★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「今シーズンの中でも最も重要な週末の1つだった」

ヘレスGPの決勝プレスカンファレンスからマルケス選手のコメントを抜粋してご紹介します。今回もペドロサ選手を追いながらも、あくまでも”リミットの範囲内で”追っていたと語るマルケス選手。今年もチャンピオンシップに望むメンタリティーは、昨年同様チャンピオンとしての考えかたですね。

Sponsored Link


 

ニック・ハリス

「今日は全力を尽くしたと思いますが、最後まで差が詰まりませんでした。」

マルク・マルケス

「ええ。まずは今日2位を獲得出来た事が本当に嬉しいです。ここは自分のライディングスタイルでは、シーズンの中でも非常に苦戦するトラックですから。今日はしっかりと集中してラスト2ラップまでプッシュすることが出来ました。ただその時点で2位でレースを追えることにしました。自分にとってリアタイヤは実に素晴らしい形で機能していたんです。もちろん最初の2、3周はウォームアップに時間がかかりましたけどね。ただ自分にとっての足かせはフロントタイヤでした。ダニにとってもソフトに感じるということは、自分にとってはよりソフトに感じるわけですから。自分はフロントをさらにハードにプッシュしますから。集中してライディングスタイルを少し変えようともしましたが非常に難しかったんです。ただ、こうして表彰台を獲得出来て、ポイントリーダーから4ポイント差ですから嬉しいです。これからはル・マンで、明日はまた重要なテストがありますが、今までのようにプッシュを続けていきたいと思います。」

 

ニック・ハリス

「序盤2戦の後は良い状況には見えませんでしたが、オースティンからあなたとホンダにとって素晴らしい2戦が続きました。」

マルク・マルケス

「ええ、特にアルゼンチンの後はそうですね。シーズンはかなり良い形で始まったんですが、カタールではフロントタイヤに良い感触が得られず、アルゼンチンでは自信がありすぎたんだと思いますがミスをしてしまいました。そこで”やり方を変えねば”と思ったんです。オースティンは素晴らしい週末で、今週末は今年シーズンの中でも最も重要な週末の1つだと感じていました。ですから今回はチームの作、自分のこのトラックでのレベルを誇りに思っています。この後はまた重要なテストがあります。今日のメンタリティーはプッシュするというものでしたが、もちろんそれは”リミットの範囲内で”というものでした。」

 

ニック・ハリス

「弟は遂に優勝しましたね。」

マルク・マルケス

「本当に嬉しいです。自分のレースの30分前は弟の優勝を祝っていました。2人合わせて2勝ですから完璧な週末ですけど、彼にとって本当に良かったと思いますし、ライダーのメンタリティーは優勝すると変わりますからね。母にとっては最高の母の日のプレゼントになったと思います。世界中の全てのお母さん達に捧げます。」

 

Q

「今日のホルヘの結果を受けて、彼の事もチャンピオンシップで意識する必要があると思いますか?」

マルク・マルケス

「木曜もそんな質問がありましたが、結局のところホルへは世界チャンピオンですし、彼は自分のレベルについて証明する必要なんてないんです。それに今日のレースで彼がこうして速いんだということを示しました。ただチャンピオンシップは長いですから。アルゼンチンの後はホンダはヤマハに負けていて、ヤマハを止めるのは難しいように見えましたが、今日は逆でした。ル・マンではまた逆の事が起きるかもしれません。チャンピオンシップは長いですから、全てのライバルに対して意識を向けている必要があります。」

 

Q

「アルゼンチンではホンダは苦戦していると言っていましたが、そのあと2戦でなぜこのように完璧な週末が遅れたのでしょう?」

マルク・マルケス

「ダニも話したとおり、そして自分も今週初めに話していますが、自分達の弱みが少し小さくなっていて、ここではホンダは苦戦すると思っていたのに嬉しい驚きでした。カタルーニャまでこの順位で留まる事が出来ればと思っています。このレースは自分にとっては得意なものではなく、これから自分が得意なサーキットに移動していくわけですから、プッシュを続け集中力を絶やさず今日のように戦っていきたいです。今日はある時点では優勝を狙っていましたが、ある時点で危険過ぎると判断したんです。ですからこの結果は嬉しいですし、ル・マンでも同じ形で続けていきたいと思います。ただその前にまずは重要なテストがありますので、そこで色々な内容を改善出来ると思います。」

 

Q

「今日はザルコの走りが素晴らしかったですが、彼と戦ってみていかがでしたか?そして次は彼の地元レースとなります。」

マルク・マルケス

「ザルコは開幕から凄かったですよね。今日は自分は彼と2周3周と戦いました。あの時点では自分のタイヤはまだ暖まっておらず、彼は猛プッシュしてきたんです。自分がMotoGPクラスに上がってきた時を思い出します。本当にアグレッシブで限界までプッシュし、警告を受けたり転倒したり。ただそうして学んでいくわけです。もし学びたければこうした形で続けていく必要があります。序盤からプッシュして可能な限りの順位でレースを追える必要があります。それに結局今日は彼が最速のヤマハだったわけですから、悪くないですね。」

 

Q

「今日はヤマハがタイヤに苦戦していたようですが、今日はあなた方は特にレース後半はどうだったのでしょうか?ヤマハは一気にペースが落ちていたようでしたので、あなた方はどうだったのでしょう。」

マルク・マルケス

「自分はハードを選びました。ミディアムだと最後まで保たないと思いました。ハードリアは確かに暖めるのには時間がかかりますが、自分には良い選択でした。ミディアムであれば最初の10周か20周は速いでしょうが、自分のライディングスタイルではその後のドロップが大きすぎるんです。ただ自分もフロントには苦戦しました。今年はどんどんハードなタイヤを選択しているんですが、自分のライディングスタイルでは柔らかく感じます。明日のテストはミシュランの異なるタイヤを試しますから重要になります。ただ、今年は昨年と比較するとタイヤライフは良いと思います。昨年は直線でスピンしていましたから。」

 

Q

「ヴァレンティーノがチャンピオンシップをリードしていますが、彼とマーヴェリックのどちらがより強いファクトリーヤマハのライダーだと思いますか?」

マルク・マルケス

「ダニが言うようにまだ何戦もありますが、より警戒すべきはビニャーレスでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 KTMマイク・レイトナー「今は前進あるのみ」
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ビニャーレス「バイクに上手く適応出来ている」
★ドルナ 2019年から電動バイクチャンピオンシップを検討
★MotoGP2017カタールGP 開幕プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 マルケス「昨年のプレーシーズンよりは少し良い状態」
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「フィーリング自体は良い」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「表彰台を狙えるペースだった」
★CBR250R Frブレーキディスクボルト再使用禁止徹底のお願い
★HRC Image Galleryを公開
★MotoGP2017ヘレスGP ドヴィツィオーゾ「今年こそは速く走れると思っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選6位ザルコ「6位はレースに向けて完璧な位置」
★3回目の開催となる「ヤマハ・VR46・マスター・キャンプ」の選手たちがキャンプを卒業
★MotoGP2017フランスGP FP2結果
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「明日はドライになることを希望」
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
★MotoGP2017 カタルーニャ・サーキットの最終セクションにMotoGPライダー達から厳しい評価