★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント レプソルホンダ

各チームのヘレステストのコメントを紹介しています。アメリカGPに続き最高の週末となったヘレスGPで、レプソル・ホンダチームは充実したテストになった様子です。

Sponsored Link

2位 1:38.637 マルク・マルケス

「今日のテストには満足です。多くの周回を走りいろいろな事を試し懸命に作業を行ないました。新しいエキゾーストはセットアップに半日かかってしまいました。ただポテンシャルは感じるのは重要なテストだったと思います。ポジティブな点があるので、これをル・マンで使用するかさらに比較を続けるのか評価が必要です。とにかく今日はユーズドタイヤの使用に関して前進しました。ハードリアでの作業を多く行ない、ポジティブな1日でしたので嬉しいです。ミシュランが持ち込んだタイヤも試しましたが、これはブレーキングでさらに安定感を与えてくれます。またコーナリングの際もさらにフィードバックがあります。これは好きですね。もちろんミシュランは全てのライダーの評価をこれから集めるわけですから、ミシュランがこれに関してどういう決定を下すのかみてみましょう。」

3位 1’38.716 ダニ・ペドロサ

「今日は完璧なトラックコンディションでした。昨日とほぼ同じながら今日のほうがグリップがありました。ミシュランが持ち込んだフロントタイヤの比較テストが出来ましたから、極めてポジティブな1日だったと思います。こうした素晴らしいコンデイションでタイヤをテストするのは重要ですから嬉しいですね。少し違ったフィーリングを与えてくれましたが、どのタイヤが良いかを理解するのに、セッティングが重要になります。今日のフィーリングは十分にポジティブなものでした。そして自分達がどういった選択を行うかがわかるようになりますし、可能な限り対応していきます。これがこのタイヤに関しての自分達の捉え方です。後は自分がオースティンで僅かに試したエキゾーストの比較テストを行ないました。まだ改善出来る余地がありますね。そして全てをより良く機能させるために、少し詰めておく部分があります。また電子制御に関する改善もあり、自分達のベースセッティングが機能していることを確認しました。これから全てをまとめてル・マンに備えます。」

<レプソルホンダ プレスリリース>

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 マルケス「リズムは悪くない」
★MotoGP2017 ロレンソとドヴィツィオーゾの長い歴史
★MotoGP2017カタールGP マルケス「コーナー出口のロスが大きい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「少しプレッシャーを感じる」
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「良いスタートが鍵」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 優勝ビニャーレス「最大のポイントを持って帰れるように走った」
★MotoGP2017アメリカGP優勝 マルケス「簡単に見えたかもしれないが難しいレースだった」
★3回目の開催となる「ヤマハ・VR46・マスター・キャンプ」の選手たちがキャンプを卒業
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「今回のル・マンもどうなるかわからない」
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「明日はドライになることを希望」
★MotoGP2017フランスGP 予選1位ビニャーレス「良い結果が出せると思っていた」
★MotoGP2017フランスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「ライバル達に全力でついていきたい」
★2006年のMotoGPチャンピオン ニッキー・ヘイデンが逝去
★MotoGP2017イタリアGP 9位ピッロ「スタートの失敗で4位スタートを無駄にした」
★MotoGP2017オランダGP Q2結果
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「何が起きたのか説明出来ない」
★ホンダ・レーシング ガイ・マーティンのアルスターGP欠場を発表