★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント MarcVDSホンダ

ヘレスGPではバウティスタ選手との接触があったミラー選手。ラバト選手とともにテストでは良いタイムを記録しています。

Sponsored Link

11位 1:39.548 ジャック・ミラー

「ヘレスでポジティブなテストが出来ましたし、ラップタイムにも現れていました。ポジティブな点は全てコンスタントで良いタイムだったことです。非常に嬉しいです。新しいフロントタイヤも試しましたが、まぁこれは新しく古いタイヤです。前にも試した事がありますから。自分は好きですし、暑さの中でも良い働きをしました。ただ、アッセンやザクセンリンクのような寒いトラックでどうかはわかりません。最後にソフトタイヤを履きましたが、リアからのスピニングが多くて速いタイムを記録することが出来ませんでした。」

12位 1:39.576 ティト・ラバト

「今朝のテストを本当に楽しみました。全体的にポジティブなテストでしたね。主に電子制御に集中し、トラクションコントロールの調整、今までずっと抱えていた問題を修正することが出来ました。今回試したフロントタイヤは、今までの既存タイヤとラップタイム、コンスタントさなどに大きな差はありません。大きな違いはありませんがキャラクターは異なります。ラップタイムはこちらのほうが出やすいんですが、コーナーエントリーのためにフロントブレーキをリリースした時にスタビリティーの問題があります。また、ヘレスほどにトラック温度が高くない場合にどうなのかも確認する必要があるでしょう。」

(Photo courtesy of MarcVDS)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017マルク・マルケス「食事で重要なのは炭水化物、肉とフルーツ」
★Moto2 将来的にはMagneti MarelliのECUを採用へ
★無限 東京モーターサイクルショーで電動モトクロッサー「無限E.REX」を発表
★MotoGP2017 マルケス「アルゼンチンはタイヤライフに注意が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」
★MotoGP2017ヘレステスト 初日結果
★MotoGP2017フランスGP ロッシ「今年はタイヤとM1、トラックの相性が良くない」
★MotoGP2017イタリアGP ペトルッチ「ロッシを抜いた時は、誰かに殺されるんじゃないかと思っていた」
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★ツインリンクもてぎ 2023年までFIM MotoGP世界選手権 日本GPの開催地となることを発表
★MotoGP2017イギリスGP イアンノーネ「あの転倒は自分のミスじゃない」
★タイのチャーン・インターナショナル・サーキット 2018年からMotoGPを開催
★MotoGP2017サンマリノGP クラッチロー「パルミジャーノチーズを切るのは危険!」
★MotoGP2017オーストラリアGP 決勝レース結果
★MotoGP2017マレーシアGP ドヴィツィオーゾ「マルクと戦うのは常に大変」
★MotoGP2017 最終戦でドヴィツィオーゾがチャンピオンシップ優勝する可能性はあるのか?
★MotoGP2018ヘレステスト ジャック・ミラー「今この状態が本当に嬉しい」
★ホンダ 原付二種スクーター「リード125」の外観を一新するとともに、仕様装備を充実させ発売