★MotoGP2017 5/10時点でのポイントスタンディング

第4戦、ヘレスGPが終わった時点でのポイントスタンディングです。

1位は依然としてロッシ選手ながら今回のレースの結果が大きく響き、チャンピオンシップにおけるリードは遂に2ポイントとなりました。

2位はビニャーレス選手。ロッシ選手と同様にヘレスGPで6位と苦戦した結果、ポイント上でロッシ選手を抜く事は出来ませんでした。とは言え、その差はついに2ポイント。ル・マンの結果次第では再び首位に返り咲く事も可能でしょう。

3位のマルケス選手はアメリカGPから2連続表彰台でビニャーレス選手から2ポイント差となり、ビニャーレス選手同様、次回の結果次第ではポイントスタンディングで首位になる可能性もあると言えます。

今回優勝したペドロサ選手はチャンピオンシップ4位となり、首位のロッシ選手との差は僅か10ポイントです。まだまだチャンピオンシップは長いことを考えると優勝争いに加わる可能性は大いにあると言えるでしょう。

Sponsored Link

チャンピオンシップ5位はドヴィツィオーゾ選手、6位ルーキーのザルコ選手、7位はクラッチロー選手とフォルガー選手が同一ポイントで並び、8位はロレンソ選手、9位のペトルッチ選手とレディング選手も同一ポイントで並んでいます。10位はミラー選手というトップ10となります。

次回のMotoGPは5月21日、フランスはル・マン・サーキットで開催されます。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ロッシ「まだまだ作業をする必要がある。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「トップ8獲得が目標」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 データから見るアルゼンチンGP
★MotoGP2017 ミケーレ・ピッロ「ロレンソの仕上がり具合はオースティンでわかる」
★MotoGP2017アメリカGP FP4結果
★MotoGP2017フランスGP Q2結果
★MotoGP2017イタリアGP ギュントーリ「ここで再びレースが出来る事が嬉しい」
★MotoGP2017オランダGP FP3結果
★MotoGP2017オランダGP予選1位 ザルコ「表彰台獲得の良いチャンス」
★MotoGP2017ドイツGP FP1結果
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「日曜に備えて最適なタイヤを選択する必要がある」
★MotoGP 2019年から電動バイクシリーズを本格的に検討
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「イアンノーネが本気でやっているとは思えない」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「事前テストでは良いベースセットアップが出来た」
★MotoGP2017オーストリアGP 選手達がウェット走行での危険性を指摘
★MotoGP2017サンマリノGP フォルガー「多くのポイントを獲得したい」
★MotoGP2017サンマリノGP ペトルッチ「Ducatiはタイヤを上手く使えている」