★MotoGP2017 5/10時点でのポイントスタンディング

第4戦、ヘレスGPが終わった時点でのポイントスタンディングです。

1位は依然としてロッシ選手ながら今回のレースの結果が大きく響き、チャンピオンシップにおけるリードは遂に2ポイントとなりました。

2位はビニャーレス選手。ロッシ選手と同様にヘレスGPで6位と苦戦した結果、ポイント上でロッシ選手を抜く事は出来ませんでした。とは言え、その差はついに2ポイント。ル・マンの結果次第では再び首位に返り咲く事も可能でしょう。

3位のマルケス選手はアメリカGPから2連続表彰台でビニャーレス選手から2ポイント差となり、ビニャーレス選手同様、次回の結果次第ではポイントスタンディングで首位になる可能性もあると言えます。

今回優勝したペドロサ選手はチャンピオンシップ4位となり、首位のロッシ選手との差は僅か10ポイントです。まだまだチャンピオンシップは長いことを考えると優勝争いに加わる可能性は大いにあると言えるでしょう。

Sponsored Link

チャンピオンシップ5位はドヴィツィオーゾ選手、6位ルーキーのザルコ選手、7位はクラッチロー選手とフォルガー選手が同一ポイントで並び、8位はロレンソ選手、9位のペトルッチ選手とレディング選手も同一ポイントで並んでいます。10位はミラー選手というトップ10となります。

次回のMotoGPは5月21日、フランスはル・マン・サーキットで開催されます。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ペドロサ「テストごとに自信が高まっている」
★MotoGP2017スズキ 河内健氏「早い段階でタイトル争いに参加したい」 
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP3結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「レースの中で順位を上げていきたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017アメリカGP Q1結果
★MotoGP2017アメリカGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 ル・マンでのタイヤテストはウェットコンディションでスタート
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ホームGPのファンの前でDucatiを乗るのが待ちきれない」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP 2018年のカタールGP開催時刻変更を検討
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Ducati
★MotoGP2017 Ducatiファクトリーのライダー達からニッキーへと贈る言葉
★Triumph(トライアンフ)2019年からMoto2クラスにエンジンを供給
★MotoGP2017イタリアGP 4位ロッシ「表彰台を獲得出来ると思っていた。」
★MotoGP2017カタルーニャGP ドヴィツィオーゾ「何を期待すれば良いかわからない」
★MotoGP2017オランダGP リンス「ペトルッチには申し訳ない」
★ヤマハ発動機の独自技術『LMWテクノロジー』の実証テスト動画2017年版を公開
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「モルビデッリは皆にとって来年強敵となる。」