年と比較するとタイヤライフは良いと思います。昨年は直線でスピンしていましたから。」

ホルへ・ロレンソ

「フロントタイヤに関しては、ウォームアップでタイヤ右側にグレイニングが見られたので心配していました。ただ、これは恐らくリアがニュータイヤで、フロントが昨日から履いていたタイヤだからでしょう。レースで両輪ニュータイヤを履いたところ、問題はリアに移り、フロントは全く問題ありませんでした。自分とザルコが非常に戦闘力が高かったのは、フロントにミディアムを履いたのが正しい選択だったからだと思います。フロントにハードを履いたライダー達は、ファクトリーホンダの2人以外は苦戦していました。ただリアは今日は非常に滑りやすかったですね。」

 

Q

「レースの終盤のリアタイヤの消費に関しては、ヤマハよりもDucatiのほうが良い状況にあると思いますか?」

ホルへ・ロレンソ

「それはここだけのものでしょう。なぜか2017年型のヤマハのほうが、ザルコのバイクよりも苦戦していましたね。ただリアタイヤの消耗度合いに関しては、今年のヤマハのバイクのほうが低いようですので、あくまでここに限った話ではないでしょうか。」

 

Q

「レース前にはあまり考え過ぎずに乗ると話していましたが、今日はいかがでしたか?今日はライディングに関して何か考える必要はあったのでしょうか?」

ホルへ・ロレンソ

「自分にとってリアブレーキを使用するというのは、未だに慣れませんので考える必要はありますが、毎回練習走行で使用する中で、より自然に感じるようにはなっています。ただいずれこれも自然になるでしょう。今までは9年間、コーナー立ち上がりのスライドを抑えるのにリアブレーキを使用せずに走ってきましたから。今はバイクを仕上げている中でリアブレーキを使用していますが、恐らくこのまま使用し続けるかもしれません。バイクの最大限の力を発揮するにはその方法を見つける必要があります。そして競争力を発揮するには全てのバイクで異なるやり方が必要なんです。」

 

Q

「2006年にあなたがMotoGPに移籍してきた時には、あなたが次のナンバーワンになるんだと思っていました。いろいろな理由でこれは実現しませんでしたが、ケーシーが来て、マルクが来て、あなたは正直優勝候補という状態ではなくなっています。今の自分についてそういった役割に満足なのでしょうか?」

ダニ・ペドロサ


「君たちはいろいろな意見があるようだけど。。(笑)(※会場笑)これはなんとも難しいですね。ただ今はこの状況に満足しています。今は自分の状況がよりはっきりと分かっています。若い頃はなぜ自分がいきなりこれほど速いのか?なぜこんなに多くの選手が自分の後ろにいるのかなどわからなかったものです。ただ、年齢を重ねるごとに何が起きているのかをよりはっきりと理解する必要がありますし、そういう状況を増やしていく必要があるんです。それは簡単ことではありません。より自分の意識下での作業が必要だからです。ですから、今は良い結果が出ることに関してはより嬉しいですし、外部から見た優勝候補だどうだというのは関係ないんです。自分が自分のゴールに集中していますからね。それに結果は後から訪れるものです。これは人々がそう話している、話していないからではなくて、自分がそういう結果を起こすから起きるんです。そうした背景があるから、今日のような結果が得られると素晴らしい気持ちになるんです。」

 

Q

「ヴァレンティーノがチャンピオンシップをリードしていますが、彼とマーヴェリックのどちらがより強いファクトリーヤマハのライダーだと思いますか?」

ダニ・ペドロサ

「まだ何戦もあるわけですし、2人とも素晴らしいライダーです。バイクもチームも良いですし。ですから今の段階でどちらか1人がどうというのは難しいでしょう。何が起きるかはまだ先にならないとわかりませんし、これはアップダウンがあるものです。」

マルク・マルケス

「ダニが言うようにまだ何戦もありますが、より警戒すべきはビニャーレスでしょう。」

ホルへ・ロレンソ

1周のスピードということで言うと、間違いなくビニャーレスのほうが速いでしょう。ヴァレンティーノは経験豊富ですからミスをほとんどしませんし、これはチャンピオンシップにおいては大きな強みだと思います。理論的にはミスをしなければビニャーレスのほうが良い結果を得るはずですが、ロッシに関しては常に優勝争いに絡んでくるということを何度も証明しています。」

 

Q

「今日はどの段階で表彰台を獲得出来ると思いましたか?アルゼンチンの後に施したシート位置の変更の影響はあったんでしょうか?」

ホルへ・ロレンソ

多分ザルコに追いついた時でしょうね。その時点では自分のライディングに集中しながらも、現実的な自分のポジションはわかっていないわけです。ザルコが逃げるかもしれませんし、追いつくかもしれない。彼に追いつき始めた時に表彰台を狙えるかもしれないと思ったんです。彼を抜いてから5周から7周ほど+0と表示を見て走り、その中でタイヤが保つ、彼から逃れられるというのを信じるのは難しかったですね。最後になったその差が+0.3秒、+0.5秒となって、動き回るバイクでさらにプッシュし、そして+1秒、+1.3秒という形で差が広がっていったんです。ですから、その瞬間にこのままプッシュして集中して、Ducatiで初の表彰台を実現するんだと思いましたね。」

 

ニック・ハリス

「皆さんありがとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP マルケス「コーナー出口のロスが大きい」
★MotoGP2017アメリカGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★MotoGP2017イタリアGP FP1結果
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「競争力は非常に高い状態」
★MotoGP2017イタリアGP 7位ザルコ「イアンノーネを抜くのに手こずった」
★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017オランダGP予選1位 ザルコ「表彰台獲得の良いチャンス」
★MotoGP2017オランダGP4位 クラッチロー「マルクに手の内を早めに見せてしまった」
★MotoGP 2018年よりダッシュボードメッセージを使用することが決定
★MotoGP2017チェコGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 Pramac Ducatiフランセスコ・グイドッティへのインタビュー
★MotoGP2017 KTM アラゴン戦の結果によっては2018年にスミスとカリオの交代もあり
★MotoGP2017アラゴンGP FP3結果
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの驚異的な走りにライバルから賞賛の言葉が集まる
★MotoGP2017日本GP 予選2位ペトルッチ「1列目からスタート出来ることは重要」
★MotoGP2017オーストラリアGP ロレンソ「このトラックでは新型フェアリングは有効ではないかも」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選3位ドヴィツィオーゾ「ドライコンディションの戦闘力は高い」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選1位ペドロサ「明日もドライコンディションでのレースを期待」